ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

デ・コスタ家の優雅な獣2 /喜多 みどり  

デ・コスタ家の優雅な獣2 (角川ビーンズ文庫)デ・コスタ家の優雅な獣2 (角川ビーンズ文庫)
(2012/10/31)
喜多 みどり

商品詳細を見る

裏社会を牛耳る一族「デ・コスタ家」。超内気な少女ロザベラは、一族の後継ぎを産むためつれてこられたたった一人の花嫁候補。自由を掴むため、なんとかファミリーの一員に認められたが、その矢先、敵対組織の襲撃に遭いしばらく休むように言われてしまう。このままでは、誰かと結婚させられちゃう!ロザベラは従兄のノアの力を借りて、組織内での名誉挽回を図るけど!?


最近一押しシリーズ②
うおー!面白いな
ただの少女がだんだん悪に染まっていくというのが良い。確実に「悪い女」の階段を上ってます。
自分的にロザベラのドンナENDが見てみたいな。

頭ではデ・コスタの仕事は悪い事で自分はやりたくない!嫌だ!と思っていても、仕事をを成し遂げた時に確かに快感を感じる自分が居て、それを否定しながらも自分の目的の為に悪と分かってても動くんだから、彼女も間違えなくデ・コスタの女なのかもしれない。

何とかぎりぎりのところで手柄を立て確実にファミリー内で地位を確保している半面で、(今のところ)兄であるノアとその分対立していきそうだな・・・。
あと今回ロージーが挑発した形になったエミリオはどう動いてくるのか。

デ・コスタの反体制グループの登場、それぞれ兄弟にもスポットがあたってきたしどんどん面白くなってきた!続きも早く読みたい。
スポンサーサイト

Posted on 18:34 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/57-add03308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター