FC2ブログ

ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました1・2 /永瀬 さらさ  

この手の乙女ゲームに転生して系な話を読むといつも思うんですが、こんなファンタジーでベタベタな乙女ゲーは今ないと思う(笑)強いて言えば、アンジェリークやマイネリーベ(やったことはない)が世界観的に近いのだろうか・・・あとライバルキャラ(悪役令嬢系な)は(プレイヤーにストレスだし)見かけない気もするなー出て来てもヒロイン大好き!を見かける事が多かったかなー(余談でした)



婚約破棄され前世の記憶が甦り、乙女ゲーム世界へ転生したと自覚した令嬢アイリーン。でも前世の記憶は不完全で、破滅フラグが立ったのに、回避方法がわからない。確実なのは、全ての破滅フラグの起点が、ラスボスの魔王クロードだということ。「ではクロード様をわたくしのものにすれば死なないわよね?」かくして魔王の愛を得るために、求婚したり、魔物を助けたり、起業したり…悪役令嬢が狙う、一発逆転ハッピーエンド!?(1巻)


乙女ゲーマー的にも、紫さんが挿絵なのも嬉しいですよね。テンポが良いのでスイスイ読めちゃう気がします。

ポジションは悪役令嬢だけど、素直ではないだけで(しかも高飛車)本当は努力家かつ仲間思いなアイリーンが周りに誤解され過ぎて辛かったけど、本当の仲間内にはちゃんと慕われてて(だって婚約者には手酷く振られるし)安心しました。
こっ酷く振られても、自分の死亡フラグを回避の為に前を突き進むぐらい強い子なのだけどでも婚約解消の事件はトラウマになっててしまっていてセドリック許すまじ・・・!全力で魔王を振り回して、死亡フラグをぶち壊していってラストはリリア陣営に倍返しスッキリしたのですが、恋愛面では魔王に翻弄されているのにニヤニヤ。ゲームの記憶が不完全なので若干手探りで読んでてハラハラしますが、シナリオを捻じ曲げて(?)自らオリジナルルートを作ってしまうアイリーン様が素敵!

2巻ではまさかの続編に突入で、魔王に隠れてミーシャ学園に乗り込むアイリーンですが生徒会に(のちにメンバーが下僕になる)入ったりとバリバリ目立っていて潜入とは・・・?となりました。相変わらずの行動力なアイリーンだけど、その裏では私は役に立てるから捨てないでの裏返しとか辛い。そして魔王であるクロードはアイリーンにメロメロ過ぎてもはやメンヘラで笑ったw(潜入を知った時、城を凍らせたのにはw)ちょっと魔王っぽくなる時もあるけど、なんだかんだで彼女には甘くて花丸!
今作のヒロインを利用して、周りを引っ掻き回して楽しんでいたリリア。彼女も前世の記憶があり、その知識を自分がプレイヤーとして楽しむだけに利用していて周りの人たちはあくまでゲームのキャラクターでしょ?という考えで、アイリーンとは相入れない感じ。リリアは一作目のキャラたちをアイリーンは2作目のキャラ(婚約者は魔王)を仲間に引き入れたみたいだけど、これから本格的にやり合うのだろうか?ゲームの展開とだいぶ離れてるみたいだし、どう決着を付けるのかぜひ続きを読みたいです。
しかし2作目のヒロインであるセレナは色々小物すぎて逆にかわいそうだったな。
スポンサーサイト

Posted on 17:00 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/588-4fee5d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター