ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

12月のまとめ  

*「金星特急(7)」の感想に拍手頂いてます!ありがとうございました。

12月はゲームコンプする事に集中してたので7冊しか読んでナカッター!
今月は読書メインで頑張りたいです。




今月はこの3冊。

氷室さんの短編集は少し統一感が無かったけど読み応えばっちりで面白かった!ワンドはとても良いノベライズだったな!と。少し内容が薄く感じたのが少し残念。原画の薄葉さんがイラストを担当されてるのも良かったです。ワンド入門編としてオススメな1冊!金星はついに完結。

今年は少女小説だけではなく、他のジャンルもどんどん読んでみたいです。
あと積み本にはくれぐれも気を付けよう・・。


さて、追記から読書メーターのまとめ
2012年12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2334ページ
ナイス数:34ナイス

金星特急 (7) (ウィングス文庫)金星特急 (7) (ウィングス文庫)感想
最後のさいごまでどんな展開になるかドキドキさせられました!本当に読み進めてしまうのが勿体なく感じた。 切ない初恋の話だったけど、きっとみんなそれぞれ幸せを見つける事が出来たんだと思いたい。本編は完結してしまったけど、まだ展開もあるようなので楽しいです。素晴らしい物語をありがとうございました!
読了日:12月31日 著者:嬉野 君
ワンド オブ フォーチュン -すべての色を纏う者- (ビーズログ文庫)ワンド オブ フォーチュン -すべての色を纏う者- (ビーズログ文庫)感想
お、これは良いノベライズ! ちょっと急ぎ足だったけど、ゲームの雰囲気そのままノベライズされてて良かったです。あと表紙と挿絵が原画の薄葉カゲローさんが担当されてるのもポイントが高い・・・! ワンド入門編として、とてもオススメです。
読了日:12月21日 著者:秋永真琴
独創短編シリーズ 野﨑まど劇場 (電撃文庫)独創短編シリーズ 野﨑まど劇場 (電撃文庫)感想
こんな自由なラノベみたことないw1つ、1つの話が短いので収録数の割にはサラっと読めたのが良かったです。この作者さんの世界観は独特で、どの話もそれぞれ違った雰囲気のお話で面白かった! 自分的には、『土の声』、『バスジャック』、『魔王』、『デザインベイベ』、『奇烈、ラーメン戦争』、『TP対称性の乱れ』、『おりがみパーク』がお気に入りです。
読了日:12月18日 著者:野崎まど
月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)感想
すこし文章に時代を感じたけど、何年たっても面白い物は面白いんだなーと。表題の『月の輝く夜に』は切ない大人の物語という感じで、またジャパネスクやざ・ちぇんじ!とはまた違った雰囲気で良かったです。 色々な雰囲気の作品が収録されてて、とてもボリューミーな短編集でした。
読了日:12月14日 著者:氷室 冴子
精霊王の契約者 ~騎士と乙女の恋愛狂想曲~ (ルルル文庫)精霊王の契約者 ~騎士と乙女の恋愛狂想曲~ (ルルル文庫)感想
安定の安心設計なのでゆったり読めました。この作者さんのヒロインが大好きで、今回のカルラも良い子だなーと思いました。もっとレオンがカルラに惹かれる過程がもっとじっくり書いて欲しかったなぁーと。ずっと幸せに暮らしました的な終わり方だったので良かったと思います。 次の新作も楽しみ。
読了日:12月9日 著者:宇津田 晴
幽霊伯爵の花嫁 -彷徨う少女と踊る髑髏の秘密- (ルルル文庫)幽霊伯爵の花嫁 -彷徨う少女と踊る髑髏の秘密- (ルルル文庫)感想
安定の嫁。物語の謎だった部分が明かされた感じでした。自分的にリオンの正体が結構意外だったり。次で最終巻みたいなので、どんな結末になるのか楽しみ。
読了日:12月9日 著者:宮野 美嘉
暁は闇に恋をする (ビーズログ文庫)暁は闇に恋をする (ビーズログ文庫)感想
個人的にはヤンデレではない。あと結構「封石師」のシステムとかがリアル。フィーネとアレスの、バカップルっぷりが面白かったです。
読了日:12月9日 著者:瑞山いつき

読書メーター

スポンサーサイト

Posted on 12:15 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/76-ecff13c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター