FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王/糸森 環  



竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2017-11-01)
売り上げランキング: 6,858

神竜が禍神から国を護る『右記ノ國』。竜の姿で猛り、人の姿ではこの上なく美しい神竜の世話係は、栄誉だが過酷で、人々は選ばれることに怯えている。だが、新しく召し上げられた紗良は違った。彼女は黒竜・由衣王ら四竜の側にはべり、彼らの悲しみや不器用な気遣い―その心を知り、ある願いを抱く。「つむじ曲がりな心優しい竜の君、あなたのそばで、生きたい」運命の少女と孤独な竜が織りなす、和風ファンタジー恋絵巻!


姉妹同然に育った大切な友達の身代わりに過酷だと言われている竜の世話役についた紗良。
天上人には生まれから侮られて嫌がらせをされたり、従えるべき竜たちは辛くあたってくる。そん中でも自分を育ててくれた村人の為に、出来るだけ長く勤めあげて見せようと明るく前向きに頑張ろうとする姿にとてもいい子や・・・となりました。あと屋敷にいる式神たちが賑やかで楽しいw

接する内に竜たちの不器用な優しさに気づいてほだされていくんですが、実は紗良にキツくあたってるのは地上に帰してやる為で内心入水するぐらい傷ついていたり、やたら自分の肉を食べたさせようとしたり(細いからw)本当は人間が大好きで構われたい!という感じでヒーローたち可愛すぎかよ。セリフもひねくれーという感じでもう!可愛い!しかなかった(語彙力不在)

最終的に自分の仲間たちといる事よりも、竜たちと生きる事を選び本当の「斎花」となった紗良。
彼女がどう竜たちに寄り添って生きていくのかなと続きが楽しみです。あと姉妹同然であった紗和子のセリフ、「心のままに生きるのよ!」「あんたが幸せで、わたしもここで幸せになる。それでいいんだわ!」が色々な思いが込められていると思うとじんわりしてしまいました。さよならだけど、お互い幸せになろうね!的な。
シリアスなようで主人公と竜たちの恋愛騒動記になるそうなので、ひたすらニヤニヤしながら読めそうですね。
スポンサーサイト



Posted on 21:24 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/575-6ef6d224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター