ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青春を謳歌する。/友麻碧  

浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青春を謳歌する。 (富士見L文庫)
KADOKAWA / 富士見書房 (2017-05-15)
売り上げランキング: 3,194

人とあやかしが共に棲まう町、浅草で。鬼の姫“茨木童子”だった前世の記憶を持つ茨木真紀は、持ち前の面倒見の良さから、あやかしたちの起こす厄介ごとを解決する日々を送っている。先日も鎌倉妖怪とのいざこざを調停し、ますます人(?)望を集めていた。そんな真紀も普段は女子高生。夏は花火大会に山遊び、学園祭とイベントが目白押し。かつての夫で元“酒呑童子”の同級生・天酒馨たちも巻き込んで、やり直し人生の今しかない時を謳歌する!だがそこへ、彼女の前世を知った陰陽局の面々も現れて…?


ちょいちょい出てくる手毬カッパの態度が「あー。」と態度悪くて笑った。

ついに薫が真紀ちゃんのアパートに越してきたのだけどめっちゃ今更感。あとツグミもペンギンに化けてマスコット感が増してさらに賑やかに(名前はおもち)今回も薫くんは真紀ちゃんのためにバイト励んでいてほんと理想の旦那様だわ(真紀ちゃんに赤いビキニ(ノットスクール水着)をプレゼントしたのは年相応だなと思った笑)
夏が舞台で川でキャンプ、あとは学園祭(生徒として神様混じってたのはさすが)と女子高生として薫や由理と今生を満喫し尽くしていて、運動部を文化部が負かしたのは読んでてスッキリしました!
あとはやはり前世絡みになるとどこか切なくなりますね。今回真紀ちゃんの親の命日があったんだけど、大好きだった両親は前世で自分たちを滅ぼした人間でもあるし自分たちも今生では人間だし複雑だろうな。あと両親が亡くなった事故が起こったのには自分自身も関係してたのは仕方がなかったとはいえ辛いよね。

今回、真紀の両親の事故やミカの事件で茨城童子の眷属であったリンが絡んでたり、ラスト3人を滅ぼした安倍晴明の登場などとても続きが気になる!薫も只者じゃないというか(由理も)それぞれ酒呑童子と鵺だったて目をつけられたよなぁ、きっと。
あと津場木家は術師の名門らしく、茜ちゃんのお祖父さんは現当主の弟だそう。津場木家は呪われているそうで、その原因は史郎さんだって!本当に厄介さんだったんだ(かくりよも読まなきゃ・・・)
スポンサーサイト

Posted on 15:00 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/557-fffeba9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。