ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状 /村山 早紀  

コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2010/01)
村山 早紀

商品詳細を見る

大事な探しものがある人だけがたどり着ける、不思議なコンビニたそがれ堂。ミステリアスな店長が笑顔で迎えるのは、大好きな友だちに会いたいと願う10歳のさゆき、あるきっかけからひきこもりになってしまった17歳の真衣、学生時代の恋をふと思い出した作家の薫子…そこで彼女たちが見つけるものとは?ほのかに懐かしくて限りなくあたたかい4編を収録したシリーズ第2弾、文庫書き下ろしで登場。


それにしても、おでんが美味しそう。

今回は「さよなら」がテーマになってて、読んでて切なかったです。
もっと生きたかったけど自分は死んでしまった、それでも相手の幸せを祈り続ける姿に感動しました。
あと大切な人を失ってしまって辛いけど、相手の思いを受け取って前に歩き出し姿も良かったなぁ。

自分的に「魔法の振り子」が一番好きかな。大人の純愛という感じがして。
死んでしまったけど、傍にいるよ。というのにうるっとしました。

切ないけど、最後には前向き頑張ろうと思えるような1冊でした。面白かった!
スポンサーサイト

Posted on 18:07 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/86-32df0c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター