FC2ブログ

ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 /はるおか りの   



後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)
はるおか りの
集英社 (2018-06-01)
売り上げランキング: 66,311


冷遇されていた皇子、高垂峰は悲願の玉座にのぼった。しかし実際には太上皇の傀儡で、名ばかり皇帝に甘んじる日々。競って媚びを売る後宮の美女たちにも全く興味を持てずにいた。風変わりな妃嬪・危夕麗を知るまでは。吉祥文様を愛する生き生きとした勝気な瞳に、垂峰はなぜか目を奪われてしまう。哀しき亡霊たちが彷徨う絢爛豪華な宮中で、恋を信じられない二人はやがて互いに惹かれ合い!?


このシリーズも9巻だそうで(初代カップルは亡くなってますしね)

崇成帝の子世代になってから短命な皇帝が続いたようで(前巻の皇帝カップルの結末がしんどい・・・青艶姐さん)母親が父帝に疎まれていた為に不遇だったのと、彼自身もあまり素行が良くない垂峰が皇帝に。
彼自身やっと望んだ皇位を得て腐敗を一新してやると思ったら、父である太上皇の力は衰えずただの傀儡に甘んずるしかなくて歯がゆい・・という感じなんですが、この王朝も終焉が近いんでしたね。
そして後宮を持つゆえに、一人だけを愛せないというのが辛いですよね。過ぎる寵愛は毒にもなりそうだし。

今回の寵妃となる夕麗も変わり種(吉兆文様を見るために皇帝の厠に登ったり、魔除けで虎の鉢巻き頭に巻いたり)だったんですが、元々寵愛を受けようとは思ってなかったので媚びないで勝気な態度だったのがとても好感が持てました(後宮で生きる者としてわきまえているし)そして皇帝に恋をしてしまい、無理だとわかっていてもわたしだけを愛して欲しいと苦しむ姿が切なかったです。あとは、あれだ初恋の相手はただのクズだったって気づけて良かったと思う(恋って盲目というしな)

相変わらず、後宮は相変わらずドロドロしていて気を抜けば妃嬪の身分が剥奪されるのでジリジリ感がヤバかったです。
今回は夕麗の妹分が自分の想像とは違うベクトルで壊れててひえッ!となりました。彼女の暗躍で力を持っていた皇后と貴妃は退場となったのですが、寵妃の夕麗は後宮でどうなったのだろう。今の段階で皇子も数人いるみたいだし・・・
垂峰自身は、夕麗には公主を産んで欲しいみたいですが(後宮のゴタゴタに巻き込まれずに済むから)

ということで、読了後もなかなか良かったね!とならないこのシリーズ。
次は時代を遡るみたいで、過去が舞台なのは初めてなので楽しみです。

Posted on 20:46 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森 環   

一回読んだのだけど、ちょっと間が空いてしまったので(珍しく)再読しました。
糸森作品は推しの作家さんなので、感想を書きたい



幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元に現れたのは元夫の八尾の白狐・白月。突然たずねてきた彼は、雪緒に復縁を求めてきて―!?ええ!?交際期間なしに結婚をして数ヶ月放置した後に、私、離縁されたはずなのですが…。薬屋の少女と大妖の白狐の青年の異類婚姻ラブファンタジー。



最近少女小説でもラノベ風のポップなサブタイが増えてきましたよねぇ(です!的な)わたしはモリモリな少女小説なサブタイが好きなんだけどなぁー(例えば?と言われても浮かばないけど)

異世界トリップというより、神隠しや儀式など日本の古き良き要素が散りばめられていて好き・・・となっています。
鮮やかな世界に潜む闇というか。あとは掛け合いなどが、花神を思い出させてとても良い(癖は強い)
あとセリフの言葉遊び的な(開かしたいと思ったら、明かしたいだったり。嫁→夜女→神饌だったり)のがとても好き。

甘い言葉で嫁においでと誘惑してくるんだけど、彼の目的や本性を察してるので雪緒は突っぱねるのだけど初恋だしやはり惹かれている部分もあってという感じでじれったい(好きだけど!)
白月も自分の格を上げるために、雪緒を誘惑してるのだけど彼女に絆されてきて油断するな、疑い続けろ、自分を愛してはならぬと矛盾を抱え始めてるのがとても悩ましい。あとちょっと闇落ちしかかってる(理に反して)けど大丈夫なのかね。
あと他の妖の面々である、ヤンチャな宵丸(黒獅子)や由良(鵺)も初っ端から雪緒に手懐けられていてこれは楽しみなやつですね???

鈴音に「もとの世界の影」(本当の名前とか)を永遠に奪われてしまったけど、本当にもとの世界に帰るフラグは折れたのだろうか・・・(本人は「薬屋の雪緒」なんですって言ってますが)
ひとまずシリーズ化お願いしまぁぁぁぁすという事で!

Posted on 17:00 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

紅霞後宮物語 第八幕/雪村花菜   

お久しぶりです!最近はなかなか読書に時間が避けなかったのですが、ボチボチ再開して行きたいです(積み本がエグくなってるので)読書と感想を上げる習慣が消えそうでヤバいぞ、わたし!

紅霞後宮物語 第八幕 (富士見L文庫)
雪村花菜
KADOKAWA (2018-06-15)
売り上げランキング: 3,045


怪我に倒れた小玉に代わり、戦場では賢恭が軍を率いていた。そして小玉負傷、樹華戦死の報が届いた宸は衝撃に揺れていた。小玉を思うが故の企みで望まぬ結果を招いてしまった梅花は、自らの命を以て償おうとするが、裏で何かが動いていたのではと疑う文林は、真相を探るよう梅花に命じる。「小玉が死んだら、お前を殺す。だが、死ぬまでは働いてもらう」司馬氏の失脚までは上手くいった。その後何故歯車は狂ってしまったのか。梅花は思いがけない闇に真実を見つけてしまい―?



今回で第二部完ということで物語に一区切りついたけれど、逝ってしまった人が多くて読んでてしんどかったです。
梅花や樹華は(息子の事が心残りだろうけど)きっと生を全うした!という感じなのかな、と思いました。梅花は過去に文林の母と何かがあったようだけど、そこは本編では語られない感じ?(カクヨム連載なんだっけ?)
その反面、司馬淑妃は餓死なんてとてもらしくない最期だったな、と。でも最後まで「皇帝」を慕い続けていた姿はブレがなかったなぁ。
そして息子の鳳は一番後味が悪かったですね、黒幕だったのは(すごく頭のいい子だったのだろうな)ゾッとしたけれどもし早く生母から引き離していれば違う未来があったかもしれないのに。
あと薄充儀が異民族に皇族の姫として嫁ぐ事なり、思いの外高位の妃(貴妃と真桂)が仲良しで、彼女たちの友情が尊かったです。

どこか情が薄い夫婦だったけれど、二人の関係にも変化が見られたような。これは国が滅びに向かっている物語なので、どんどん暗い展開になりそうですが小玉が老いて亡くなるまで私も読みたいです。

Posted on 20:21 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

双囚 ふたりの姫は愛獄に堕とされる/丸木 文華   


双囚 ふたりの姫は愛獄に堕とされる (ジュエル文庫)
丸木 文華
KADOKAWA (2018-06-01)
売り上げランキング: 941

冷酷無比な軍人と、彼を狙う暗殺者の少女。軍学校のエリートと、すべてを悟った娼婦。それは戦勝国の支配者と、敗戦国の従属者。翻弄する言葉で、灼熱の肉楔で―誇り高き血統を嘲笑うかのように、悪魔な支配者は淫らに身体を喰らい尽くし、姫たちは雌獣へと堕とされる―!狂った執着を一身に浴び続けた2人の姫が地獄の底で見つけた純愛の姿とは―!?4人の執着と愛憎とが縺れあう!!Wエロティクス超大作!!



かなーり前に同レーベルであるジュエル文庫で発売された「監禁愛アンソロジー」に収録されていた「ローテ・ゾネ」(テロ組織)と同じ世界観で、今回のヒロインの一人である美園がその組織に(通称「姫」)所属する女スパイです。
(恐らくですが・・)世界観は恐らくナチ統治下のドイツを舞台にしているのかなぁと・・・(トップが総督だったり、進化論がうんたら)トキ人(日本人っぽい。祖国にはミカドがいる)=人間ではない、と家畜のように扱われていたり(故に、トキ人によるテロ組織が複数存在する)差別描写がなかかな読んでてシンドかったです。世界観がかなり作り込まれてるので1冊だけで終わるのもったいない!ぞ!あとTLレーベル的にめっちゃ異色作
あとネタバレなしで読んだほうが楽しめると思います。

Wヒロイン者で二人の視点で同時にストーリーが進んで行くのが新鮮でした(丸木さん、ゲームライターもやられてるからか上手い)同じ時間軸なのに、一人女スパイ、もう一人は高級娼婦だからか全く違う生き方をして、相手の男も対照的なのが面白いなぁと、エリート軍人と貴族のボンボン(極)だし。それぞれ独立した物語なのでは?という感じに見せかけて、Wヒロインの意味もちゃんとあったのにはさすが〜!となりました美園が探していた妹香織が桜だった)主にゲオルグのお陰で(笑)、今後二人の人生が交わる事がなくそれぞれの大事な相手と生きていくのかなと思います。桜は、アダムの手綱をきちんと握って逞しく生きていけると断言できる(笑)そして純粋過ぎるアダムはきっと軍の世界ではやっていけなかったと思う(異常と言える程、真っ直ぐ過ぎるから)

誰もが予期せぬ愛に溺れることになるのが面白い。道化師と揶揄されるゲオルグは何枚も上手な人物だけど、いつまでも自分の側に置きたいぐらい美園に執着して愛してしまったのは彼の最大の誤算なのかなと。彼は美園と妹がけして再会しないようにと裏で動いてますが、美園も生きる為に家族を拠り所にしてたけど、ゲオルグがいる今そんなに妹に執着するのかなぁと(臆病故、きっと彼はそれに気づけない。あと愛に飢えていたしね)

トキ人という差別階級の女性を、権力者であるダイシュ人の男を支配しているようで、奴隷と見下しているトキ人に身も心も支配される者が増えてゆく中、実は内から侵略されているのでは?というゲオルグの憶測にゾクッとさせられました。

・監禁愛アンソロジーの「ローテ・ゾネ」も読み直したので、一緒にザックリ感想を。丸木さんのソーニャ文庫の作品と一緒に軽く感想を書いてたんですが、薄すぎて内容がイマイチわからなかったので書い直して読み直すか・・・となりました(笑)
こちらの作品の方は、殺そうとした相手に捕まり玩具のように好き勝手にされるという感じで、鬼畜度が半端ないです。
ヒロインである絵梨子は明らかに未成年(というか少女)なのでメンタルも身体もボロボロにされてとても痛々しい。
そんな彼女を「氷の悪魔」ことヴァルター・フォン・エーデルシュタイン(ちなみにゲオルグの妹の旦那。子2人有りかつ、妻とは別居中。伯爵家には残虐の血も流れてるらしい)は好き勝手に扱いますが、育った孤児院や所属していた「ローテ・ゾネ」ではずっと孤独で、居場所が欲しかった為に暗殺で仇をうち仲間に認められたかったという本心をきいてからといもの、だんだん彼は執着していくことになります。ヴォルターはかつて家督を争って骨肉の争いをしてきていて身内ほど信じられない、特くに自分の地位などには執着してないけれど俺は俺をやめられない(それが存在意義だから)それ故に、いつでも殺せて自分の手の中に収めれる様なやつしか愛せないだろう彼も孤独なんだろうな。
)そして彼の子を孕み、仲間には死ねと言われ、全てを奪った敵であり仇であるヴァルターには「俺の側で生きろ」と懇願され、絵梨子が一番欲しい言葉をくれたとヴォルターを選んだのは、最後は全てを投げ出しても愛をとってしまう(みんな愛情に飢えてるのかなと)このシリーズらしいのかなぁと(この短編の方が先ですが)このカップルは孤独をお互いの存在で埋めあっていると言う感じでした(限りなく共依存)
「双囚」の作中にもヴァルターは「氷の悪魔」として出てきますが愛人(絵梨子)との子供が出来て幸せボケが過ぎて隙がヤバイとゲオルクに釘を刺されてました(笑)もしかしたら、絵梨子と美園も顔見知りだったかもですね(だいぶ組織での立場は違ったみたいだけど)

Posted on 20:35 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

一華後宮料理帖 第四品 /三川 みり   



一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)
三川 みり
KADOKAWA (2017-07-01)
売り上げランキング: 190,294

互いへの想いを封じた理美と朱西。さらに皇帝・祥飛に「皇后になって欲しい」と言われ、理美は落ち着かない毎日を過ごしていた。そんなある日、元気がない五龍のため、神気に満ちた旧都・氾因に滞在することに。そこで見つけた鏡をきっかけに、奇妙な現象が起こり始める。臥せってしまった祥飛に料理を作りながら、原因を調べだした理美は、朱西の秘密を知ってしまい…!?大切な居場所を守るため、決断の時が迫る第4弾!!



珠ちゃんちょっと精神的に疲れてアンニュイの為、神気に満ちた旧都・氾因に滞在することに。
そこで怨霊事件に巻き込まれて、皇帝はどんどん衰弱し臥せりそして朱西も死の呪いを受けてしまいます。封印出来るのは理美だけで、その糸口を探す過程で怨霊となってしまったとある皇帝の妃だった麗春の封じた恋心や徳妃を守る為にワザとに嫌われるように仕向けた伯礼の思いを知り、そして麗春を通して自分に料理を饗して自分の恋心を昇華し前に進もうとする理美がとてもらしいな、と。そして恋した相手を守る為に恋心を封印して、それでもわたしは不幸ではないというのが尊いです(運命が切ないだけ、というのが悲しいけど)そして皇后となる決意をした理美の背中をそっと押してくれる四夫人がとても格好良い、素敵!

そして理美から皇后になると告げられ、純粋に余のものだ!一番欲しい物が手に入らないと諦めてた、ショウ飛が純粋に喜んでいる姿にちょっと罪悪感が・・・そして彼自身もきっと自分に恋してる訳ではない、それでもいつか恋してくれるかもしれない、自分に恋する瞳を向ける可能性が出てきただけで嬉しいとかしんどいよ陛下ァ

朱西の出生を知り彼を守る為に皇后になる決意をした理美だったけど、朱西は「俺の一番大切なものを手に入れてしまった」そしてずっとお側にいられませんと逆にトリガーになってしまったようで・・・・さて物語が大きく動き出しそうですね。

Posted on 18:00 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター