ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 /はるおか りの  

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 (コバルト文庫)
はるおか りの
集英社 (2018-02-01)
売り上げランキング: 13,163

“聖女の箱庭”を意味する瑠弥麗火宮で園林の花々と共に隔離されて育てられた泥蝉王女、朶薇那。後の名を戻露珠は、凱の軍兵に襲われそうになった折、助けてくれた異国の皇子・高透雅のことを片時も忘れることはなかった…。紆余曲折の末、透雅の妻として迎えた初夜。二人の想いはすれ違って―!?愛を信じることのできない透雅を、露珠は愛する花に想いを託し解きほぐしてゆく―。


後宮シリーズも8作目で今回のテーマは「花」でした。ヒロインが花や毒に詳しく(いくら耐性があって毒が効かないと言っても毒味させるのは怖いけど 笑)その蘊蓄やその知識をフルに活用してたのが読んでてとても面白かったです。
あとヒロインの口調が、〜じゃとかくりゃれ(古めかし姫言葉的な?)がとても可愛くて好き。

今回のヒロイン露珠(朶薇那)は元王女なのだけど国のしきたりで纏足で、この国に迎え入れられたものの纏足な事で(赤毛の異国人でもあるし)周りに蔑まれてしまってるのだけど、そんな境遇でも腐らないで置かれた場所で精一杯頑張ろうとするそんな健気な子でした。そんなヒロインだからこそ、誰も愛せないと思ってた示験王もメロメロ(笑)になってしまった訳ですね(まぁ割とはじめの方から執着というか、ヒロインを傷つけたら絶対消すマンはみ出てましたけど)あと皇子だけに後宮育ちなので、純粋な好意は何よりも貴重な物なのかもしれない。結構、恋愛部分がテンプレ化が気になるところ(モダモダ両片思い→誤解が解けて相思相愛→陰謀に巻き込まれる)だけどそのメインカップルの安定感があるからこそ安心して読めるのかもしれない・・・

そしてメインカップル以外は誰も幸せにならなくてスウン・・・となるしかないのですが、青艶姐さん子供を流してしまい帝との恋なんて苦界に身を沈めた自分には間違えだったとただ泣くしない姿は本当に救いがなくて辛い・・・
今上である豊始帝も愛する女性との未来を失ってしまったのだからやるせないよな・・・後宮に妃嬪はいるけれど、きっと帝の寵愛が欲しいだけで本当の彼を愛してるかはどうかな?って感じだし。あと皇子公主たちが、親に振り回され過ぎてて哀れすぎる・・・そもそも大上皇が李皇貴妃を偏愛し過ぎなのも影響あるよね(他の妃の子供たちには無関心)

今回、宋家に引き続き呉家まで族滅されてしまったの国ゴタつきそうですね・・・崇成帝以降、皇位継承がゴタつくようなのでどうなることやらという感じ・・・(わたしは(も?)凱王朝滅亡でシリーズ完だと思ってる)

Posted on 20:47 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

1月読書メーターまとめ  

今月中には乙女ゲーとBL編のまとめ上げたいです!!的な事言ってましたが、あれは嘘だ(クズ)
体力と気力的に普通に無理でした。気づいたら2月ですし。

というか、読書感想自体かけてなくてだな(読メとかにつけるだけで精一杯)ギギギギギッとなってはいます。

今月はレアリアを最新刊まで読めてのが個人的には満足。
個別で書けなかった代わりにここでサクッとまとめてたら、普通に長くなったので感想として上げ直しました(笑)
良かった書けて。

今年中には続き読めるかなぁ。

という事で、今月は8冊でちとコミックが多め(レアリアにだいぶ時間がかかったのもある)
追記より読書メーターまとめです
乙女ゲー編はあれだ・・・今やってるカラマリをコンプしたら(もう少し)まとめようと思ってはいる。今年は(2017年は)BL編は諦めよう(せめてと・・ちょっと去年のBLベストについて本当にさらっと追記でまとめました)
-- 続きを読む --

Posted on 16:57 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

レアリアⅡ〜Ⅲ(前篇・後編)/雪乃紗衣  

新刊まで駆け抜けたのでまとめて感想です!

それぞれサブタイはⅡ「仮面の皇子」Ⅲ「運命の石 前篇後編」

休戦延長なし―。魔女家名代として宰相会議に臨んだミレディアは、破滅に突き進む帝国の選択に心を痛めつつも、「家族」となったアリルのために為すべきことを考えていた。一方、アリルはもう一人の皇帝候補ラムザとデュアメル学院に通い、帝位継承者として起つ決意を固める。…明かされる少女の罪、そして少年の仮面の下に隠された驚くべき真実。(仮面の皇子)


やはり入ってきづらい文章かつ場面転換が多いなど読みづらさが難点なんだけど、2巻以降だんだんミアたちの物語になってきたのもありすごく作品に愛着が湧いてきました。確実に終わりに進んでしまっているけど、もしかしたらミアならその運命を変えてくれるのでは・・と思わずにいられない。それぞれの皇子たちと関係性も良いですが、個人的に王朝のアイゼン皇子との悪友からの仇の関係になったのが刺さった。そんな中でも、ミアの中ではアキの存在が大きいんだなぁと。
その関係にヤキモチを焼くアリル皇子は微笑ましかったけど、確実に仄暗い感情も抱いているみたいで・・・(冬の王の血)その狂気がどうなるのかザワザワする。アキや皇子たちの謎やそれぞれの思惑も徐々に明かされてきて続きも気になるところ・・・(あと鳴らしたものが玉座につけるという「運命の石(リア・ファール)を鳴らしたのはミア?)
次はいよいよ皇帝選でしょうか・・・ザワザワしながら続き待機ー

グランゼリア戦を描いた中編である「碧落」は壮絶で読んでて苦しかった。ほとんどの十三翼将がこの戦で戦死してまうんですが、みんなオレンディアの為に死んでいってた姿は本当に読んでて辛かったです。ボロボロで擦り切れてしまったミアが痛々しかったけど、それでも唯一諦めないでオレンディアを守り切った彼女は本当に強いんだな、と思いました。ポンコツな小魔女と呼ばれてるけど、アイゼン皇子の剣を受けて防げるぐらいなので本当は強いのでは・・・?(ヒント、剣受ける様は剣鬼将軍や死神ギィの影をみた)となったのでまだミア自身にも謎が多そうだ。」
あと愚帝と噂なユーディアスの本性やオレンディアへの執着が垣間見えてゾクっとした。

読んでて気持ちが落ち込みますが(展開が重いので・・面白いんだけどね!)かつくらの新刊に載ってる書き下ろしの短編集がほのぼのしてていい感じに幸せになれるのでオススメ。ヤキモチなアリル皇子とカブなアキ(作者インタビューもあるよ)

Posted on 15:58 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

12月読書メーターまとめ  

年が明けてから1週間以上立ってしまいましたが、明けましておめでとうございます!今年も管理人とブログの方もよろしくお願いいたします!なかなか思うように読書をする時間が取れなくなってきてるのですが、合間を見つけて読書充させたいと思っています。読書的な目標は、ひとまず開拓よりも積んでる本を消化することと感想を溜めない(最近ブログに書けない事も多くなってきてるので)あ、伯爵と妖精も読み進めるんだ・・・・!後はブログをあまり放置しない・・・ぞ!
2017年度は86冊と見事100冊下回りました(コミックも含め)体感的にも全然読めてなかったので予想どうりだったんですが、ブログを始めて以来の読めてなさでショック、、、なので今年は10越えに戻すぞ・・・
あとプライベートは健康第一!仕事も頑張って、プライペートでも楽しむをモットーに行きたいと思います!

年末のまとめ記事あとBL編、乙女ゲーム編はまだなんですが(書いてもいない)今月中にはあげたいと思ってます!
まとめ記事を書くのも年末ぐらいしか出来ないので意地でも上げてやる!!!
年末のまとめで一部被ってるので若干割愛しましたが、今月は5冊でした。クリスマス以降、仕事がエグくてヒーヒーしてた割りには読んでたかな?
追記より読書メーターまとめです(BLはお休み)
-- 続きを読む --

Posted on 20:27 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

 今年もお気に入りの作品とともに振り返ってみる(読書編まとめ)  

in2017回

と、いうことで今年もやって参りました、恒例のまとめ記事のターンです。
ただ今30日の仕事終わり後にポチポチやってますが、予約投稿で年初めに更新されるようにしたいと考えてるので、明けましておめでとうございます!今年も当ブログと中の人もよろしくお願いします!とかるーくご挨拶をば・・・
年末の挨拶は今年書けそうもないので、改めて新年の挨拶と一緒にまとめて出来たらいいなと思ってます!

完全なる自己満の為に書いているのですがほんの少しでも本たちを手に取るきっかけになれたらな、と。
ということで、今年もお気に入りな作品たちを振り返って行きたいと思います!よろしければお付き合いください!
レーベル的にも、ほぼ少女小説とライト文芸(オレンジ、L文庫)からでいつも通りに毛が生えた(?)感じのラインナップになりました。

(幸せいっぱいの後日談にほっこり)

・身代わり伯爵と終幕の続き/清家未森

完結したのが一昨年?(2015年末?)ちょっと間があいてしまったけど、幸せなシアラン大公一家を覗き見れてとても幸せな短編集でした。どっちかというとシアラン編という感じでアルテマリスの面々があまり出て来なかかったのが少し残念だったかなー。

・(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~/夕鷺 かのう

本編完結は去年でしたね!安定のドタバタ場面もありつつ、クロウがフェルに全力で幸せにしてもらっていて読んでてじんわりさせられた後日談でした。他の面々のその後も掘り下げられてて、とても満足でした。それぞれ穏やかに暮らしていて、めでたしめでたし。

(それからのお話)

・嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛/入間人間

まさかみーまーの続編が読めるとは!久しぶりに入間作品を読んだけど、相変わらず癖がすごいw(褒めてます)
二人の子供たちが主人公で、彼女たち(あゆとまい)も悪い大人に壊されてしまっていてとても読んでてやるせなかったです。救いのない話でみーまーらしいのだけど、せめて子供達は普通に育って欲しかった・・・(みーくん、まーちゃんの分も)それでもラストで孫たちは伸び伸びと育っていたし(これが理想だったのだろうな)まーちゃんもあゆちゃんも時間は止まってしまってるかもしれないけどけして不幸ではないのかなと。とても自分に刺さった作品でした。
みーまー久しぶりに読み返したいなぁ(手元にないぃいぃ)

(あのシリーズたちも完結しちゃいました)

・恋と悪魔と黙示録 恋咲く世界の永遠なる書 /糸森環

アガルの純情が爆発してたシリーズついに完結!
ラストまで鞭展開でレジナが痛々しかったのだけど、どんなに絶望しても目を逸らさずひたすら前に進み続けず、今の自分で幸せになる事を諦めなかったからこそやっとアガルとも結ばれたのだと思います。あと卿とバレクお帰りなさい!
どこか神話のようで、人間も悪魔もみんな愛しいねとなる物語でした。サイドストーリーも楽しみです。

(余談)安定の糸森教なのですが、最近シリーズがあっさりと終わってしまうのが悲しくて・・・コンスタントに新作出してくれるのはとても嬉しいのですが(階段坂は今でも未練)

前作の令嬢鑑定士もサクッと終わってしまって残念だったので、新作の竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王に期待・・・シリアス物かと思ったら、ひたすらツンデレの竜たちに愛でられる話で控えめに言って好きぃ・・・

・おこぼれ姫と円卓の騎士 新王の婚姻/石田リンネ

ラスト3巻は一気読みしました!今年中に読み切れるかとても微妙だったのだけど、怒号の展開でサクッと読んでしまいました。フリートヘルムにクーデターを起こされ、自分の騎士たちは捕まり、自分はメルディと国外へ逃げるしかないと絶望的な状況になり弱気になるレティだったけど、周りの騎士たちがレティの事を信じきっていて彼らの絆が熱かったです。
そしてレティが王女としてやってきた事が、身を結び彼女の勝利に繋がっていたのも読んでてじーんとさせられました。
失った物もあったかもしれない、それでも王座の間でレティーツィア女王の姿は見たことはないという事はレティ自身満足した結末だったんだろうなと。
全てを掴み取った女王の物語、ラストまで読めて幸せでした!ありがとう!

(最近のお気に入りなシリーズたち)

・後宮シリーズ(コバルト文庫)/はるおかりの


このシリーズは去年も上げているんですが、安定の面白さなので。このシリーズ好きすぎてオススメ記事書きたいぐらい!(人気があるみたいなので、しばらく続きそうですが完結したらやりたい!)巻数が進んでも、主役カップルはハッピーエンドはぶれません。個人的に後宮幻華伝から宦官とかも話に絡んできて後宮物語感が増してきたし、登場人物の抱えてる過去が重くなってるような・・・?というか、先代も今上も寵愛が偏り過ぎていてその内王朝転覆するのでは?となっている。あとやっぱり王に嫁いだほうが幸せだろうな、とも思う(笑)個人的に心に残ってるキャラは宋玉環でしょうか・・・愛するものを殺されたのを知り、人形みたいだった彼女が自分の息子(皇子)を害して一族を巻き込み復讐したというのが壮絶でした(残された者たちに良くも悪くも影響を与えた事件だなと、刷華伝読むと)
2月に新刊が出るみたいなのでとても楽しみ。
(WEBコバルトのサイドストーリがとても良い仕事をしてるのでぜひ一緒に読んで!)

・なんちゃってシンデレラシリーズ/汐邑 雛

33歳のパテシィエだった主人公が12歳のお姫様に転生してしまってという異世界トリップ物(でいいのかな?)なんだけど、転生したアルティリエは血筋が誰よりも尊いかつ結構な王宮陰謀物な展開で続きが早く読みたいなーと持ってるシリーズ。年上な旦那様であるナディル殿下は幼妻に徐々に執着してきて・・・という感じで大変好みなやつです。
新章に入ってから感想が書けてなくてギギギィっ感じなんですが、自分の目指したい王妃像が見えてきたところなので続きが早く読みたい。イラストも武村さんで可愛らしいし(戦ワル)中身が33歳なので色々冷静かつ大人な思考なので、個人的に読みやすい。

・宝石商リチャード氏シリーズ/辻村 七子

今年はリチャードの過去編のターンだったのではないかと!(尊い!)やっと一族のゴタゴタから解放されてまた銀座に戻って一件落着からの、リチャードの黒歴史編そして大好きだった家庭教師の先生と再会、そして縁が巡って・・・という感じでとても読み応えがありました。完璧なリチャードのちょっと格好悪かった時代が読めて個人的には嬉しかったり。
次の新刊で第一部完だそうで、正義も将来について答えが出るのかな?

・浅草鬼嫁日記 三 あやかし夫婦は、もう一度恋をする。/友麻碧

(感想はまだ書けてませんが・・・)酒呑童子と茨木童子だった頃のエピソードが掘り下げられてたし、二人の愛の深さにじーんとさせられた新刊。ずっと真紀が隠していた真実を知り、全てを受け止めてまたここから恋をするというのが素敵だった。ほんと前世の分も幸せになって!
二人の絆はさらに深くなったけど、由理が付いている嘘は何だろう不安だ・・・
(かくりよの方はしばらく積んでるので読まなきゃな!アニメ化おめでとう!)

・異人街シネマの料理人3/嬉野君

金星特急もだったけど、嬉野さんの作品は世界を旅している気がします!
亡き祖父から受け継いだミニシアターを盛り立てる為にオーナーとして奮闘する話から、公安やら独裁国家テジェニスタンとかが出てきて急展開で面白過ぎて震える。冬基の母親が自殺した理由は胸糞で、祖父が作ってきたものをぶち壊してやりたくなるのは納得だった。このままでは家族は決裂するしかないけど、それを阻止する為にどんどん悪い子になる桃がとても魅力的!

(唯一の新人さん)

・淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟―/守野 伊音

フォロワーさんがいい中二だよ!と呟いてたのを見て思わず食らいついたら、案の定好きなやつだった。
転生、天界、復讐・・・とか設定モリモリで面白かったです。ストーリーはシリアスなんだけど、アセビの口調とかが元気だし、会話がコミカルなので重たくなり過ぎずに良かったのだけど若干文章が独特だなぁと。
アセビとして転生して、またルカと恋をし千年越しの恋が叶うまでに人間界では戦争があったりとラストまでハラハラさせられましたが(よく1冊に綺麗にまとまったなぁと)運命に立ち向かいやっと二人で幸せになれて良かったな、と
あと周りの人たちの優しにほっこりさせられました。これからの新作も楽しみだな!

(そしてラストは唯一の一般)

・政略結婚/高殿円

一般だけど大人向けな少女小説という感じであまり固くないのでオススメです。
どの時代の女性たちも家や時代に翻弄されながらも、自分の意思を貫いて生き抜いて行く姿が凛としていてとても格好よかったです。女はどの時代でも強いのです!
個人的には、名だけの華族になり母親や祖父は身分に執着したけど、最後は終戦と共に身分制度の終わりを迎えた「華族女優」が気に入っています。

選んだラインナップがほぼシリーズ物と完結後の後日談で、続きの新刊を読むのに精一杯感が出てしまってますね(笑)
開拓もしたいのだけど積本もあるし、今の状況ではあんまり新作とか長編に手を出さないほうが良いだろうな。
あと悔しい事は読書感想を書けないことが多くなってることですね・・・読メにはつけるようにしてるんですが、間が開いてしまうとブログ用には書けなくなるのでモヤモヤしてしまってます。せめて読書感想だけはつけ続けたいので、もっと時間を作っていきたいです。
あとここに載せている本全て紙なんですよ(小声)というか自分的に電子はあまり向かない事に気付いた(積んでるのが目に見えないし、後回しにしてほぼ読まない)のでスペースが許すまで自分の好きなスタイルで読もうかなーと。いや、すでにヤバいんですが(笑)電子は、絶版で手に入らないとか電子レーベルで活用していこう。
そして今年も「伯爵と妖精」進まずというか、今年読めてない?????あれー?この本は今年中に読みたい!ってのも何冊かあったのですが、結局また来年!になったり(苦笑)

という感じで今年はこんな感じになりました。結構長くなってしまいましたね。
来年も自分のペースで色々な作品と出会えたらいいなと!もっと読書に時間がさけるといいなーなんて。
それではお付き合いありがとうございましたー!

Posted on 10:05 [edit]

category: ゆく年くる年

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター