FC2ブログ

ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

一華後宮料理帖 第四品 /三川 みり   



一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)
三川 みり
KADOKAWA (2017-07-01)
売り上げランキング: 190,294

互いへの想いを封じた理美と朱西。さらに皇帝・祥飛に「皇后になって欲しい」と言われ、理美は落ち着かない毎日を過ごしていた。そんなある日、元気がない五龍のため、神気に満ちた旧都・氾因に滞在することに。そこで見つけた鏡をきっかけに、奇妙な現象が起こり始める。臥せってしまった祥飛に料理を作りながら、原因を調べだした理美は、朱西の秘密を知ってしまい…!?大切な居場所を守るため、決断の時が迫る第4弾!!



珠ちゃんちょっと精神的に疲れてアンニュイの為、神気に満ちた旧都・氾因に滞在することに。
そこで怨霊事件に巻き込まれて、皇帝はどんどん衰弱し臥せりそして朱西も死の呪いを受けてしまいます。封印出来るのは理美だけで、その糸口を探す過程で怨霊となってしまったとある皇帝の妃だった麗春の封じた恋心や徳妃を守る為にワザとに嫌われるように仕向けた伯礼の思いを知り、そして麗春を通して自分に料理を饗して自分の恋心を昇華し前に進もうとする理美がとてもらしいな、と。そして恋した相手を守る為に恋心を封印して、それでもわたしは不幸ではないというのが尊いです(運命が切ないだけ、というのが悲しいけど)そして皇后となる決意をした理美の背中をそっと押してくれる四夫人がとても格好良い、素敵!

そして理美から皇后になると告げられ、純粋に余のものだ!一番欲しい物が手に入らないと諦めてた、ショウ飛が純粋に喜んでいる姿にちょっと罪悪感が・・・そして彼自身もきっと自分に恋してる訳ではない、それでもいつか恋してくれるかもしれない、自分に恋する瞳を向ける可能性が出てきただけで嬉しいとかしんどいよ陛下ァ

朱西の出生を知り彼を守る為に皇后になる決意をした理美だったけど、朱西は「俺の一番大切なものを手に入れてしまった」そしてずっとお側にいられませんと逆にトリガーになってしまったようで・・・・さて物語が大きく動き出しそうですね。
スポンサーサイト

Posted on 18:00 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/598-62942414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター