ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

白銀王の日帰り王妃/守野 伊音  



白銀王の日帰り王妃 (角川ビーンズ文庫)
守野 伊音
KADOKAWA (2018-05-01)
売り上げランキング: 32,060


普通の高校生・春野月子には、ひとつだけ普通じゃないことがある。それは幼なじみ・ルスランが、異世界の王様だということ。行き来できないハズだったレミアム王国に飛ばされた日、ノリと勢いと縁談よけのために、ルスランの王妃バイトを日帰りで始めることに。彼に片想い中の月子は、自分の恋心をこじらせちゃったりするのだが、そんな中、レミアムを揺るがす陰謀が動き出し!



淋しき王〜の時も思ったけど、文章のノリが軽いのでシリアスでも重くなり過ぎなくてスラスラ読めてしまう。
今回のメインカップルである、月子とルスランのやり取りもテンポも良いし夫婦漫才のようで癖になりました(笑)
二人とも家族兼、幼馴染兼、友達なのでお互い気を許してるのが良いですよね〜
あと月子の両親のゆるーい感じも面白い(おとんの「夢でシーラカンス釣ったってルスランに伝えておいてね〜」って)

帰れる(日帰り)異世界トリップってなんか新しいなぁとw(しかもめっちゃ割が良くて裏山)
軽いノリでアルバイトで王妃を引き受けることになるけど、月子はルスランにずっと片思いしててやっと彼のいる異世界に行けた!と喜びでバタバタしちゃうのが可愛いなぁと。

月子の前では普通の男子的な感じだけど、実は国では王として恐れられていて・・・そんな彼の一面に気づいていても月子の「わたしはルスランの味方」な姿勢がぶれないところが良いなぁと。誰かにすがられてもルスランの為なら、それすら斬り捨てるとかこのカップルお互いが唯一過ぎる(好き)

ルスランは絶対的強者である協会をブッぶす気しかないし、王妃である月子は月光石だしシリーズ化したら(そもそもWEB発ならすでにシリーズ物か)シリアスな展開になる気しかない・・・好きだけど。
スポンサーサイト

Posted on 19:47 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/595-6d9fc79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター