FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

皇妃エリザベートのしくじり人生やりなおし/江本 マシメサ  

読むまで謎だったんですが、挿絵がなくて残念。
二見サラ文庫初めてだったんですがライト文芸っぽいですね・・・?(他のラインナップはわからないけど)

皇妃エリザベートのしくじり人生やりなおし (二見サラ文庫)
江本 マシメサ
二見書房
売り上げランキング: 29,656

二回目の人生は、絶対に幸せになってみせる。

陛下との結婚が不幸の始まり!?
皇帝陛下は未練たらたらだよ、シシィ

暗殺者の凶刃に倒れ六十年の生涯を閉じたオーストリア皇妃エリザベート。
ところが、一回目の人生の記憶そのままに、六歳の少女時代へ逆戻り!?
二度と不幸な人生は歩みたくないと、運命の分岐点だったフランツ・ヨーゼフとの出会いを回避し、見初められることのないようガリ勉少女に変貌を遂げるのだが…。
転生エリザベートと堅物皇帝フランツ・ヨーゼフの二度目の出会いと恋を描く、甘く瑞々しい歴史ファンタジー。


わたしはこの物語を読むまで、シシィはサラエボ事件で暗殺されたと思ってたがあれ「オーストリア皇太子と妻の暗殺事件」だったもんね、エリザベートは皇妃ですもんね(無知)暗殺はされたもの60歳と割と長く生きていた様で(当時としたら)こんなんだけど、東京にハプスブルグ展を観に行ってます(恥)
わたしも人生やり直して〜〜となった

皇帝がエリザベートに一目惚れして〜というドラマチックな馴れ初めだったけど、自由な気風なバイエルン家と絶対君主制を掲げている堅く苦しいハプスブルク家に嫁ぐというのは(自由気ままに育てられてた様だし)明らかにしくじり人生ましぐらだなと思った。
ハプスブルク家の終焉を見届けて、6歳に巻き戻ってからのシシィは皇帝と結婚(ひとまず出会う)のを絶対回避・・・・・!!!!!という感じなんだけど、これどうやっても出会っちゃうし恋しちゃう感じでもはやそこは回避不可能(運命)なんだろうな。今回はお互いを知り、シシィも賢いのでどんどん最悪の事態を回避して行くのがどんどんハッピーエンドに近づいって2度目は幸せの結末だったのだろうなぁと思える終わり方で良かった。2回目で幸せになれたって事は1回目でも幸せになれたかもしれない、お互いに向き合ってたら、もっと民衆に向き合ってたら歴史は違ってたかもしれませんね。
余談ですが、ゾフィー様については「帝冠の恋」(須賀しのぶさん)を読んでるのであまり悪いイメージがないのですよ。
それにしてもあまーそうだったけど、オーストリアスイーツ(カフェ)美味しそうで行ってみたいわ〜〜(ヨーロッパ自体行ってみたい、というか海外に行ってry)
スポンサーサイト



Posted on 13:49 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/628-95da4f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター