ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

錬金術師は終わらぬ夢をみる ~ゆがみの王国のセラフィーヌ~/一原 みう   

錬金術師は終わらぬ夢をみる ~ゆがみの王国のセラフィーヌ~ (コバルト文庫)
一原 みう
集英社 (2017-06-30)
売り上げランキング: 81,624


セラフィーヌはいつも繰り返し同じ夢を見る。一つ目はヴェルサイユ宮殿の夢、二つ目は雪山で逃亡している夢、三つ目はR女子修道院の夢…そしてある朝目覚めると、そこには美貌の錬金術師・カリオストロ伯爵と助手のアレクサンドルがいた。セラフィーヌは記憶を失っており、自分が何者なのか分からぬまま伯爵の手伝いを始めるのだが、次第に錬金術師的な才覚を発揮するようになって…!?



個人的にとても応援している一原さんの新作です。待ってました!!ということで楽しみにしてました。
フランスのルイ14世統治下(って表現していいものか)が舞台で、史実の出来事を絡めつつ錬金術や時間移動などちょっと少しファンタジーな要素もありとても作者さんらしい作品でとても読み応えがありました。
当時のフランス貴族の生活とかも結構リアルに書かれていて、頭に粉を降ってかつらを被るのが貴族の常識〜的な感じで、セレフィーヌがやだ!頭に蛆が湧くじゃない!となっててうわw汚ってなりました(笑)あと水汚いのだめ、絶対。

ルイ14世からとある女性に連れられてヴェルサイユから逃げる記憶、R女子修道院で仲間との生活記憶、そして次に目覚めたらカリオストロ伯爵とその助手がいてセラフィーヌ自身は記憶を失っているという感じで(自分の中にある小さな箱に忘れてはいけない事を入れると絶対忘れない)、彼女自身が何者なのかとても謎。あと錬金術師の人生が書かれているという「ミシェルの書」の存在とか・・・・
伯爵の元では自分の持っている錬金術の知識を使って自分の価値を上げようとする結構前向きな感じでした。

この1冊だけでは、いろいろ消化不良なので(一原さん曰く、ラストまでの構想はちゃんと決まってるので書きたいと思ってくれてるという事!)ぜひ続きでセラフィーヌ自身の事やあの時、R女子修道院ではあの時何があったのか(エミリーはシャトレ侯爵夫人となってたけど、他の面々は?)、ゆがみの王国とは?(修道院では「ゆがみ」とは愛人の子やいわくつきの子という意味合いらしい)そして伯爵との恋愛(予言では悲恋っぽい?)も読みたいなぁと。ただ錬金術師は恋愛をしてはいけない、子を作ってはいけないという掟(セラフィーヌの両親はその掟を破った)があるので・・・

(読者の声ってとても大きいらしいので、自分なりの応援って事でブログに感想書いてみました。物語のラストまで読めますように!)

Posted on 20:52 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

6月の読書メーターまとめ  

ややブログを放置してましたが、リアル寄りの趣味である、とある一大イベントが終わったので徐々に通常営業に戻りたいと思います(といっても、不定期更新ですがw)完璧にツイッターなどのアカウントを別けているので、こっちでほぼ話題を出すことはないと思うけど、個人的にお金と時間をかけ、気合を入れて準備をしてるのであぁ今年も終わった感がすごいです(笑)きっとジャンル的にあと数年しか出来ないと思うので(年齢的に)、全力で楽しんでます!

今月は7冊読みましたー
新刊タワーも増えてきたし、7月は好きなシリーズの新刊もあるしもう少しもりもり読みたいところです。

安定の面白さ


みーまーの続編が読めて、入間節がとても懐かしかったり


読んでて、それな!!!となりつつラブコメ面でも面白かった話題作(続編出るといいな)


あと、ツギクルブックスさんから献本を3冊も頂いきました!こんな風にお声をかけて頂いたのは、初めてだったので驚きましたがとても嬉しかったです。時間はかかってしまうかもですが、読んだら感想書かせていただきます!
最後に、ブログ5年目の挨拶の記事に拍手ありがとうございました!これからも自分のペースで更新していきたいと思います。

さて、追記より読書メーターまとめです(BLはお休み。数冊読んだんだけど、レビュー書くために再読しないと・・積んでいるコミックも読まなければ!)
ここ1週間ずっと暑いですよねー暑さに弱いので、毎日バテバテです。北海道でもこんなに暑いのに本州はもっと灼熱とか・・・頑張って生きて(こまめに水分補給ですよ〜)
-- 続きを読む --

Posted on 19:46 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

腐男子先生!!!!! /瀧 ことは  

腐男子先生!!!!! (ビーズログ文庫アリス)
瀧 ことは
KADOKAWA (2017-06-15)
売り上げランキング: 57,856

ごく普段の腐女子・早乙女朱葉のスペースに同人誌を買いに来たのは、ごく普通の腐男子・桐生和人。ただひとつ、ごく普通と違ったのは、二人は高校の教え子と教師だったのです―。イケメン生物教師の真の姿がもっさり残念メガネ男子かつ同じ沼の狢…だと…!?そう、これは―教え子を神(絵師)と讃えるイケメン腐男子先生と、とある腐女子の物語。こんな先生に教えられたい!?共感しすぎるオタクラブコメ登場!!!!!


結構話題になっていたので手に取ってみました。久しぶりに電子書籍でした。
少女小説読みの方というより、オタ活をされてる方(ラブコメ部分も面白かったが)が読まれた方がそれな!!!!!感があって読んでて面白いかもしれない。
ヒロインである朱葉ちゃんの話し口調が、まじ俺で色な意味で刺さった(笑)

アプリゲーやあと応援上演などタイムリーなネタが多くて草を生やしまくりだったのだけど(あとサンホラ?と思われるネタとか)桐生先生と朱葉との、生徒と先生故にお互い臆病になってしまってるのが読んでてとても焦れったい!
趣味とかガチかぶりで気もあって一緒にいて楽しい相手なのに、(オタクにも色々あるからガッチり趣味が合うって貴重なのさ)二人の関係が邪魔するとかままならんなー朱葉ちゃんが卒業するまでお互い誰とも付き合わないは二人にしたら最良な選択なのかもしれない。卒業したらどうなるかは、先生(チキン)が男気見せなきゃね〜

しかし先生、まじオタクの鏡だよな〜
好きなジャンルにはガンガン課金、転売屋は敵だ・・・!的な感じだし。
自分は完全楽しませてもらう側ですが、同人とかで書かれてる方は先生みたいに純粋に作品を楽しみにしてくれてる人ってとても嬉しい存在なんじゃないのかなーって。

Posted on 16:43 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

紅霞後宮物語 第六幕/雪村花菜   

(すっかりブログを放置してしまいました。リアル方面な趣味の大きなイベントも終了したので、ぼちぼち平子に戻りたいと思います。積み本も大変なことに〜読まねば!)

紅霞後宮物語 第六幕 (富士見L文庫)
雪村花菜
KADOKAWA (2017-06-15)
売り上げランキング: 2,104

康国との戦を決意した文林。行軍元帥に選ばれたのは、cだった。「皇后を」という声は上がらず、そのことに少なからず安堵した文林は、小玉に手柄をあげさせたい反面、死地に向かわせることに躊躇いを感じている自分に気付いてしまう。一方の小玉も、文林に対して感じた溝が埋められず、ざわつく心を持て余していた。さらに開戦を契機に、朝廷では皇太子問題が議題にのぼる。長男の鳳か、小玉を養母に持つ三男の鴻か。皇后としての小玉を守るため、文林は決断を下す―!



ページ数はそんな多くないと思うのだけど、内容は濃厚で毎回読み応えがあるシリーズですな。

前回、小玉の流産事件で夫婦間の溝が深まってしまった二人だったけど康国との大きな対戦を控えた緊迫した状況もあるし、王太妃や明彗、樹華たち色々な夫婦の形を見たからか、小玉がちゃんと感情をぶつけられたのはとても良かった。まぁ以前、色々拗れたままの面倒な夫婦なのですけどね。

ついに文林が望んだ、皇后としての小玉の出陣なのだけど男として彼女を守りたくなってきていて、小玉も彼に執着しているしお互い心情に変化が出てきたのかな??ついに開戦という事も(古参の班将軍も戦死しまったし・・・)あるし、いろんな方面に動き出しそうで続きが楽しみです。あと結構、沈太監と小玉の関係が好きなのでそこらへん(?)も楽しみですw

表紙に鴻が登場ですが、愛情を与えられて育ってきた子とそうではない子(鳳)やはり後者の方はどこか歪んでしまっててちょっと読んでて憂鬱になりました。今ままでおばかで済んでて司馬淑妃もついに・・・という感じなので、後宮関係もごたつきそうな予感・・・・あとついに甥っ子の丙が登場しましたが、だいぶ小玉よりな性質なんだねw

あとがきで色々と宸という国について掘り下げられてて(歴史的に)とても興味深かったです。他の時代の話とか読めたら面白そうですよね。

Posted on 16:14 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛 /入間 人間  

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛 (電撃文庫)
入間 人間
KADOKAWA (2017-06-09)
売り上げランキング: 1,009

あるところ、ある時代に双子の姉妹がいました。
姉は妹をこう評します。「わたしと比べたら馬鹿」
妹は姉をこう評します。「よくできた姉様」
姉の方は父親によく似ています。「勘弁して」
妹の方は笑うと母親に瓜二つです。「あっはっは」
いつの頃からか、妹の存在を認識できなくなった姉。
悪党を探して殺すために金属バットを持ち歩く妹。
両親とそっくりで、嘘つきで壊れた二人。
歪んだ双子の姉妹の、交わらない日常。
そんな彼女たちが住む町で起きた連続殺人事件。
そして、双子の姉は言いました。
「うちの妹が犯人よ」と。
──ねえ、まーちゃん。今度は僕たちの子供の話だってさ。


本編が完結してからまさか続編が出るとは・・・!昔、夢中になって読んだ作品なのでまた新作が読めて嬉しいです。
入間作品はご無沙汰だったのですが、相変わらず読みづらい!(笑)でもそれが癖になるッスなんです。
思わず、久しぶりにシリーズを読み直したくなりました。

登場人物たちの名前を結構忘れてしまっていて所々わからんかったけど、湯女さんやロリコン名探偵が結構話に絡んできていてニヤニヤ。あとにもうとちゃんも叔母として出てきてました〜
みーくんまーちゃんの子供の話で、読んでてあゆちゃんは多重人格なのかしら?と思ったら(妹は本当は存在しない)小学5年の時に妹のまいちゃんと怖い大人に監禁されて(おそらく性的暴行を受けた)壊されてしまって、事件を忘れ自分を守る為に妹を認識出来なくなり妹を探し続けているそうで・・・妹のまいちゃんは元々少し狂っていて、そしてその狂気を損なわず「犯人は私が殺すので」とその目的があったし、姉様を守るという使命があったからこそ壊れなかったのかな。あと姉のあゆちゃんはまゆちゃんと違う時間を生きてるのかな(それとも話しの時系列が違うのか)

本当に救いようがなくて読んでてグサグサ刺さりましたが、ラストは穏やかなそうに生きていてなんか安心しました。
あとあゆちゃんの娘の元女子高校生(口調が長瀬っぽい)もよくグレなかったよね〜
きっとまーちゃんもあゆちゃんもきっと夢の中で生きていくのだろうけど、少しでも幸せだといいな。
あと自分の娘たちにそっくりなひ孫のまゆちゃんとあいちゃんののびのびした姿は救いだろうな。
みーくんも自分なりのxxの形をやっと見つけられたのかな・・?

Posted on 15:00 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター