ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

独創短編シリーズ 野﨑まど劇場/野﨑まど  

独創短編シリーズ 野﨑まど劇場 (電撃文庫)独創短編シリーズ 野﨑まど劇場 (電撃文庫)
(2012/11/09)
野崎まど

商品詳細を見る


「電撃文庫MAGAZINE」で好評連載中のユニークすぎる短編が文庫化。死体を探しに行く検死官、対局にペットを連れてくるプロ棋士、勇者を何とかしたい魔王、若頭、サンダーファルコン、ビームサーベル、ライオン、うげげげと喋る牛、電撃文庫の妖精等、変態的(?)な登場人物たちが繰り広げる抱腹絶倒の物語の数々。


日参させて頂いてるサイトで紹介されているのをみて興味を持ち、手にとってみました。
こんな自由なラノベはみたことないw(誉めてます)
裏表紙のところをみたら、あらすじではなく「裏表師」という短編だったのには笑いましたw(というか、あとがきも遊んでましたしね)

ボツ作品を含め、かなりの数の作品が収録されているのですが1つ、1つが短い為かサクッと読めました。この作者さんの世界観は独特で、どの話もそれぞれ違った雰囲気のお話で面白かった!
ひたすらシュールな話なのも多いのですが、最後のさいごで結構「あれ?バットエンドか・・・?」というのもあったので普段は、良い青春物からの最後は・・・・的な作風の方なのでしようか。
自分的には、『土の声』、『バスジャック』、『魔王』、『デザインベイベ』(りぼんネタがツボ)、『奇烈、ラーメン戦争』(一番好き。声出して笑った)、『TP対称性の乱れ』、『おりがみパーク』(まさかのカバー裏w美脚後鳥羽院)がお気に入りです。


この作者さんは普段メディアワーク文庫で活躍されている方なんですね。この短編集も面白かったし、 野﨑まど作品を色々読み漁ってみようと思います。
スポンサーサイト

Posted on 17:17 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/67-39a8ad30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。