FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

十三歳の誕生日、皇后になりました。2/石田 リンネ  



ちょうどいいから、で赤奏国の皇帝・暁月の皇后となった十三歳の莉杏。暁月との仲は、“かくれんぼ”をして遊ぶおままごと夫婦のままだ。それでも『皇后』らしく、後宮で起きたもう一つの冠の謎や、新たな妃候補との対決を経て日々成長していく。そんななか、暁月が白楼国の皇帝に呼び出された!!莉杏は暁月の不在を政敵の目から隠すことになり!?


赤奏国治安話、悪かったんだ・・・!(そうだった)
普段、年相応で陛下大好きな13歳の女の子な莉杏だけどいざとなったら普段の遊びを活かして皇后よりの流れにしたり暁月が助けに来るまで2人だけがわかる隠れんぼをして敵から隠れるとか賢いだけじゃないのは莉杏ですよ。あと守られるだけでなく暁月の皇后としてあろうとする姿が格好良いです。そんな莉杏だからこそ皇后として期待しちゃうんだろうな。
あと自分が思っている以上に莉杏が可愛くてしょうがないと思うな(ニヤニヤ)
本編で暁月が白楼国でやりたい放題してきたそうなので(白楼国の皇帝の命っぽそうだったけど)ひとまず本編を読むのが良さそうですね。
スポンサーサイト



Posted on 20:57 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/637-80a14d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター