FC2ブログ

ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

なんちゃってシンデレラ 王国騒乱編 お伽話のつづき、はじめました。1 /汐邑 雛  

なかなか読書が捗らない・・・あと仕事が繁忙期みたいな物ですごい疲れてしんどい(蒸し暑いし)
集中も続かないので、最近はチマチマ進めるアプリゲー(FGOアイナナ)進めてます。



元お菓子職人、和泉麻耶(33歳)の記憶を持つアルティリエは、国王となった夫・ナディルとまるで新婚のような甘~い夫婦生活を送っていた。そんななか、アルティリエの生誕祭が開かれることとなり、二人と血縁関係のあるリーフィッド公国の世継ぎレスタークもやってくる。とある目的のために来訪した彼は、15歳の王妃アルティリエを懐柔しようとし!?



新章突入おめでとうございます!ここからは新規書き下ろしだったはずなので、とても嬉しいです。

正式に即位しても相変わらず相思相愛でほっこり。氷の国王と呼ばれているナディル陛下なのに、幼妻にはベタ甘でニヤニヤしてしまいます(しかもエルゼヴェルト公爵に張り合って贈り物合戦をしてるとか草)確かにナディルの腕の中守られているのだけど関係は対等なのがとても良いなと思います。あとルティアも王妃らしく凛としてきてとても素敵です。常にナディルの王妃であろうとしてるし、実家の義兄(まぁほぼ他人みたいな感じですが)をガッツリ叱ったのは威厳を感じられたエピソードだったな。

二人の血縁者であるリーフィッド公子は確かに頭の良いお馬鹿さんという感じだったけど(エルゼヴェルト国王夫妻がだいぶチートだし)国のためならプライドを捨てれるし、性格も素直なのでなんか憎めなかったです。無事に(?)ルティアの騎士になったので今後の活躍に期待。しかしダーディニア王家とエルゼヴェルトの家系図が複雑で混乱する(カバー裏に載ってますが)

王妃領となったリーフィッド公国を巡って帝国と戦争になりそうな状況で、エルゼヴェルト公爵が誘拐され・・
解決の為に、王妃であるルティアが自分の生家である公爵領に向かう事に。独断での行動なので、計画がナディルにバレた時が恐いですね・・・続きも楽しみです。
スポンサーサイト

Posted on 08:22 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/604-1c2ece62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター