FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

弱音と停滞(近況)+6〜8月読書メーターまとめ  

やっと少し浮上出来ました・・・お久しぶりです。タイトル、停電してます(=体調崩してます)にしようと思いましたが台風の影響を連想させるかなぁと思い使うのを控えました。そして自分語りというか卑屈かつ弱音吐きまくりなので、嫌な方はスルーしてください。追記からは普通に読書メーターまとめです。
あくまで読書感想ブログですので、あまり自分語りはしない様にしてるのですが・・・今回だけはここに吐き出させてもらいました。あと少し前にブログ記事の方も結構整理したりして(主に日記的なのとか)乙女ゲー系の記事もかなりウッ(自分のノリがキツい笑)となったので笑、思い切ってさよならしました。結構、昔は乙女ゲーブロガー色も強かった様でゲーム雑誌の感想や今月買うゲーム(当時、黄金期だったのもありますが月に少なくても3本は買ってて引いた笑)などをまとめていてかなりこまめに更新してたみたいですね〜この期に、ブログの方も少々いじったり(プロフとか)、あとはブログ村からも退会しました。もちろん少しでも手に取ってもらえるきっかけになればと思い書いているけど、まぁブログを観てくれる人が少なくても構いません。わたしの読んだ、観た作品がほんの少しでも通り掛った人の目に止まったら嬉しいのだけど。乙女ゲームにも帰りたくなってきたので、また感想などを唐突に上げるかもしれません。

5月後半からずっとメンタルの調子を崩していまして、一時休職してたりして(といっても7月後半からお盆の入りぐらいまでしか休めませんでしたが)現状あまり解決出来てないのでなかなかままならない感じです、、、まぁシフトを減らしてなんとか働けてはいるんですが=稼げないので不安しかないです、なんとか仕事こなすのが精一杯なのだけど、キツくても仕事量を元に戻さなければ・・・という感じです、実家に置いて貰ってはいるけど、生きるって本当にお金がかかりますよね(暗)地元には合うところがなく、病院も離れたところに(札幌)通い始めたので負担も大きいですし。あと自分に金使いたいじゃん???
体調を崩してからは好きを摂取する余裕がなく、読書が(時間はあるのに)出来なくなってただ悲しいです。元々他の趣味と仕事が忙しくなかなか読書(活字)に時間が避けなくなってたんですが、読んでもすぐ疲れて結局1冊読みきれない、途中で読むのやめて積み直すの繰り返しだったので今思うと体からのサインだったのかな・・・?と少し思ったり(思えば、過食だったり、毎日酒を呑むのをやめれなかったりしてましたしねー(今はむしろ呑めないし、美味しく感じなくなった笑))何でもこじ付けて理由づけするのは良くないけれど、日々の忙しさや疲れや、仕事や遊び(と友人関係)で生じるストレスに目をそらしていたのですが色々疲れてしまいました。自分なりに仕事も趣味も全力でやってたので。まぁ元々、自己肯定が出来ないし、神経質でメンタルが弱小なのでどこかで通る道だったのかも、そしてそんな自分と一生付き合わなければならないです、きっと。
今も体と心がちぐはぐで(twitterでフォローしているマンガ家さんが使ってた表現で、自分の中に住んでいる小さな私が苦しい、辛いと泣いています。でも今の私には慰める力はありません)正直、しんどいです。でもこの状態を周りに理解して欲しいとは思ってはいないし(そもそも人間は完全に他人を理解出来ないと思う、みんな違う人間だから)辛いのは自分だけじゃないですしね・・・(生きるって大変)

休職中、調子も悪く無気力でボケーとしてたのですが唯一出来たのは「観ること」でした。配信サイトで本当に色々観ましたね、比較的今もアニメなどを観てる事が多いです(今まで配信サイトは利用して来なかったのだけど、好きなペースで見れるのは自分にあってるなぁと配信数が多い(少しだけど2.5次元も配信している)dアニメを利用していく事にしました。BS11で観れるんだけど、マイテレビではないのでスマフォとかで観れる方が好きな時に見れて◎だし、アニメ鑑賞が捗りそう。)色々観た中で「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という素晴らしい作品を観るきっかけにもなり、外伝も札幌まで観に行ってきました、とても良かった(原作も来年公開予定の劇場版までには読みたいところ)あと調子の良い時には、映画を観に行ったりしたのでアニメと併せて感想を書きたいな。
あとはお友達に進められたTRUMPシリーズ(舞台、ミュージカルで展開している。原作は刀ステ脚本の末満さん)にどハマりして一気に円盤揃えて「マリーゴルド」(今出てる中で一番新しい)まで観て絶望な結末に、す、好き(ただし辛い)となってます、最新作の「COCOON」も11月に円盤が出るので楽しみです(とても良かったみたいなので)TRUMPシリーズはその内ステマ記事を上げたい。
あとはお友達のご厚意で「舞台 幽☆遊☆白書」も観劇する事が出来たり(アニメを暗黒武術編手前まで履修していったのですが、すごく面白い(爆笑)な舞台で最高でした)観劇の前に東京を案内してもらったり本当に楽しい遠征でした、帰りの日も飛行機が最終だったのでかなりのんびり東京(ジブリ、刀剣cafe)に滞在してきました。あとは2日ほど前ですが「レ・ミレラブル」札幌公演を観劇してきて、東宝ミュージカルに衝撃を受けてきました(生オーケストラすごい)ただフランス文学原作という事もあり、時代背景を全く勉強してなかったりストーリーとか前情報を全く履修して行かなかったのでやや内容が難しくストーリーに置いてかれてしまいちょっと悔しさが残りました(その事をtwitterで呟いたら、読みやすそうな原作をオススメして下さった方がいたのでその内チャレンジしてみようかなと!)
年末に、今年観に行ったミュージカルや舞台の感想も上げたいなぁ。


と、読んだら具合悪くなるのでは??とぐらい書いてしまいましたが、本題の最近面白かった本たち
読めてもコミックという事が多いので、3ヶ月間の間に活字は2冊・・・1冊読むのにとても時間がかかってしまう、こんなんじゃなかったのに、読書好きなのにとただ虚無感を感じてます。
読み進めたいシリーズや作品はいっぱいあるのに気力がなくて読めない・・・(もちろん読みたくて買った積み本たちも)ただただ悲しいです。
戦うみみちゃんと不条理な世界薬屋のひとりごと 5巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)蟲愛づる姫君の婚姻 (小学館文庫キャラブン!)
戦うみみちゃんは、悩んでる部分とかが似ていて自己肯定が出来ない自分を勇気づけてくれたコミックエッセイ(twitterで掲載されています)作中の好きな言葉は「私の人生という舞台で私は永遠のヒロインだわ!!」マジで外野(それが親でも)は引っ込んでな!って事ですな。
薬屋のひとりごとは、原作をめっちゃ亀ペースで読んでるのだけど何気なしに手にとってみたら評判通り良いコミカライズだ!原作を丁寧にコミカライズ化されていて(猫猫の壬氏への塩対応表情がたまらんし、こんな展開だったよね〜と再読の役割にもなってくれるぐらい丁寧)原作も早く読み進めなければ!的なモチベーションにさせてくれます(アニメ化ワンチャンありそう)最近のコミカライズは本当に質が高い。
蟲愛づる姫君は、もうルルル文庫だから!宮野さん好きなら読んで!以上!久しぶりにブログに感想記事上げたい!と思えた作品。

なかなか読書ペースは戻せないけれど、少しずつ感想を上げれる様になるのが目標。まずは毎月の読書メーターまとめはちゃんとあげよう。
思ったより長くなってしまいました、ここまで読んでくれた方がいましたら、話を聞いてくれてありがとうね。
これからもネットの片隅で好きを発信していき続けたいと思ってますので(あと自称、少女小説応援し隊なので)、当ブログをよろしくして頂けると嬉しい限りです。

平子

追記より、3ヶ月分の読書メーターまとめです(BLは今は読むエネルギーはないのでお休みです。嫌いになったとかではなく、普通に新刊を買ってるし読みたくなる時まで今は積んでいます)
6月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:352
ナイス数:63

幼女戦記 (2) (角川コミックス・エース)幼女戦記 (2) (角川コミックス・エース)感想
割と薄めなのに情報量が多くて頭がパンパンにやる笑 描写も生々しくて戦場のエグさが伝わってくる。ターニャちゃんがチート過ぎるだけで、セレブリャコーフ伍長もかなりガッツがあると思うのでこれからも頑張って(生き残って)貰いたい。周りからは愛国心があり(と思われてる笑)上官として尊敬されてるけど、彼女の異質さにレルゲン少佐だけ気がついて危険視してるのでこれからどう横槍いれてくるのかなぁと。3巻からはターニャちゃんのキャンパスライフ☆編が始まるよ!(?)
読了日:06月30日 著者:東條 チカ
鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)感想
友人が激推ししてる作品だったのでひとまず1巻だけ手を出してみた。家族思いな炭治郎のささやかな幸せか一瞬で壊されて絶望しかなかった…唯一生き残ったけれど、鬼となってしまった禰豆子を生かし炭治郎自身は鬼殺隊を目指し、妹を人間に戻し家族の仇を取るになったけどそれは彼らにとって最良の選択になるのかどうか…周りは厳しいけど優しさ故にだし、死んでしまった家族も見守っていてくれてるのが寂しいけど優しい気持ちになった。辛い運命が待ち受けているだろうけど、試練を乗り越えて欲しい。あとカバー裏が切ない…!じゃないか!
読了日:06月29日 著者:吾峠 呼世晴

読書メーター


7月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:916
ナイス数:51

薬屋のひとりごと(3) (ビッグガンガンコミックス)薬屋のひとりごと(3) (ビッグガンガンコミックス)感想
猫猫、伝手を(金ヅル)使って実家に里帰り(なので壬氏の影が薄かったし、いじけてて可愛かったw)久しぶりの実家なのに花街故にゴタゴタに巻き込まれてたけど、妓女というか女はしたたかで恐いわぁ…。
後宮に帰ったら、今度は高官急死事件に巻き込まれてひと息つくまもなく真相解明に奔走させられてお疲れ様やで…となった。
読了日:07月31日 著者:日向夏,ねこクラゲ
薬屋のひとりごと(2) (ビッグガンガンコミックス)薬屋のひとりごと(2) (ビッグガンガンコミックス)感想
後宮が舞台だから、衣装が華やかで良いなぁ。
面白かったので、まとめて買ってしまった2巻目。本人やる気ないのに段々と後宮で重宝されてるし、人脈(何だかんだで人が良いし)出来ちゃってる猫猫。そして猫猫構ってる壬氏めっちゃ楽しそう。猫猫のゲスい表情がとても良い感じに描かれていてすごく良いなぁ。毒味で毒を食べてうっかり素でうっとりして妖艶な表情をしてましまうのが、らしくて面白かった笑
読了日:07月31日 著者:日向夏,ねこクラゲ
薬屋のひとりごと(1) (ビッグガンガンコミックス)薬屋のひとりごと(1) (ビッグガンガンコミックス)感想
原作も読んでるけど(2巻まで笑)、これは評判通り良いコミカライズだな!また新鮮な気持ちが読めたし、ライトな推理物という感じで綺麗にまとめられてるしとても読みやすい。壬氏のドヤ顔と猫猫の塩対応(と毛虫を見るような視線)が漫画でも健在で面白かったです。
読了日:07月31日 著者:日向夏,ねこクラゲ
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 2 (フロース コミック)復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 2 (フロース コミック)感想
もはや復讐心0パーセント…!白猫姿のルリが竜王の膝の上で惰眠をむさぼって、もふもふされる話で癒された。陛下がルリが白猫じゃなくて、気になったプラチナブロンドの娘だと知ったらどうなるのかな??ふわふわした世界観だけど、人間の国ナダーシャの現状は酷いもので巫女のあさひを旗頭にして勝ち目のない戦争を竜王国と引き起こそうとしていてやや展開もシリアスになってきた。ナダーシャまで行って彼女を説得して戦争を回避しようとするルリはやっぱりお人好しですごく優しい子なんだなぁと。
読了日:07月30日 著者:あき
愛蔵版 フルーツバスケット 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)愛蔵版 フルーツバスケット 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
学生時代友達にかりて最終巻まで読んだけど、大好きな作品なので愛蔵版は自分で少しずつ集める事にしました。透くんはお母さんの愛情たっぷりに育っていて、彼女の中にお母さんが生き続けるている感じがしてとても素敵。透くんは天然な普通の女の子なんだけど、相手に優しさや思いやりを与えて無意識に周りを救っていて、周りもそんな透くんが大好きなのが読んでて嬉しくなる。この時点では、ゆきくんと夾くんとの三関係っぽいよね(オチは知ってるので)少しずつ草間家の闇の部分が出てきて不穏だけど、透くんなら大丈夫!
読了日:07月06日 著者:高屋奈月

読書メーター


8月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:2171
ナイス数:151

薬屋のひとりごと(5) (ビッグガンガンコミックス)薬屋のひとりごと(5) (ビッグガンガンコミックス)感想
新章という事で、新たに壬氏の下女として外廷で働き始めた猫猫。宮女に目を付けられつつも、あの性格なのでマイペースに働きつつも(依頼されたり、好奇心で)たまに謎解きをしながら過ごしていて平和だった…(変人軍人がアップしてきたので不穏な感じだが)表情が豊かで、猫猫の壬氏への塩対応と表情が読んでて楽しいコミカライズで原作も読みすすめなければ…!となる。
読了日:08月31日 著者:日向夏,ねこクラゲ
ヤクザの大親分が幼女に生まれ変わった話(1) (ガンガンコミックスpixiv)ヤクザの大親分が幼女に生まれ変わった話(1) (ガンガンコミックスpixiv)感想
twitterで見かけて気に入っていた作品で(ガッツリ更新は追いかけてはなかったですが…)、書籍化されて嬉しかったです。
幼女だけど、中身はヤクザのお親分で…という感じで紫ちゃん(親父)が年相応に振る舞おうと努力する姿が、読んでて涙ぐましい…笑 あとヤクザなんだけど、転生しようが人情味ある人柄で紫になっても東雲と東野が慕い付き従うのに納得(下っ端の国光も誰かの転生者??)敵対組織である黒瀧組、組長も幼女に転生してて色々引っかき回してきたけど(ただし小物感パナい笑)、これからも絡んでくるのかな??
読了日:08月31日 著者:アメノ
幼女戦記 (3) (角川コミックス・エース)幼女戦記 (3) (角川コミックス・エース)感想
ターニャちゃん、後方のエリートコースを狙ってしかないのに、お偉い様たちには誇り高い帝国軍人として全線で戦いたいという崇高な思考を持っていると思われてて、ちゃんと師団を与えられ全線配置されて、なんでこうなった。ターニャちゃんは勝ち続けてるけど、帝国は敗戦に向かっているのですね。後世の記者のエピソードを読んで気づいた。こんな幼女を戦闘に投入しなきゃいけないって事は、なりふり構ってられない事体だろうし(そもそも使える人材を後方に配属する訳がないか)
読了日:08月17日 著者:東條 チカ
さよならローズガーデン 1 (BLADE COMICS pixiv)さよならローズガーデン 1 (BLADE COMICS pixiv)感想
表紙のアリス様だいぶ幼く見えて、最初中身と人物が一致しなかった。華子の真っ直ぐさは捻くれ者のわたしには少しストレスに感じてしまった。自分を見出して自らのメイドにしてくれた主人に抱くのは親愛それとも…?ヴィクトリア調の華やかな時代で綺麗なドレスに、華麗なる貴族世界なので読んでてワクワクするのだけど階級や伝統が物を言いうイギリスでは、女性が好きな事も含めアリス嬢には生きづらいだろうな…心だけは自由でいて欲しいけど、家に縛られているし婚約者は少々加害妄想が激しいみたいで不穏だ…
読了日:08月17日 著者:毒田ペパ子
戦うみみちゃんと不条理な世界戦うみみちゃんと不条理な世界感想
アカウントをtwitterでもフォローしてるけど、みみちゃんの友人に対するスタンス(肯定してあげたい、色々喜んで欲しくてプレゼントとかしちゃう、見返りが欲しい訳じゃないけいけど、嫌わないでね)とかがわたしと同じですごく共感してしまった(要は友人に対して重い)わたしはわたし、あなたはあなた、自分の心は自分だけのものだから他人触らせはいけない、わたしもこの不条理な世界で戦って行こうと思えた一冊。読んでよかった!
読了日:08月15日 著者:うさぎのみみちゃん
ゴールデンカムイ 4 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 4 (ヤングジャンプコミックス)感想
癖のある猟師だったけど、二瓶本人にしたらオオカミと命懸けでやり合って悔いのない終わり方だったんだろうなぁ。
久しぶりにコタンライフを楽しんでて(アシリパさん、オソマにハマ(味噌)ってるしw)和んだけど、白石が二重スパイやる事になっててヤバイんじゃない??ってなってる。鶴見中尉の野望は弱者の生活を向上させる為であり、死んだ戦友たちへの餞でもあるという考えを知って見方が変わった。土方さんは小樽で年甲斐もなくヤンチャしまくりだったけど、愛刀である和泉守兼定を取り戻した時はテンション上がった…!
読了日:08月15日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 3 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 3 (ヤングジャンプコミックス)感想
白石と手を組んで第七師団を出し抜いて、なんとか杉元を助け出したアシリパたち。杉元は動物たちを殺すのには躊躇するけど、人間に対しては容赦ないから(殺さないと、ヤラれるが)その差が恐い。杉元とアシリパさんも和解して、オソマ(味噌)の美味しさに気付けて良かった笑 あとナマモノ系(脳みそ)は和人には癖が強いんだろうなぁ…
変な猟師(入れ墨あり)はレタラを狙ってくるし、土方たちも始動し始めていて金塊争奪戦は既にカオス状態…
読了日:08月14日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
杉元さん、ちょいちょいノットヒンナで笑う(生の脳みそ等)
そしてアシリパさんの味噌(オソマ)へのどん引きにも笑ってしまう。そしてフチに知らぬ内に、アシリパさん託されてるじゃん??(アイヌ語わからないから、雰囲気で了承してるし…)アイヌの風習とかすごく勉強になるんだけど、第七師団に目を付けられたせいで色々酷い事になってるし、あと自然て恩恵も多いけど本当に脅威。第七師団に捕らえられた杉元がまた暴れだしたので(?)早くアシリパさんに、回収されて欲しい。
読了日:08月12日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)感想
最新刊まで揃ったので、1巻を再読。
杉元の生の執着と人を殺す事の躊躇のなさは、ちょっと異質でアシリパさん一緒に行動して大丈夫??ってなってる。あと戦死した幼馴染に嫁(初恋の相手)の事を託されたけど、そこまで必死になって金塊探し出して一攫千金狙う必要あるのかなーと思わなくもなかった。
結構残酷な方法で人がサクッと殺され描写が生々しいけど、掛け合いとかがコミカルなので(あとアシリパさんの顔芸のおかげ)比較的に読みやすい。あとリスのつみれ汁は美味しそう。
読了日:08月12日 著者:野田 サトル
蟲愛づる姫君の婚姻 (小学館文庫キャラブン!)蟲愛づる姫君の婚姻 (小学館文庫キャラブン!)感想
これぞ宮野作品!という感じで、毒のある作品でとても面白かった…!ヒロインの玲琳は変わり者だけど、人を駒にしかみれない姉である女帝や病んで心が毒に侵されてしまっている夫であり皇帝であるヒーロー鍠牙、悪意なく毒を撒き散らす義母に比べると、蠱師である事に誇りを持って考え方もブレないから一番真っ当な気がした(あまり物事に興味がないだけで)
愛し愛される関係ではなく、一方的な依存という感じで大変好みの内容でした。
読了日:08月12日 著者:宮野 美嘉
薬屋のひとりごと 3 (ヒーロー文庫)薬屋のひとりごと 3 (ヒーロー文庫)感想
虫好きというまた癖の強い子翠という女官が登場してきたけど、なんか裏がありそう…玉葉妃と梨花妃が懐妊したので、また後宮の勢力図が変わりそうだな(新たな妃、桜蘭妃はまだ登場してないので、傲慢らしいぐらいしかわからない)皇太后である安氏にスポットがあたり、先帝時代の彼女の野心が今の地位を気づいたんだと思うと女って強いなぁと思った。壬氏は宦官ではない事が彼自身より明かされたけど、猫猫のスルースキルがハンパなかった。壬氏はやっぱり取り替えっこじゃなく、同母の皇弟であるで良いのだろうか…
読了日:08月07日 著者:日向夏
薬屋のひとりごと(4) (ビッグガンガンコミックス)薬屋のひとりごと(4) (ビッグガンガンコミックス)感想
表紙の猫猫、華やかなで素敵…!華やかにみえるけど身分が高いほど、しがらみが多くて生きづらそう…阿多妃は色々抱えてるけど、それを周りには悟られないように潔く生きている姿は凛としいて女性として格好良いなぁと。そして阿多妃と里樹妃の親子のような絆に泣けた。花街に戻された猫猫を私財で身請けしてしまう壬氏のその心は??(本人には貴重な虫笑)ここで原作1巻目終了だったらしく、丁寧なコミカライズだし内容を振り返れるのでとても満足。
読了日:08月02日 著者:日向夏,ねこクラゲ

読書メーター
スポンサーサイト



Posted on 19:21 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/622-26fe9167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター