ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

歪みの国のアリス/狐塚 冬里  

歪みの国のアリス歪みの国のアリス
(2014/08/19)
狐塚 冬里

商品詳細を見る


僕らのアリス、君が望むなら――。
「歪みの国」を彷徨うテキストアドベンチャー・ホラーゲームの金字塔、ついに書籍化!

終わりの見えない廊下。誰もいない教室。すべての音が消えた街。
夕暮れの迫る学校で目覚めた女子高生・葛木亜莉子(かつらぎありこ)が出会ったのは、 「チェシャ猫」と名乗る、フードを目深に被った怪しげな人物だった。

「さぁ、僕らのアリス。シロウサギを追いかけよう」

チェシャ猫に誘われ、妙なヒトやケモノたちが住まう「人の消えた世界」へ迷い込んだ アリス=亜莉子は、元の世界に戻るために「シロウサギ」の行方を追うが――。

やがて忘れられた真実と邂逅した時、新たな悲劇の幕が開く。
その果てにアリスが見たものとは?

さぁ、覚めることのない悪夢をあなたに――。



ガラケー時代(新し物好きなのでiPhoneにするのは結構早かったり )にプレーした以来だったので、とても久しぶり!
個人的にイラストが可愛くなってたのが、結構嬉しかったりw原作のイラストも味があると思いますが、リアル過ぎて(笑)チャシャ猫の不気味な感じはそのままでしたけど(フードの中がどうなっているのかすごく気になる。でも見ちゃったら原作ではBADEND)

個人的にとても読みやすいノベライズだと思いました。文章に癖がないというか、原作そのままという感じ!今回書かれてる方はアムネシアのノベライズも担当されてるみたいです。本当にアンパン戦争とか廃棄くんとか、ねむりんとか首切り女王さまとか(人間の腸みたいらしい時間くんとか)懐かしくてニヤニヤしちゃいました。やっぱり一番好きなのはチャシャ猫だけどな!何かあの不思議な言動が癖になる。「お腹がすいたら僕をお食べ」とかね

ホラー作品のようで(確かにちょっとグロかったりするけど)優しい物語なので読んでてじんわり。シロウサギもチャシャ猫も亜莉子に幸せになって欲しいからと、彼女のずっと傍にいて歪みを吸い取っていてくれたんだしね。

ページ数もあって読み応えがあり満足だったんですが、やはり一本道で(出てこないキャラもいるし)少し物足りなく感じてしまいますね。ノベライズというか小説なので仕方ない事ですけど。読んだ後はやっぱり久しぶりにゲーム版をプレーしたくなるなぁー

(個人的に、武村さんがそんな出張ってこなくて良かったな 笑)

Posted on 16:22 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

十三支演義 ~偃月三国伝~ (上)/佐々木禎子  

\曹操さまァァ!!!/
十三支演義 ~偃月三国伝~ (上) (ビーズログ文庫)十三支演義 ~偃月三国伝~ (上) (ビーズログ文庫)
(2013/11/15)
佐々木禎子

商品詳細を見る

時は後漢末。“猫族”の少女・関羽は、長の劉備や幼なじみの張飛らとともに、山奥で穏やかな毎日を送っていた。しかし、漢帝国から“黄巾賊”の討伐を命じられた野心家・曹操との出会いが、彼女の運命を変える!「その力、気に入った。必ず私のものにしてやる」猫族のもつ高い武力に目をつけ曹操によって、関羽は無理やり彼らの戦いに巻き込まれることになり―!?


本編のノベライズという事で手に取ってみました!イラストはコミカライズを担当されていた方です。
作品の雰囲気そのままノベライズされていて良かったですねー。劉備のかんうーや夏侯惇のツンツンっぷり、趙雲の爽やかっぷりが懐かしいw

内容としては曹操さま猫族の村に登場!から董卓将軍を討ったけど(ちょうど共通ルートが終るぐらい)、結局呂布さまにボコボコにされた曹操が戦線離脱したので関羽たちは村に帰ることにしたというところで上巻は終っています。2に繋がるようにするならば劉備ルートに近い感じになるのかなーと思ったんだけど、どうやら趙雲ルートっぽい?出てきては爽やかなフラグを立てていましたw

次は2月発売予定だそうなので、あ、下巻でるまで待てば良かったかも・・とか思ったり。

Posted on 15:32 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

毒姫 水晶の檻/久美沙織  

毒姫 水晶の檻毒姫 水晶の檻
(2013/06/20)
久美沙織

商品詳細を見る

「毒姫」が生まれた国・ミトラガイナの城には、囚われの姫君がいた。オピウムというその娘は、自分が触れた者すべてが身体を蝕む「呪い」を宿していたため、何人とも触れ合うことが許されないさだめにあった。ところがある日、城へ侵入した一人の少年との出会いが、呪われた姫の運命を変え始める―。


注文した「毒姫」の3、4巻が届かないのでひとまず買っておいたノベライズ版を読むことに。
ノベライズ版を担当した久美さんは「丘の上のミッキー」などをコバルト文庫で出された方らしいです。
「毒姫」の本編はコミックで原作者は三原ミツカズさんで、今年無事完結を迎えました。詳しいあらすじなどは最終巻まで読んだらまた改めて。

最終巻を読んでからの方が良いかなーとも思いましたが、届く気配がないので先に読んじゃえ!という事で
本編は2巻まで読んだ状態で読み進めてみました。

うーん、「毒姫」本編のアナザーストーリーといわれたら首を傾げてしまうなー。確かに「毒姫」が生まれるきっかけをつくった(と思われる)人物が登場したりはするんですが、この作品では結局どうして「毒姫」が生まれる事になったのかが語られていないのでたぶん「毒姫」を期待すると肩透かしだと思う。登場人物も直接コミックス本編とはあまり関係なさそうな人物だし、ミトラガイナが舞台なのでグランドルとか名前しか出てこないからね!

原作ファンの方たちの感想を見ると不評なんですが、ひとまず「毒姫」だという事は脇に置いといて別な物語なんだなーという感じで読んでみるとややダークな少女小説という感じで、自分は楽しめました。
ミトラガイナの王家であるカンタレラ家の面々の狂気(たぶん近親婚してる)、あと本編中に結構がっつりなBL表現があり描写もかなり生々しいなーと感じました。自分はBL表現は特に苦手でもない(特に好きって訳でもない)んですが、読んでてoh...という感じになるくらいにはガッツリ。
たぶん駄目な人には地雷でしかないと思うんですが、この生々しさは作品の暗い雰囲気には合っているとは思います。
オピウムと姫の犬ことつめは結局悲恋に終わってしまうのですが、2人にの間に子供が出来たみたいなので彼女自身は幸せだったのかもしてないけどこれが「毒姫」本編に繋がると思うと少し欝。

個人的にオピウムとつめのやり取りをもっと書いて欲しかったなーと思ったり、結局なぜオピウムは「ふれられると死んでしまう姫」(ただ毒姫と対にしたかっただけなのかもですが)だったのかとか少し物足りないところもあったけど面白かったと思います。ただ人を選ぶ作品だとは思います。本当に好みの問題。
雰囲気が少し古い感じがするので、昔の少女小説的なノリで読んでみるのも良いかも(たぶん)

というかこれ「毒姫」の前日談という感じではなく、普通に「水晶の檻」として出して実は世界観は毒姫と同じなんですよー的な感じで行けば良かったんじゃ

Posted on 00:27 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

ワンド オブ フォーチュン -すべての色を纏う者- /秋永真琴  

ワンド オブ フォーチュン -すべての色を纏う者- (ビーズログ文庫)ワンド オブ フォーチュン -すべての色を纏う者- (ビーズログ文庫)
(2012/12/15)
秋永真琴

商品詳細を見る

名門ミルス・クレア魔法院に転校したきたルル。魔法使いに本来あるべき『属性』のない彼女は、期限内に『属性』を見つけないと魔力を封印されてしまう!!そんな彼女の魔法に興味を示すユリウスをはじめ、仲間たちに励まされながら(?)必死に勉強するルルだったが、ある日、謎の“闇”が出現するという噂を聞く!仲間を巻き込み事件解決に乗り出すが…それはルルの未来にも関わる事件となり!?


お、これは良いノベライズ・・・!
普段あんまりノベライズは購入しないのですが、表紙&挿絵の担当が原画の薄葉カゲローさんだった事と今回ノベライズを担当されている作家さんのデビュー作が好きだったので手に取ってみました。

やっぱりゲーム本編を1冊の本にまとめているの物なので、内容は少し薄くて物足りないかなーという感じかな。
でもゲームの雰囲気そのままノベライズされてるし、それぞれちゃんと攻略キャラクターたちの見せ場があったのが良かったですね。あとピンポイントに挿絵が入ってたのも◎でした、結構イラストも多めだったのではないかと。ページの都合上、エドガーやシンシアは登場してこなかったのは少し残念。
自分的に興奮したユリウスのセリフに「、」が無くて、笑ってしまったw

全属性ED(若干ユリウス寄り・・・?)なのでそのまま2に行くのもよし、これを機にワンド無印をプレーしてみるのも良いと思います。
ワンド入門編としてとてもオススメですよ~。

Posted on 12:20 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。