ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

恋と悪魔と黙示録 恋咲く世界の永遠なる書 /糸森環  


人と獣の姿を持つ神魔アガルと契約をし、彼の恋人となったレジナ。人間と悪魔が争う中、“最古の王女”である自分の運命を受け入れたレジナは、魔王マグラシスと対峙する。全ての欠片が揃い明かされる世界の真実。レジナが望んだ未来―そしてその先に待っていたものとは?


アガルの恋する乙女っぷりに定評があるシリーズ、ついに最終巻です。
予定のない休日に一気読みしてやんよ!!と思ってたんですが、普通に読み出したら一気読みしてしまいました。
長期シリーズだから仕方ないと思いつつ、色々と登場人物とか最初の展開を結構忘れていて悔しかったですw(本編全9巻だもんねー)再読できたらベストだったのですが、なかなかねぇ。

安定の鬼畜展開で読んでて最後までハラハラしたし、ある場面でレジナの足の裏の皮膚が剥がれたのは、思わずヒィイイイイイとなってしまいました。自身が血まみれになっても、何度も絶望してもアガルとの恋を握りしめがら前に進み続け、眠りを望まず今を生き続けることを選んだレジナだからこそ迎えれた結末だったと思います。
本当は唯一神だったラウルことマグラシス神も悪魔も、ラプラウに愛され神に祝福されて地界に進化を許されたそうなのでそのうち違う種同士だけど人間と共存できたらいいね。

今は色々とあってみんなのことを信じられないけど、いつか仲間たちと心から笑いあえる日々がくるといいなぁと。
アガルや、イリヤやカラシャ、親友であるマチェラ姫たちもいるけれど、神のもとでなくては生きれなく死ぬことの出来ないレジナが心穏やかに暮らしていけますように。そして卿とバレクお帰りなさい!案外、レジナの近くで見守ってくれてたのねとにっこり!
あとアガルとレジナは一年間ずっと結婚式を上げ続けるそうで・・・この二人は何度も巡りあって恋してやっと結ばれることができたんだよね!ずっと、ずっとお幸せに!

神話のような物語だったと思います。完結おめでとうございます、サイドストーリーも楽しみです。
スポンサーサイト

Posted on 19:42 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/566-2e59c45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。