FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

2月読書メーターまとめ  

もう3月なんですけど〜〜〜2月が短過ぎてるんじゃーーー!!

2月といえば、久しぶりに少女小説を応援しようなエントリー「コバルト文庫を読もう」を書いたりしました。それなりに時間がかかったので、拍手などとても嬉しかったです。まぁ色々力尽きたので2月はあのエントリーしか書いてませんが笑あとついでに過去書いた「少女小説のオススメシリーズ」とか見直してみたんだけど、見事に完結したシリーズばかりで笑ってしまった。おこぼれとか、仮嫁、シンデレラ伯爵、恋と悪魔と、とかちょっと順調に巻数が出てるシリーズ的に推してて、無事どれも完結しましたよ〜なんて思ったり(ちなみに4年前でぎりルルルもあったようだ)


今月の面白かったのはこの3冊(一冊イラスト集)
6冊となかなか今月も読めなかったなぁ。個人的にトワネットちゃんの日記だお☆感じだった「マリー・アントワネットの日記」がインパクトがあって良かった。近いうち下巻も読んで、感想書きたい。糸森さんは安定のエモさだったし、マツオさんのイラスト集はレトロなんだけど(ノスタルジックっていうのだろうか?)どこか新しい感じでとても素敵だった!ちなみに二年連続で部屋のカレンダーはマツオさんだったり。


今月はいよいよ三百年の子守唄(刀ミュ)の凱旋公演を観に東京まで遠征して来ます。
0泊2日という史上最強に弾丸なのが心配ですが、ラブフェス以外で生の公演を観るのは初めてなのでとても楽しみ。石切丸にねんころりされて来ますね(?)

追記より、読書メーターまとめです(BLもあるよ)
2月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1102
ナイス数:78

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)感想
元・旦那さまの他人の振りめっちゃ雑で笑った(お狐さまなのに笑)あと天神さまの口調がちょっとアホっぽくて、普段の白月とのギャップがたまらん。あの世とこの世の狭間にある横丁に思い出せないけど見覚えのある物(元の世界の物)が売っていて違和感を覚える・・・というのがとても不可思議な感じがして読んでてワクワクした。元の世界や過去を捨てる事になっても白月の側に居続ける事を選んで自分の初恋に向き合った雪緒が、どうあのお狐様を傅かせるのかに(だいぶ強烈な執着してるけど)とても期待しています。
読了日:02月28日 著者:糸森 環
紅霞後宮物語 第九幕 (富士見L文庫)紅霞後宮物語 第九幕 (富士見L文庫)感想
新章開幕という事で、鴻が立太子され梅花が居なくなった後宮は一気に御しづらいものとなったけど、絶対的な味方である紅燕と真桂がとても有難いなと思った。皇后派が少なくなりつつある中で、この2人も色々考えて、妃嬪としての役割を見つめ直したのかな、と。そして皇子の1人は実は生かされてて、肉親の愛情を得てた事に気づいたというのに少し救われました。
読了日:02月21日 著者:雪村花菜
百貨店ワルツ (リュエルコミックス)百貨店ワルツ (リュエルコミックス)感想
すごくイラストが艶やかで目が楽しい!大正モダンな世界観なのだけど、イラストの着こなしとかむしろ今風でおしゃれで素敵〜!!1冊にひとつの物語があってイラスト集以上の満足感!買って良かったし、他の作品も読みたいなと思った。
読了日:02月17日 著者:マツオ ヒロミ
ヴァンパイア騎士 memories 4 (花とゆめCOMICS)ヴァンパイア騎士 memories 4 (花とゆめCOMICS)感想
やっと優姫と零の気持ちに折り合いがついて(十分唯一無二な関係なんだけど)、恋ちゃんが生まれると・・・。でもそれを見届けたように退場してしまった灰閻ちゃんこと理事長はやっぱりどこか不思議な存在だったなぁ。シスコン爆発な愛ちゃんみたいだけど、恋ちゃんも少し危険そうだな??
読了日:02月16日 著者:樋野まつり
マリー・アントワネットの日記 Rose (新潮文庫nex)マリー・アントワネットの日記 Rose (新潮文庫nex)感想
草wとか、顔文字とかネット用語多用でめっちゃ王太子妃おま俺状態でとても親しみが持てたし、トワネット視点で語れるんだけどとても内容がわかりやすい!
お道元が過ぎて確実にフランス王妃に向いてないのだけど、彼女なりに見知らぬ土地で愛されようと役割を全うしようとしてるだけにいいように立場を利用されてフランス王室に失望しされる彼女の姿がやるせないです。そしてルイ15世陛下の崩御からのBlueへ続く・・・・
読了日:02月13日 著者:吉川 トリコ
人は獣の恋を知らない (ソーニャ文庫)人は獣の恋を知らない (ソーニャ文庫)感想
姫様の怪我、ヒーロ的には誤算だったのか(故意かと思った)。どこか欠落していて、姫様と彼女の兄王に異様に執着している歪んだヒーローだったけど、姫様の幸せと健やな事を全力で守ってくれるので飼いならされた獣という感じで全然安心だった(ヒロインを壊しにこないので)。むしろ姫様のヒーローの負の部分(暗殺業)を笑顔で受けて止めて、易々と獣の手綱を握ってしまうところに相手への執着と狂気を感じた。
読了日:02月06日 著者:栢野すばる

読書メーター


BLコミックは2冊読みました。
秋山くんの新刊が久しぶりに読めて嬉しかった、あと冥花さんの新シリーズも良い感じに厨二でエモい。
BLコミックももう少し読みたいところ!(BLコミックはそんなストックもないんだけど・・・買わないぞ!)
平子の本棚(裏) - 2019年02月 (2作品)
秋山くん3 (マーブルコミックス)

Kyrie #1-呪われた蛇- (EDGE COMIX)

powered by Booklog
スポンサーサイト



Posted on 15:00 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/618-3808fa91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター