ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

2012年ベストオブイヤー(乙女ゲーム編)+まとめ  

絶対年内中にまとめ的な物は書けないわーと思ってたら、意外と行けそうなので書いちゃおう、そうしよう。
ラノベ編はさすがに来年に後回し。
この時期になるとどのブログさんもまとめ記事を書かれてて、それを読むのが何気に好きだったりします。自分は結構プレーするブランドが偏っているので他のブロガーさんの記事をみて色々参考にさせて頂いてるし。中には年間20本以上フルコンプされてる方とかいてスゲー!って思ったり。



さすがにこれで今年これで記事を書くのは最後だと思うので、ごあいさつを・・・。
このブログは今年の6月から初めたので、12月で半年を迎えました。
あまりまめに記事を書くわけではないかつ、後から読み返してみると首をかしげたくなる記事が多いのにブログに遊びに来て下さっている方が居てうれしいです。特にランキングに登録とかしてないので(検索よけとかもしてませんが)どうやったら辿りつくんだろうと思いつつ、やっぱり嬉しかったりします。ありがとうございます。
来年も自分のペースでだらだらゲーム+ラノベの感想を書きなぐっていきたいたいと思ってます。
飽きっぽい自分ですが来年もブログ続けて行けたらいいなーと。


で、本題。
自分的に今年はかなりゲームをプレーしたなーと。数えてみたら今年は11本フルコンプ達成しました。たぶんほぼ下半期にコンプしたのではないかと。
自分、ゲーム買う→積む→満足→なんでこれ買ったんだろ(笑)→売る(以降、無限ループ)という悪癖があるので、購入数の割には・・・・って事が多いんですが今年は新作は割とすぐ開封してプレーしたのが良かったのかも。
あと(あくまで個人的に)基本的にレビュー待ちで予約買いをあまりしなくなった事と、やっぱり複数買いをしなくなったのも大きいですね。あと店舗特典も特に興味はないのでアマゾンで購入することが多くなりました。グッツ類にも基本手を出さない事にしましたし。


今年プレーしたゲームは↓
(たぶん)プレー順に並べてます
・死神と少女
・うたの☆プリンスさま♪Amazing Aria
・AMNESIA LATER
・十鬼の絆
・L.G.S ~新説 封神演義~
・白華の檻 ~緋色の欠片4~
・十三支演義~偃月三国伝~
・BLACK WOLVES SAGA -Bloody Nightmare-
・蝶の毒 華の鎖~幻想夜話~
・BLACK WOLVES SAGA -Last Hope-
・CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable

BWSLHとCZは本当に年末ギリギリまで掛かりました・・・・。この2作品の感想は年末改めて
自分的に乙女ゲームをプレーしてて思ったのは、少しずつシナリオを含めてクォリティーが上がってるなーと。あまりクソゲーと言うのを見かけなくなった感じ。あとジャンルが色々増えて来たし、どんどん新しい事を初めて欲しいなと。乙女ゲームの市場も広がってきてるし。
今年は(オトメイト系)シナリオ量(多くて)パネェという感じでした。長過ぎて途中ダレてしまうのが少し難点でしたが、やり応えはありました。オトメイトはよくシナリオが短い!と一時期、言われてたので成長を感じました(笑)

この中で今年の3本を選ぶとしたらこんな感じ





2012年発売だけなのにしようかな、と思いましたがさほどプレー数も多い訳ではないのでウチのブログは新旧ごちゃまぜでお送りします(ただし初プレーに限る)。基本18禁はプレーしないのでコンシューマー作品のみです。
「死神と少女」は初TAKUYOゲーでした。自分のTAKUYO=ギャグというイメージを覆された作品。とにかく世界観、ストーリー、演出がすばらしかった・・・!最後のさいごまでプレーしなければ物語の真相が分からないという演出がとても良いです。1つの物語として完成してたと思う作品。本好きの方にぜひプレーして頂きたい。
「白華の檻」は緋色の欠片の新シリーズで泣きゲーで評判のDとライターコンビだったので、期待大の作品。
主人公も含め自分の罪に向き合って運命に抗う姿がとても感動した作品でした。あと主人公を含めどのキャラクターも魅力的。個人的には初代よりも好きです。そしてバットエンッ・・・!が忘れられないw
「BLACK WOLVES SAGA 」はシリーズでノミネートです。えー、Rejetでしょーと嫌煙してたんですが日参ブログさんの感想を読んで気になり手に取ってみた作品。正直こんなにハマるとは思わなかった。乙女ゲーだから結構(残酷描写が)ぬるいんでしょーとナメテかかったら、(ブランド側から)アッパーを(EDでの精神攻撃など)食らった作品でもあります(笑)とにかく世界観、キャラ、音楽がすばらしい。あとBADEDの容赦のなさがもGJ・・・!シナリオのボリュームが少し薄いのが残念ですがそのぶんインパクトが大なので面白かったです。個人的にフィオナほど可哀そうな主人公は見たことない。プレーするならBNとLH両方ともプレーして頂きたい。2つで1つの作品だと思うので。
こうして改めて振り返ってみると、自分は重たい雰囲気で微糖な作品が好きなんだなぁと。

他には十三はキャラ萌えが凄かったし、蝶毒FDはまさかのBADED後の話でテンションが上がったのと、GOODED後でも幸せさけではなくそれぞれの苦悩や黒い部分が描かれてたりしてとても蝶毒らしいFDでした。CZはPS2版もプレーしたのでノミネートから除外しましたが不動の1作でもあります。

個人的には今年はだいたい買ったゲームは楽しめたので豊作の年だったのではないかと。来年も色々なゲームをプレー出来たら良いな~。あきらかオトメイトばかりプレーしてるので、もう少し違うブランドもプレーしてみたいですね。
来年もあんまりゲームを積み過ぎないように気を付けたいと思います。荒ぶらないで落ち着こう。


という感じでしようか。結構長くなりましたねぇ
それでは良いお年を~


スポンサーサイト

Posted on 18:04 [edit]

category: ゆく年くる年

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/71-86a96785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター