ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

十三支演義~偃月三国伝~プレー感想  

十三支演義~偃月三国伝~(通常版)十三支演義~偃月三国伝~(通常版)
(2012/05/24)
Sony PSP

商品詳細を見る


【物語】
時は後漢末。
王朝に逆らう賊軍『黄巾賊』出現により、大陸全土に
争いの炎は広がっていった。
幽州の山奥に暮らす人外の者にも、その火種は飛ぶ。
人とは異なる姿をした心穏やかな種族『猫族』は、人目を
忍び暮らしていた。猫族の少女・関羽もその一人だった。
しかしある出会いが彼女の運命を狂わせる。黄巾賊討伐軍の
将・曹操が、猫族の秀でた能力に目を付けたのだ。
曹操との出会いは、猫族、そして関羽を乱世の渦に
巻き込んでいく。
時は動乱の世、猫族、人間、大陸に生きる全ての者の運命が
今廻り始める――



下から、かーるくプレー感想↓ 一様、ネタバレ注意 




☆総評8.2点
(10点満点中)

ストーリー原案や音楽面で有名なクリエーターを起用した事で、発売前から雑誌でプッシュされてたような気がする(曖昧)この作品。あと中の人たちが異常に豪華です。サブキャラに普段なら間違えなく攻略キャラを担当されてる方が居たりしますw
ひとまず当時の自分は「ネコミミ三国志・・・・(笑)」という感じで様子見していたんですが、レビューを見てるみると評判が良い+ヤンデレがいるぞー!という事でポチッ。自分はオトメイト厨(自称)なんですが基本DFラインのゲームしかプレーしなかったりします(笑)にわかファンw
あんまり「三国志」に詳しくない自分ですが、それでも「あれ・・・?三国志?」と思っちゃうほどオリジナル要素が強い作品だと思います。明らか三国ないし、(たぶん)有名な赤壁の戦いより前が舞台になってたり、有名な諸葛孔明が出てこなかったり、やっぱり劉備、関羽たちがネコミミだからかな。たぶん恋戦記の方が三国志っぽいかもしれない(プレーした事ないけど)

今回の主人公関羽は戦える主人公で、ルートによってムラがあるものの乙女ゲームでトップクラスな強さではないかと。特に癖のある方では無いと思いましたが、(猫族全体に言えること)ありえないぐらいお人よしな事と劉備主義なのが少し気になりました。ほぼ全ルートで誰かに騙されて利用されるだもの、かんうー
デフォの「関羽」でプレーすると名前を呼んでもらえます。かんうー

でこのゲーム、シナリオがとても多いです。共通もそこそこ長いんですが、個別ルートに入るとさらに長いのでダレる、ダレる。共通に入っても序盤のシナリオが全く同じったりするので、個別に入ると既読スキップが使えないので強制スキップを使ったりしました。スチルコンプする為にはBADENDも回収する必要もあるし、シーンスキップ機能付けとけよ、と。回想が付いてなかったり、ちょっとした工夫のつもりだったのか介入システムやタイミング、桃園システムの鳥の操作し辛らさといい、システムお前は駄目だという感じ。従来のオトメイトシステムより悪いわこれーと思ったら、開発はREDなのね。
あとはスチルの差分が少なかったのが残念でした。OP(少しアニメのOPみたいだった)であんなに動いてたのに本編ではあれっ?という感じでした。スチルはそれぞれ綺麗だったので差分がもっと有ったらなぁ。あと背景がしょぼいw使いまわし過ぎだよね
あと音楽がすごく良いのに何故「音楽鑑賞」の項目が無いのか!
と不満もあるんですが、ルートにそれぞれ違うテーマがあって周回しても飽きなかったです。あとサブタイトルにある「偃月」がどのルートにもちゃんと物語の要素になってるのが良かった。
BADEND(というか悲恋END?)もそれぞれしっかり書かれてるのが良かったです。スチル付だし。ちょっと悲恋もイイヨネとか思ったり(若干2人ほどBADでブイブイしてしまうキャラもいるけどw)。
あとネコミミですが、ただアクセントで付けてみましたーという感じでは無く、ちゃんとした理由があったり、某ルートでは猫族の事が明かされたりなど、物語には必要な要素だったと思います。


今回自分は
曹操→劉備→趙雲→張飛→夏侯惇→張遼
という感じでプレーしました。メインキャラは居るけど、特に真相ルート的な物が無いし攻略制限も無いので、自分の気持ちの赴くままプレーしてかまわないと思います。ただ趙雲BAD→某特別ENDの流れはオススメしないですが(A,もれなく鬱)
あと、ちゃんとサブキャラにもルートが用意されたりしました完全無欠ぅー

このゲーム、乙女ゲームでの主要なテンプレキャラをひとまず入れてみたからね!と言う感じでキャラ萌がパネェ。久しぶりにこんなパンチの効いた(うたプリ以来かも)キャラゲーに出会いました。
ヤンデレ、ショタ(石田ボイスだよ!)ルートではヤンデレ化、爽やか好青年、年下系、ツンデレ、無邪気狂気系(?)ざっとこんな感じ。あとサブキャラにもヤンデレも突っ込んでくるんだから、ヤンデレ好きはホイホイされること間違えない。ひさしぶりに見事な執着系ヤンデレを見れたので大満足。あとはじめてこんな嫌みのない好青年をみたよ!最萌ではないけど、趙雲がかっこいいのはしょうがない。だって趙雲だからね、という感じwどのルートでも猫族の味方(いつの間にか、大体一緒に行動してる)


と、いう感じでかなり楽しめた作品となりました。
ぜひともFD!という感じですが、今原画さんと音楽担当の方はノルン製作中だし、まだまだ(出るとしたら)先かな。
スポンサーサイト

Posted on 14:30 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/62-d045398c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター