FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王/古宮 九時  

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王 (DENGEKI)
古宮 九時
KADOKAWA (2019-01-17)
売り上げランキング: 108,718


「俺の望みはお前を妻にして、子を産んでもらうことだ」「受け付けられません!」永い時を生き、絶大な力で災厄を呼ぶ異端―魔女。強国ファルサスの王太子・オスカーは、幼い頃に受けた『子孫を残せない呪い』を解呪するため、世界最強と名高い魔女・ティナーシャのもとを訪れる。“魔女の塔”の試練を乗り越えて契約者となったオスカーだが、彼が望んだのはティナーシャを妻として迎えることで…。


読みたい!と思っていた熱烈なファンも多いシリーズついに書籍化という事で、わーいと手を出したら読み応えがたっぷりでした笑(Babelの一巻だけ読んだ事あるんですが、シリーズに読み終わったら読み直したいと思います)

魔女と王という事でシリアスな展開なんだろうか・・・・と思ったら、もはや夫婦か!とツッコみたくなる様な夫婦漫才からの夫婦漫才。ただ賑やかな雰囲気の中で人間を突き放した部分があったり、彼女自身一年だけという契約以上城にとどまる気もなさそうで、どこかいつかオスカーに自分を終わらされたいような願望が感じて不安を感じました。長く魔女として生きることになった過去に何があったのか気になりますね。あとオスカーの母親とか

個人的に最初は気に入っているからそばに置いているって感じだったけど、ふとした瞬間に執着や恋に落ちた感じがとても自然で良かったと思いました。なかなかガードが硬いぞ、頑張れオスカー。

まだ序章という感じですが、これは「名もなき物語」これらの一年の出来事が歴史には残らず読み手にしか残らない。魔女の終わりの物語、続きが気になります(ひとまず2巻ポチりました・・・・)
スポンサーサイト



Posted on 22:30 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/631-01dfa2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター