FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

蟲愛づる姫君の婚姻/宮野 美嘉  

(お久しぶりです・・・(小声)気づいたら2ヶ月も更新していなかったんですね・・・なんとか色々あったような、なかったよな・・・・という感じなので近いうちにちょっとした近況でも書きたいなぁと。一時期は本(特に活字)が読めない状況が続いて(読む気力がなく)たのですが、徐々に読めるようになってきてるのでブログの更新もぼちぼち復活していきたいと思ってるのでまたよろしくお願いしますね〜

蟲愛づる姫君の婚姻 (小学館文庫キャラブン!)
宮野 美嘉
小学館 (2019-06-06)
売り上げランキング: 220,596

変わり者の姫の結婚相手は隣国の国王で!?

この世には〈蠱毒(こどく)〉というものがある。壺に百の毒蟲(どくむし)を入れて互いに殺し合わせ、最後に生き残った一匹が猛毒を持つ〈蟲〉となるのだ。それを古来〈蠱術〉といい、操る術者を〈蠱師〉という。
大陸でもっとも強大な斎帝国の第十七皇女・李玲琳は、気味の悪い蟲(むし)と、その蟲から生成される蠱毒をこよなく愛し、周囲からひそかに「毒の姫」とあだ名される風変わりな姫だ。ある日、最愛の姉である斎国の女帝・彩蘭の指示で魁国の王・楊鍠牙のもとへ嫁ぐ。ところが、結婚生活は前途多難。
まず、せっかく大国から迎えた若く美しい花嫁が、華やかな衣裳やきらめく宝石よりも蟲が大好きで蠱毒をつくりまくる蠱師だと判明してしまい、魁国の者たちはドン引き。鍠牙の命が何者かに狙われている――という噂が立つと、毒殺犯の容疑をかけられた彩蘭の立場はますます危ういものになって……。
運命は自分で切り開く。最強毒姫の冒険!


キャラブンから出てるけど、内容はとてもルルル文庫だ・・・!(感激!)宮野さん愛読してた方にはとてもオススメですので、読んで(絶対好きだから)毒のある少女小説という感じでとても面白かったです(久しぶりにブログでステマしなきゃ!!と思わせてくれた)

大国である斎の第十七皇女である玲琳は毒や蠱(壺に虫を入れて共食いをさせてラスト1匹までにするやつ)を操る蠱師で皇女らしからぬ人物なのだけど、同時に薬師でもあり蠱術の知識で冷静に物事を冷静に判断出来るし、自分が蠱師である事に誇りを持って芯がブレないので変人な様で(毒のある人間にしか興味ない故)一番真っ当な気がした。あと蠱病の患者を救えなかった事を自分の力不足のせいだと悔やむ
玲琳の最愛の姉である斎の女帝である彩蘭は人を駒としか見れず(玲琳の蠱を使って、先帝や王位継承者であった兄たちを暗殺して皇帝の座に継いた)幼少期のトラウマで心も体も毒に犯されていて嘘を吐くのが得意な夫であり魁国の皇帝である鍠牙、そして今回の黒幕である皇帝の母である皇太后夕蓮(玲琳とはお友達だった)は自分が一番大好きで自分の退屈しのぎの為なら、自ら蠱病になる事も後宮に疫病を流行らせ(楽しいから)息子やお友達を自分の快楽の為なら毒を混ぜて殺してしまう事も厭わない毒婦だし、そんな母親に幼少期お茶に毒混ぜられてそれに気づき仲の良かった同母の弟のコップ取り替えたらそれが原因で弟が死んでしまうとか(ただ毒入りのコップと取り替えるのに躊躇はなかった)トラウマオブトラウマ。見事に毒のある人物にしか寄って来ないのだけど(本人も毒のある人にしか興味がないから・・・)玲琳の女官である葉歌が(間諜兼護衛だけど)普通じゃないのに幸せな結婚に憧れてるちぐはぐな部分もあるけど、常識人だしね。姉で女帝である彩蘭も実は玲琳が可愛くてしょうがない・・!くて鍠牙に嫉妬して葉歌に魁での暮らしを根掘り葉掘り聞き出してたのは、おねーちゃん可愛いなとなったw

愛し愛される関係ではないけれど、ヒーローにとって自分に罹った蠱病の症状を唯一緩和してくれる存在だし精神安定剤の役割もあるから、一方的な依存という感じで大変好みでした(俺より先に死ぬなら、自分の手で殺した方が良い的な。望むならこの国もくれてやるらしい)
ヒロイン15歳でヒーロー25歳で10歳差なのだけど(子供にしか見えなくて、あまり手を出す気にはならないらしい)玲琳が精神的に大人びているというか、物事を冷静に判断する性格のでいであまり年の差という感じはしなかったかな(ヒーローも一部子供のままで止まってる部分もあるから、なおさら)
綺麗に終わってるのだけど、シリーズ化されたら嬉しいです。
スポンサーサイト



Posted on 22:56 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/623-7a2badf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター