ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! /氷室 冴子  

月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)
(2012/08/31)
氷室 冴子

商品詳細を見る

十七歳の貴志子は、親子ほどに歳が違う恋人の有実から、彼の娘の晃子を預かってほしいと頼まれた。晃子は十五歳。気が進まなかった貴志子だが…?表題作『月の輝く夜に』のほか、同じく文庫未収録作品『少女小説家を殺せ!』『クララ白書番外編 お姉さまたちの日々』を収録。そして文庫・単行本で134万部を記録した不朽の名作『ざ・ちぇんじ!』上下巻を併せた、氷室冴子ファン必読の一冊。


ちょっと文章に時代を感じたけど(冗談はよしのすけ!とか 笑)、面白い物は何年たっても面白いんだなぁ。
収録されてる作品の初出は自分の生まれる前に発売されてるんだから、すごいよねーと。

表題の『月の輝く夜に』は意外と短いお話で、ジャパネスクとざ・ちぇんじ!とはまた違った大人の雰囲気の作品という感じででした。誰の思いも報われないんだけど、それがまた切なくて印象深かったです。
『ざ・ちぇんじ!』は月の~とはまた違った明るい雰囲気で面白かったです!最後の綺羅姉妹のざ・ちぇんじ!っぷりはお見事!となりました。綺羅姉妹に振り回された(?)帝や宰相中将はちょっと可哀そうだったけど、まぁ最後はそれぞれキレイにまとまったので良いかw

他にも『少女小説家を殺せ!』(彩子センセーが強烈w)『クララ白書番外編 お姉さまたちの日々』(女学校の裏の権力者とか面白いんだけど!やっぱり女子高物は好きだなー)が収録されていて、とてもボリューミーで読み応えがある短編集でした。
自分的にクララ白書が面白かったので、読んでみたいなーと思ったら絶版かつプレミア価格ェ・・・・
これを機に昔の名作を新装版で出しませんかね、コバルトさん(チラッ
スポンサーサイト

Posted on 18:17 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/66-89afeaaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。