ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む/丸木 文華  

個人的に爽やかな(ライト文芸だけに)表紙が多いイメージなので、カスミとオボロの表紙は独特の雰囲気があっていい意味で目をひくと思ったり。
カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)
丸木 文華
集英社 (2017-07-20)
売り上げランキング: 30,280

時は大正。
妖力を持つ一族に生まれた華族令嬢の香澄は、古の鬼神悪路王を蘇らせ、朧と名付けて使役鬼としている。
ある時、同級生の初江に誘われてチャリネ(サーカス)を見に行った二人は、不思議な術を使う男・花月と出会う。自我を失くしたように花月に付き従うチャリネの踊り子たち。さらに初江も花月に心を奪われて…。
人の心に巣食う鬼たちのあやかし事件簿。



一般向けだけど割と鬼が出てくるので、人間の欲とかにスポットが当たっていてじっとりしてるシリーズ2巻目!続編が出てとても嬉しいです!

今回は「恋」がテーマでそれに夢中になって恋に狂っていくという感じでした。
天狗の花月に恋した、同級生の初江さんの末路は悲惨なんだけど、綺麗なお人形にされても本人にしたら幸せな結末なんだろうなぁ。綺麗な可愛い人たちの内の一人としてしか見られなくても、ブサイク親父(香澄が喜ぶほどブサイク 笑)と結婚するより幸せなのかもしれない。
今回は香澄に婚約者ができたけど、早々に退場(悪路王の影響で鬼に近づいてる香澄の鬼気に当てられて)してしまうんですが一目で気に入ってストーカーしてたのには若干香澄と一緒に引いてしまいましたw

相変わらず、朧こと悪路王は香澄の前では可愛子ぶりっ子をしてるようで・・・・天狗である花月との化かし合い(?)では本性がはみ出てましたけど、使役されてるようで本当は可愛い香澄のお遊びに付き合ってるだけなんでしょうね・・・徐々に香澄を鬼化させて、虎視眈眈と香澄を狙ってるようでその執着に彼女はその内気づくのかな?
あと今後、鈴鹿御前だった記憶が蘇ったりするの?とか香澄が転生されてるなら田村麻呂はどうなの?ってなったので3巻もお待ちしています。
スポンサーサイト

Posted on 14:12 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/564-f2041bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター