ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portableプレー感想  

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)
(2011/10/13)
Sony PSP

商品詳細を見る

【物語】
2010年、秋。

都内にある私立学校「秋霖学園」(しゅうりんがくえん)の初等部に通う、小学6年生の主人公――九楼撫子(くろうなでしこ)。
幼馴染の理一郎と共に比較的穏やかな学生生活を過ごしていたが、一時期から彼女は毎日のように不思議な夢を見るようになる。
――それは暗く陰鬱な、赤と青に彩られた黒い空が覆う荒廃した世界の夢だった。

そんなある日、撫子と理一郎は新任教師・神賀旭(かがあきら)に呼び出される。
同じく教室に呼び出されたのは、他のクラスで問題児と噂される生徒や下級生を含め、計6名。
そこで先生が告げたのは「問題児である君たちに、課題を与えます」という言葉だった。

即席の仲間達と共に、先生に与えられた「課題」をこなさなければならないことになったメンバー。
四苦八苦しながらも充実した学校生活を送る裏で、徐々に【現実】を侵食していく謎の数々。

そして、それらに翻弄される撫子の前に現れたのは、【夢の世界】で会ったはずの人物だった。


どこか見覚えのある面影の「彼」との出会いによって、運命の歯車は廻りだす――。



CZはPS2版もプレー済み。移植版が出るという事で、改めて限定版を買いました。
自分の中のトップ3に入るくらい大好きな作品です。
CZメンバーがわいわいしてるのを見ると思わずブワッ(´;ω;`)となる。


下から、かーるくプレー感想↓ 一様、ネタバレ注意 



初プレーではないので点数はなしという事で。
自分の中では名作。発売してから大分たつけど未だに大好きなんだよなぁー。

小学生が主人公で攻略キャラ達もまさかのみんな小学生!という設定が当時、かなり物珍しく感じました。いざプレーしてみるとみんな可愛げがなく基本的に大人っぽい子ばかりなので、あんま小学生っぽくは感じませんけども。

今回は、理一郎→終夜→寅之助→円→鷹斗の順に攻略していきました。それぞれ残留ED→帰還EDとプレーしています。自分的に帰還の方が正規EDな感じがするので
自分的には、りったんスタート(中立というかどっちつかず)→有心会サイド→政府サイドはという感じに攻略していくのがキレイに話が進んでいくのではないかなーと。政府サイドは真相に近い話になるので最後の方に回した方が楽しめるような気がします。鷹斗は真相ルート的な物なので最後の締めに持って来て欲しい(というか新説ばりのルート制限をかけなかったのかー)
今回はりったんのツンデレ、円に至っては撫子とカップルで萌えてしまった・・・。なんという喧嘩ップル
改めてプレーしてみると前とは違うところに萌えたりして、なんか新鮮。

PSP版に移植にあたって結構、追加要素がありました。
スペシャル課題(トラも課題に参加出来る)、課題の答え入力が2周目以降は選択になるのは有難かった!無印版は白目向きながら「ペスカトーレ」って入力してたもんねー。選択肢の中に変な答え(「わかるわけがない」「先生、理不尽です!」)が混じってたのが面白かった。あとはスペシャル課題、エンド後の後日談、レインルート、CZメンバーでタイムカプセルを掘り返すエピローグが追加されててかなりボリューミーでしたね。レインルートが追加された事によって彼が何を考えて行動していたのかがさらに詳しく触れられてたのが良かった。個人的にエピローグでの撫子の手紙の内容、エピローグ→OPムービーが流れるという演出にやられた!OPをあえて流したのは「彼らの物語はこれからも続く」という事かな。
追加要素としてはガッツリしてた方だと思うけど、自分的にはシナリオに対して新規書き下ろしスチルが少なかったのが少し残念かな。

CZは大体がどちらかの世界を捨て、誰かの犠牲の上で成り立っている上での幸せなので完全なハッピーエンドではないかもしれないけど、撫子に誰よりも幸せに生きて欲しい。この世界の自分とは結ばれなかったけど元の世界の自分と結ばれて幸せになって欲しいという思いにぐっとくるんだよなぁ・・・・。
物語の黒幕である(本当の黒幕はレインかもしれないけど)鷹斗もただ撫子と一緒に生きたかっただけなんだよな。その小さな願いさえも叶えられず大事な物を理不尽に奪われた結果、世界を壊してしまい鷹斗自身時間を止めてしまった訳だけど。あと終夜は撫子が壊れた世界の事を忘れても、1人でずっとその事を忘れずに覚え続けるというのも何か物哀しいな・・・。終夜は壊れた世界の終夜と=なので他のキャラと少し立ち位置が違うんですよね


限定版には書き下ろし小冊子(CZメンバーで同窓会の話etc、SDキャラの書き下ろしが結構多い)ドラマCDは(収録時間は30分以上)シリアス路線のこんな時間軸もあったかもね、な話でした。自分的にはかなり満足な内容だったな。


と言う事で、やっぱりCZは大好きな作品だなーと改めて思いました。面白かった!
スポンサーサイト

Posted on 11:03 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/75-13f0b8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター