ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

おこぼれ姫と円卓の騎士 クライマックス編/石田リンネ  

ラスト3巻「白魔の逃亡」「反撃の号令」「親王の婚姻」の感想です。
うーん、それぞれ感想を書きたい人生だった(´_ゝ`)


将来自分が女王になることを“知って”いたレティーツィア。だけど、いつ、どんな理由でその日が来るかは知らなかった。王の素質を備えたフリートヘルムを王座に担ぎ上げるべく、軍師ゼノンが引き起こしたクーデターへの反撃の準備は整った。争いが続けば必ず犠牲が出ることを心に刻み、レティは己の元に集った王の専属騎士と王都奪還を目指す!(新王の婚姻)



というか、王になるのはわかっているけどどんな経緯でなるとかはわからないから不安だよね(大切な人がみんな死んでるとか)フリートヘルムの軍師となったゼノンが上手すぎてだな、、!自分たちの騎士は捕まり、自分はメルディ(おそらくレティより弱い)と逃げるしかなく、もしかして自分が王にならなければ、フリートヘルムが王となったほうが争いもなくなり国とっては良いことなどでは・・・と考えたレティでしたが、そんな彼女を信じて戦ってくれている人たちがいるんだと気づき王となることを決心します。あとこの戦いの中で自分のなりたい女王像が固ったのではないかと。
そしてここでレティが王女としてやっていた事に感謝して助けてくれたり、ナパニア国がソレスを通じて力を貸してくれたり、あと自国では騎士や自分たちの弟妹であるコーネリアやレオンハルトもみんなレティだからこそ自らの危険を顧みず力になろうとしたんだと思う。
そしてクーデターを起こしたフリートヘルムも可愛い妹を守る為だったのかもしれない(もう守られる存在ではなかったと気づいたようですが・・・)
あと何気に、アイリーチェのルーツや女伯爵とザイーツの再会とかもありましたね!

このクーデター結果、兄2人も失ってしまったけど(二人とも王族ではなくなったから)特にフリートヘルムを助ける為には茶番でもやって無理やり騎士にでもするしかないよね・・・表舞台ではもう主従関係でしか接することが出来ないとしても(でも望んだ形ではないけど、レティの騎士になる夢がかなった訳で)コルネリア王女ともう兄ではなくなったフリートヘルムのやり取りがまた切なかったです。
そして黒幕のゼノンのあっけない幕引きはまぁなるべくしてなったという感じですね。
人の感情を理解できなかった故に回避できなかったというか。

ラストあたりに(反撃の号令の表紙ではではあんな密着してたのに!)レティに反撃したデュークでしたが、あっさり国と結婚してしまうとは彼女らしい(笑)と言いつつも、しっかり愛人の座に収まったようで(しっかり訓育王という名が送られたらしい)

そして「王達の会議の間」では、レティーツィア女王陛下の姿は見たことないそうで。
女王になってからの、彼女は幸せだからここに来ない、というのがとても良いですよね。
ということで全てを掴み取った女王陛下の物語ラストまで読めて幸せでした!楽しかった!

Posted on 23:27 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

11月読書メーターまとめ  

気づいたら12月も折り返し地点というかあと今年も2週間ぐらいしかないの・・・?
また読書メーターもまとめてなかったし、ブロガーとしてどうなんだろうと日々反省しています。
最近なかなかPCをパチパチする時間と気力がなかったり、あとはガッと読書(自分比)に時間を当ててみたり。おかげさまで感想書かずに放置してしまって、後日さらに薄いレビューにしかならないやつです。
今日は久しぶりにPCでぱちぱちできて気持ち的にスッキリ。これからもう少し頑張って薄いレビューを書きたいと思います(自虐)

なかなか最近はコミック入れても10冊行かないなぁ。


あとおこぼれ姫ラストまで駆け抜けました!(月跨いでしまったので残りの2冊は来月@読メ)シリーズ読了は諦めてたのでちょっとニヤニヤ
ただ1冊づつ感想がかけなさそうなのが残念(溜めないで読めば良かったかなー)


もうそろそろブログも総括な時期で、今年も乙女ゲーム編(1本しかないけど 笑)読書編、BL編の3本あげる予定ですが、仕事のシフトが思ったよりエグく多分年内は無理そうなのがすごく悔しい!自己満だけどね!
ひとまず記事にあげたい作品だけでもチョイスしときますか〜
年末までなんとか乗り切りたいと思います!(元旦は休み!)

追記より読書メーターまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 21:34 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

小説家・裏雅の気ままな探偵稼業 /丸木文華   

丸木さん×笠井さんのタッグ!しかもオレンジでとか新鮮だな〜
ファンには嬉しい組み合わせです。

小説家・裏雅の気ままな探偵稼業 (オレンジ文庫)
丸木文華
集英社 (2017-11-17)
売り上げランキング: 32,387

売れない小説家・裏雅が「真珠姫」と呼び、ひそかに観察を続けているのは、彼を「雅兄様」と慕う伯爵令嬢の茉莉子。一見おっとりとして可愛らしい茉莉子だが、雅は彼女の秘められた特性に興味を禁じ得ない。茉莉子はある日、「本業の小説のほうはさっぱりだが推理力には定評のある」雅のもとに、女学校で噂になっている不可思議な「幽霊」の話をしに来るのだが…?


舞台は大正時代の女学校が舞台で非常に百合百合しい内容で、純粋故に自分の世界を壊すものには幾らでも残酷になれるのよ、という感じで結構毒々しい感じでした。

周りにはおっとりした可愛らしい子として(そんな風に演じている)みられているけど、本当は感情などが欠落していてどこか空っぽで、死んだ子猫の死体を自分との部屋の引き出しにしまってしまうようなどこか異質な少女茉莉子を気に入っていて、彼女を観察しつつ通っている青山にある女学校で起こった事件を推理するけど解決はしないという話でした。好奇心を満たす為なら、それがきっかけで人が死のうとも構わないという感じなので、まぁ色々欠落しているんだね。
茉莉子も幼馴染に異常な執着をされてて(本人は気づかず)この異質な感じが人を」惹きつけるのかもしれない。ただ彼女にどれだけ好意を向けようとも、気づかれないだろうけど(感情を理解できないから)
読み切り形式でしたが、兄様を食べてしまいたい茉莉子とそんな彼女を観察し続ける売れない小説家の不思議なやりとりをもっと読みたいなぁと(もちろんカスミとオボロも続き待ってますよ!)

今回、コバルト本誌に短編が載っていた(ホラー特集で扉絵はCielさん)「珠代」も同時収録されていて(青山の女学校に通っている令嬢たちが登場人物ですが表題作とは繋がってないと思う)、自分が崇拝していた同級生がただの醜い女だとわかったとき、そんな彼女に失望して・・・という感じで色んな意味でゾクッとする話なのでオススメです。文章も読者が聞き手(この話でいうと先生=読者なのかな、と)な感じに進むのも面白く同時収録されて嬉しかったです。

Posted on 21:00 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王/糸森 環  



竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2017-11-01)
売り上げランキング: 6,858

神竜が禍神から国を護る『右記ノ國』。竜の姿で猛り、人の姿ではこの上なく美しい神竜の世話係は、栄誉だが過酷で、人々は選ばれることに怯えている。だが、新しく召し上げられた紗良は違った。彼女は黒竜・由衣王ら四竜の側にはべり、彼らの悲しみや不器用な気遣い―その心を知り、ある願いを抱く。「つむじ曲がりな心優しい竜の君、あなたのそばで、生きたい」運命の少女と孤独な竜が織りなす、和風ファンタジー恋絵巻!


姉妹同然に育った大切な友達の身代わりに過酷だと言われている竜の世話役についた紗良。
天上人には生まれから侮られて嫌がらせをされたり、従えるべき竜たちは辛くあたってくる。そん中でも自分を育ててくれた村人の為に、出来るだけ長く勤めあげて見せようと明るく前向きに頑張ろうとする姿にとてもいい子や・・・となりました。あと屋敷にいる式神たちが賑やかで楽しいw

接する内に竜たちの不器用な優しさに気づいてほだされていくんですが、実は紗良にキツくあたってるのは地上に帰してやる為で内心入水するぐらい傷ついていたり、やたら自分の肉を食べたさせようとしたり(細いからw)本当は人間が大好きで構われたい!という感じでヒーローたち可愛すぎかよ。セリフもひねくれーという感じでもう!可愛い!しかなかった(語彙力不在)

最終的に自分の仲間たちといる事よりも、竜たちと生きる事を選び本当の「斎花」となった紗良。
彼女がどう竜たちに寄り添って生きていくのかなと続きが楽しみです。あと姉妹同然であった紗和子のセリフ、「心のままに生きるのよ!」「あんたが幸せで、わたしもここで幸せになる。それでいいんだわ!」が色々な思いが込められていると思うとじんわりしてしまいました。さよならだけど、お互い幸せになろうね!的な。
シリアスなようで主人公と竜たちの恋愛騒動記になるそうなので、ひたすらニヤニヤしながら読めそうですね。

Posted on 21:24 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

言い訳と9〜10月の読書メーターまとめ  

不定期更新がデフォとなりつつ頭を抱えてます・・・。どうもお久しぶりです。
久しぶりに更新するモチベーションになったので浮上してきました。
先月は盛大に風邪を引いてしばらくしんどかったり、リアルよりな趣味では大型イベントがあって参加したり、リアル面でも色々忙しくさせてもらっててありがたいし楽しいのだけど、こちらになかなか時間が割けないのが辛い。
仕事も最近遅くまで拘束される事も多くてなかなかブログもいじれず、せっかく読んだ本の感想も書けずじまい(読メには必ずつけてるけど・・)になってしまう事も多くてとても歯がゆいです。のだけど、なかなか記事を書き上げる気力と
体力がないのでしばらくこんな感じだと思います、、、
今年中には、おこぼれ姫シリーズは読み終わりたい(あと3巻)ところなのけど、このペーズで行ったら難しいかも・・・活字の新刊もだけどBLコミックもどんどん溜まっていく〜前ほど買ってないはずなのだけど。

9月の読書数が少なかったのと、気づいたら11月も後半だったので今回は合併号にしてみました。
個人的に面白かった作品は、リチャード氏の新刊、異人街シリーズの新刊、なんちゃってシンデレラシリーズ(感想書けませんでしたが)、コバ後宮シリーズの新刊(今かなりお気に入りシリーズなのでオススメ記事を書きたいなぁ・・・)だったかなぁと。

最近、少女小説の記事を巷で見かける事も多いし、たまにはうちのブログでもオススメ記事とかまた書きたいなぁと思いつつ(レーベルとかにも変化ありましたし)いつになるかなと苦笑しながら、またドボン!と潜りたいと思います。
では、また!

(追記より、読書メーターとブクログまとめです)
-- 続きを読む --

Posted on 20:43 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター