FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 /はるおか りの   



後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)
はるおか りの
集英社 (2018-06-01)
売り上げランキング: 66,311


冷遇されていた皇子、高垂峰は悲願の玉座にのぼった。しかし実際には太上皇の傀儡で、名ばかり皇帝に甘んじる日々。競って媚びを売る後宮の美女たちにも全く興味を持てずにいた。風変わりな妃嬪・危夕麗を知るまでは。吉祥文様を愛する生き生きとした勝気な瞳に、垂峰はなぜか目を奪われてしまう。哀しき亡霊たちが彷徨う絢爛豪華な宮中で、恋を信じられない二人はやがて互いに惹かれ合い!?


このシリーズも9巻だそうで(初代カップルは亡くなってますしね)

崇成帝の子世代になってから短命な皇帝が続いたようで(前巻の皇帝カップルの結末がしんどい・・・青艶姐さん)母親が父帝に疎まれていた為に不遇だったのと、彼自身もあまり素行が良くない垂峰が皇帝に。
彼自身やっと望んだ皇位を得て腐敗を一新してやると思ったら、父である太上皇の力は衰えずただの傀儡に甘んずるしかなくて歯がゆい・・という感じなんですが、この王朝も終焉が近いんでしたね。
そして後宮を持つゆえに、一人だけを愛せないというのが辛いですよね。過ぎる寵愛は毒にもなりそうだし。

今回の寵妃となる夕麗も変わり種(吉兆文様を見るために皇帝の厠に登ったり、魔除けで虎の鉢巻き頭に巻いたり)だったんですが、元々寵愛を受けようとは思ってなかったので媚びないで勝気な態度だったのがとても好感が持てました(後宮で生きる者としてわきまえているし)そして皇帝に恋をしてしまい、無理だとわかっていてもわたしだけを愛して欲しいと苦しむ姿が切なかったです。あとは、あれだ初恋の相手はただのクズだったって気づけて良かったと思う(恋って盲目というしな)

相変わらず、後宮は相変わらずドロドロしていて気を抜けば妃嬪の身分が剥奪されるのでジリジリ感がヤバかったです。
今回は夕麗の妹分が自分の想像とは違うベクトルで壊れててひえッ!となりました。彼女の暗躍で力を持っていた皇后と貴妃は退場となったのですが、寵妃の夕麗は後宮でどうなったのだろう。今の段階で皇子も数人いるみたいだし・・・
垂峰自身は、夕麗には公主を産んで欲しいみたいですが(後宮のゴタゴタに巻き込まれずに済むから)

ということで、読了後もなかなか良かったね!とならないこのシリーズ。
次は時代を遡るみたいで、過去が舞台なのは初めてなので楽しみです。
スポンサーサイト



Posted on 20:46 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/603-13dfcfea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター