ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と水の王様/三川 みり  

シュガーアップル・フェアリーテイル    銀砂糖師と水の王様 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と水の王様 (角川ビーンズ文庫)
(2012/09/29)
三川 みり

商品詳細を見る

「アン。責任を放棄する者に、銀砂糖師と名乗る資格はない」寿命が訪れ、消えかけている湖水の妖精ミスリル。彼を救うため、銀砂糖師アンはシャルと一緒に瀕死の状態から甦った妖精ラファルを探すことを決意する。そのため、一時的に銀砂糖妖精の仕事から離れたいとアンはヒューに願い出るが、許されない。銀砂糖師としての責任を問われ、アンは王家勲章を返上することになって!?


サブタイトルが本編にピッタリだよなぁー。
それぞれを思いやる姿にじーん
今回から新章突入です。

あらすじにも書かれていた、アンの銀砂糖師の資格うんぬんについては意外とあっさり解決した印象。
確かにこれ以上、銀砂糖師の事で壁にぶち当たるのはアンが可哀想か・・・。

今回はシャルの兄弟石のラファエル、エリルも登場でした。
エリルはアン達の影響を受けて人間と歩み寄る道を選んで欲しい物です。ラファエルにも変わっていって欲しいと思うけど、どうでしょうか(最後の行動とか見るとね)

今回はシリアスな雰囲気の中、ミスリルのおとぼけ具合が良い味を出してました。「そうか、やっぱり。・・・俺様は妖精王なのか」のくだりは、自分も思わず「・・・・は?(笑)」
あと戴冠のシーンはこの作品の名シーンだと思う。

最後のさいごやっと希望が見えたと思ったら、まさかの展開に。一瞬、最終巻かと(笑)
自分的にさいごは、アン、シャル、ミスリルと3人で幸せに暮らしましたENDを希望しているので、次の巻でのシャルの働きに期待。さて続きはどうなるのかな
スポンサーサイト

Posted on 21:44 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/60-22af6cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター