ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

レアリアⅡ〜Ⅲ(前篇・後編)/雪乃紗衣  

新刊まで駆け抜けたのでまとめて感想です!

それぞれサブタイはⅡ「仮面の皇子」Ⅲ「運命の石 前篇後編」

休戦延長なし―。魔女家名代として宰相会議に臨んだミレディアは、破滅に突き進む帝国の選択に心を痛めつつも、「家族」となったアリルのために為すべきことを考えていた。一方、アリルはもう一人の皇帝候補ラムザとデュアメル学院に通い、帝位継承者として起つ決意を固める。…明かされる少女の罪、そして少年の仮面の下に隠された驚くべき真実。(仮面の皇子)


やはり入ってきづらい文章かつ場面転換が多いなど読みづらさが難点なんだけど、2巻以降だんだんミアたちの物語になってきたのもありすごく作品に愛着が湧いてきました。確実に終わりに進んでしまっているけど、もしかしたらミアならその運命を変えてくれるのでは・・と思わずにいられない。それぞれの皇子たちと関係性も良いですが、個人的に王朝のアイゼン皇子との悪友からの仇の関係になったのが刺さった。そんな中でも、ミアの中ではアキの存在が大きいんだなぁと。
その関係にヤキモチを焼くアリル皇子は微笑ましかったけど、確実に仄暗い感情も抱いているみたいで・・・(冬の王の血)その狂気がどうなるのかザワザワする。アキや皇子たちの謎やそれぞれの思惑も徐々に明かされてきて続きも気になるところ・・・(あと鳴らしたものが玉座につけるという「運命の石(リア・ファール)を鳴らしたのはミア?)
次はいよいよ皇帝選でしょうか・・・ザワザワしながら続き待機ー

グランゼリア戦を描いた中編である「碧落」は壮絶で読んでて苦しかった。ほとんどの十三翼将がこの戦で戦死してまうんですが、みんなオレンディアの為に死んでいってた姿は本当に読んでて辛かったです。ボロボロで擦り切れてしまったミアが痛々しかったけど、それでも唯一諦めないでオレンディアを守り切った彼女は本当に強いんだな、と思いました。ポンコツな小魔女と呼ばれてるけど、アイゼン皇子の剣を受けて防げるぐらいなので本当は強いのでは・・・?(ヒント、剣受ける様は剣鬼将軍や死神ギィの影をみた)となったのでまだミア自身にも謎が多そうだ。」
あと愚帝と噂なユーディアスの本性やオレンディアへの執着が垣間見えてゾクっとした。

読んでて気持ちが落ち込みますが(展開が重いので・・面白いんだけどね!)かつくらの新刊に載ってる書き下ろしの短編集がほのぼのしてていい感じに幸せになれるのでオススメ。ヤキモチなアリル皇子とカブなアキ(作者インタビューもあるよ)
スポンサーサイト

Posted on 15:58 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/582-73476375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター