FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

蟲愛づる姫君の蜜月/宮野美嘉  

(今まで使っていたamazletが気付いたらサービス終了に・・・・ショック)


国王とその妃の、奇妙すぎる夫婦関係とは?
恐ろしい毒蟲たちと、それらが生み出す蠱毒をこよなく愛する変わり者の姫君・李玲琳と、その夫にして魁国の国王・楊鍠牙。若く美しく文武両道のパーフェクトキングのくせに、過去の諸々の経験ゆえにとことん不幸体質な鍠牙は、いつか妻に殺されることを夢見ているし、玲琳の夫の扱いときたら蟲以下だ。周囲から見れば奇妙すぎる夫婦だし、実は本当の意味ではまだ夫婦になっていないのだが、どうやらそこに愛はちゃんとあるらしい。
さて、大国・斎から玲琳が嫁いできて、はや八ヶ月が過ぎた。もともと小柄ながらそれなりに背も伸びて、少女から女性になり始めた玲琳と、鍠牙の夫婦関係が先に進むことを周囲の者たちは期待するが、肝心の国王夫婦にはまるでその気がないらしい。中でも気を揉むのは、斎国時代から玲琳に長年仕えてきた侍女の葉歌だ。彼女はある日、玲琳に「国王とずっと仲良くいられる毒」なるものを飲ませ、その翌日、忽然と姿を消してしまった。玲琳はいなくなった葉歌を探すため、蠱師として彼女を「呪う」ことにするが……。
大人気! 中華ファンタジー史上最高に奇妙な国王夫婦の物語、第3弾!



一番まともなのが玲琳な気がする。旦那様は安定のメンヘラだからお留守番も出来ないの(語弊がある)
ただ蠱毒の力が失われた事と、何より葉歌が消えた事は無自覚に不安に感じてたと思った。
今回蠱毒の里の事や、そこのに存在する森羅(葉歌)という暗殺者の事、そして今回の本当の黒幕である玲琳の母の仕掛けを打ち破ったので物語に一区切りついたかな。好きなシリーズなので続いて欲しいなぁ。
ラストの短編では玲琳の母と皇帝の馴れ初め話が。皇帝は自分が暗愚である事そして彩蘭を後継にしたいけど母親の身分が低く息子たちが邪魔だから殺して欲しい、そして母は近親婚のし過ぎで短命な事に気づいてのそして皇帝の血を入れれば良い子供ができる・・・・と、利害の一致だったんだなぁーと。短いながらも意外性があって面白かった。
スポンサーサイト



Posted on 22:02 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/633-143f4398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター