ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

花嫁が囚われる童話 桜桃の花嫁の契約書/長尾 彩子  

花嫁が囚われる童話 桜桃の花嫁の契約書 (コバルト文庫)
長尾 彩子
集英社 (2017-06-30)
売り上げランキング: 27,823

生まれつき病弱な王女リースヒェンは魔女と同じ髪色と目の色のため、父王から疎まれていた。そして、異母弟が原因不明の病に倒れると『忌み子』に認定され、王太子を呪った咎で処刑が決まる。だが、処刑まで幽閉されたリースヒェンを、主治医かつ婚約者のエレンフリートが迎えに来る。いつも優しかった彼は「貴女の『粛清権』を買った」と冷たく微笑み、彼女を辺境の城へ連れ去るが…?呪いと香りが誘う倒錯ラブ。


ヒロインがヒーローにじっとり溺愛されるシリーズ。童話(メルヒェン)シリーズも4作目かつ初めてのブログでの感想(多分)

おそらくシリーズで一番古い物語で、共通で登場してくる白猫の精霊クラウディアさんの正体も明かされます。
今回のヒロインであるリースヒェンの生まれてくることの出来なかった双子の兄で、リースと離れたくなかった為に精霊と契約したシスコン(過激派)クラウディアさん、後世にもいるので最愛の妹の最期を見守ったのかなと思うと少し切ないですね。

今回のヒーローのエレンもじっとりヒロインを溺愛していて、金に汚いのは「リースを女王のように着飾らせ、上等な砂糖菓子を与え、彼女の部屋を花や宝石で埋め尽くし、そして私が彼女にひれ伏すためだ」だそうwこれは怪しい薬です!と言いながら砂糖菓子を口に突っ込んでくるし平和かw
おそらく彼女を手に入れる為に、わざと手術痕を残した疑惑があるのでなかなか危険な男でした。しかも有名な悪の精霊も嫌がるほど狡猾wヒロインは良くも悪くも聖女系な感じだったんですが、ひたすら守られて溺愛されてたのでまぁそれはそれで良い。

ラスト、リースの親友で王太子の婚約者だったリーゼやその従者のカイは今回の黒幕だったけど、ちゃんと救済されてよかったなぁと。リーゼとか普通に良い子だったので・・・結構メインカップルよりも、こちらのカップルの行く末が気になってしまいました(笑)何せ、恋した相手は復讐相手の娘だった訳だし・・・

ということで、このシリーズは様々なじっとり系男子にヒロインが溺愛されるという感じで糖分摂取にもってこいなシリーズなのでオススメです!安心な読み切り仕様ですよ〜

スポンサーサイト

Posted on 15:01 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/565-708e9b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。