ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

5月読書メーターまとめ+少女小説が流行ってきてるのか?(雑談)  

気づいたら6月も5日でした。今月で今年の上半期も終わるのよーて事で震えが止まらないんですが、下半期も元気に過ごせたらいいかなと。なかなか自由な時間はないけれど、最近は充実して楽しくやれてるので良きかな、良きかな。あとはもう少し趣味(読書、ゲーム)に時間が取れれば最高なんだけどそれが難しい・・・!

今月はほぼコミックが多いかなと。コミックの積み本は若干スッキリした気がするんですけど、活字系は若干増えているような・・・・(笑)だいぶ購入数は減らしているのだけど、なかなか。小説はやはり読むのに時間がかかるのもありますしね。今月はプライベートで大きなイベントがあるのであまり読めなさそうだけど、これは読むぞ!と決めた本は読めるようにしたいです!

そうそう、「にじめん」という女性向け情報サイトあるじゃないですか。そこで少女小説の記事が紹介されていておぉ・・・!ってなってます(女性向けラノベレーベルとなってますね)色々テーマに沿って作品を紹介されているのでとても興味深いです。
ラブコメ(王宮、中華、嫁、)恋愛物も多いジャンルなので乙女ゲーマーさん的にもオススメだし相性は良いと思うんですよねー(本なのでEDは一つですが)イラストレイターさん的にも被ってるし手を出しやすいかも?たまにブログ村で読書感想を見かけるとテンションが上がります(そしてじっくり読む)
個人的に追加するなら、コバルト文庫(老舗ポジ)オレンジ文庫(L文庫に近い感じで、もう少し女性向けでコバルトとかよりも大人向け)もあったり、ルルル文庫はレーベルが閉店してしまったので新刊はもう出ません(電子化されてるし、面白い作品が多いのでオススメです。角川ルビー文庫はBLレーベルなので??となったけど、女性向けという括りだもんね。
ほぼ最近は不定期更新かつ乙女ゲームの記事はほぼないですが、少女小説読みの方には乙女ゲーもいいぞ(乙女ゲーマーの人には少女小説はいいぞ・・・!)という事をネットの隅で発信していきたいなぁと。
かなり前に書いたエントリーなんですが「最近の少女小説について語ってみるの巻(2年前)」、「そうだ、ルルル文庫を読もう!(1年前)」なんかもあるのでよろしければ・・・・完結してしまったシリーズが多いですが、レーベル色はそんなに変わらないと思うので。

追記より読書メーターまとめです(おまけでBLもあるよ!)
5月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:1764
ナイス数:56

私の少年(1) (アクションコミックス(月刊アクション))私の少年(1) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
イラストがとても繊細ですごく好みです!30歳のOLと12歳の小学生の話でこれは疑似家族物なのか、それとも恋愛物なのか。聡子の元彼な上司のウザめんどくさにイラッとしつつ真修の健気さに癒されました。真修は家族に大事にされてないのかなと・・・(多分聡子も自身、母親にトラウマありそう)だからお寿司屋さんでの「真修しかしたことないよ」(色々親切にしたのは)は彼が欲しかった言葉で嬉しかっただろうなぁ。
読了日:05月31日 著者:高野 ひと深
極彩の家 (2) (ウィングス・コミックス)極彩の家 (2) (ウィングス・コミックス)感想
長い髪を結って簪や花を飾る姿がとても艶やかで素敵!最初はぶつかっていた烏羽と天藍だけど、なんだかんだで仲良しでいいな!(極彩の家の子たちは育ちが良い気がする・・・)烏羽は真っ直ぐな性格で、天藍はちょっと素直じゃないけど面倒見の良い性格なのかな。色彩の子は無性なので読んでて不思議な感じがする。烏羽に対するルカとか、これはどういう関係になるんだろう。
読了日:05月31日 著者:びっけ
Babel ―異世界禁呪と緑の少女― (電撃文庫)Babel ―異世界禁呪と緑の少女― (電撃文庫)感想
「Unnamed Memory」がずっと気になっていてひとまず書籍化されたこのシリーズから。異世トリップ物で、魔法とかも出てくるけれど派手さはなくどこか静かな物語でした。優秀な姉妹に劣等感を持っていてどこか自信がない雫なんだけど、置かれた場所で自分の最善を尽くそうとしたり諦めない姿がとても良かったです。エリクは謎の多い人物だけどなんだかんだ面倒見が良いしね。この二人、恋愛っては感じではないけどお互い信頼しあってる関係が良いです。なぜこの世界では言語が共通なのか?など気になる事が多いので続きも読みたいです。
読了日:05月29日 著者:古宮九時
贄姫と獣の王 1 (花とゆめCOMICS)贄姫と獣の王 1 (花とゆめCOMICS)感想
面白かった!登場人物のもふもふ(人外というか 笑)が高いけど、王はちゃんとイケメンになれて安心した(笑)どこか達観してて、不思議ちゃんぶってたサリフィがおーさまに出会って二人で生きていく為に頑張る姿がとても健気・・・!恐れられている王も愛しい少女にはどこか甘いし、傷つかないように大事に大事しようとしてるのが伝わってきてとても良かった!
早く続きも読まなきゃ!
読了日:05月29日 著者:友藤結
魔女くんと私 (花とゆめCOMICS)魔女くんと私 (花とゆめCOMICS)感想
女子アレルギーな魔女くんこと真白くんと、そんな彼のアレルギーを直そうと奮闘する凪と友達以上恋人未満なお話でちょっとファンタジーな少女漫画という感じでとても爽やな気持ちになりました。凪ちゃんの真白くんのペースに合わせて仲良くなろうとするのと、ちょっとマイペースなところが好き。
読了日:05月29日 著者:縞あさと
トリピタカ・トリニーク 1 (花とゆめCOMICS)トリピタカ・トリニーク 1 (花とゆめCOMICS)感想
シリアスな部分もありつつコメディちっくなので楽しく読めました。花果、元気っ子でお師匠さまの玄奘を一新に慕う姿がとても可愛いし表情がコロコロ変わるのがいいな。口が悪い三蔵(こと皇帝)もなんだかんだ花果を可愛がっててるし河伯もただの兄者厨で(兄者も変人ぽいし)悪人は(敵サイド以外)いなさそう。結構サクサク進んで印象だけど、続きも楽しみ!
読了日:05月29日 著者:鈴木ジュリエッタ
狂王の情愛 (ソーニャ文庫)狂王の情愛 (ソーニャ文庫)感想
幸薄い王女が人質として強国に送られ、そこで王子に見初められてラストは王妃になるという一見シンデレラストーリなんだけど、覗いてみてばヒーローがヒロインに「優しい世界」を与え為に王になる決心をし邪魔だと思うもの(親と異母兄、ヒロインの身内)を徹底的に排除してたのでいろんな意味でドロドロだった。一見ヒーローが執着を拗らせての行動だと思いきゃ、実はヒロインが無意識に自分の望みを叶えさせてたという歪みっぷり!久しぶりにらしい作品が読めて満足。
読了日:05月21日 著者:富樫聖夜
カードキャプターさくら クリアカード編(2) (KCデラックス なかよし)カードキャプターさくら クリアカード編(2) (KCデラックス なかよし)感想
相変わらず桜ちゃんが可愛い!不思議な続きっぱなしだし、小狼くんは何かを隠してるの??という感じでした。そして桜ちゃんとどこか似てる女の子(名前も詩之本秋穂で・・・)が転校してきたし、何か大きなことが起こりそうだな・・
読了日:05月21日 著者:CLAMP
極彩の家 (1) (ウィングス・コミックス)極彩の家 (1) (ウィングス・コミックス)感想
表紙の色合いがとても綺麗で、本編もカラーで見てみたなぁと思わずにはいられなかった。鮮やかな色の髪を持つ「色彩の子」が住む寺院「極彩の家」が舞台なので和風なのかなと思ったら、外の世界は西洋風だし、限りなく少年よりだけど性がないみたいでとても読んでて不思議な気持ちになった。最初は気の合わない感じだったけど、だんだんお互い気のおけない存在になるつつ烏羽と天藍の関係が良いですね。あと紅がとても美しくて素敵!
読了日:05月21日 著者:びっけ
王立探偵シオンの過ち (コバルト文庫)王立探偵シオンの過ち (コバルト文庫)感想
文章のノリがいつもと違って驚きました(笑)連作という形もとても読みやすくて良かった。ファンタジー要素があって読んでてワクワクしたけど、過ちの魔物を回収するという話なので救われるけどどこかもの悲しいエピソードが多かったかなぁと。いつも飄々としているシオンにも隠された「過ち」があるみたいなので続いて欲しいな。
読了日:05月14日 著者:我鳥 彩子

読書メーター


BL系はブクログです。画像をクリックするとレビューに飛べるはず(曖昧 笑)
ひとまず先月読んで感想を書けなかった分も再読して、レビューを残せたので満足。BLコミックの積み本も若干スッキリしました。個人的には緒川さんの「赤のテアトル」がとても面白かった!今月のスクールカーストの新刊も楽しみ^^
はらださんの「にいちゃん」はすごい闇・・・・という感じで、賛否両論そう(私は好き)ビッチ部はpixivの連載も読んでるけど、書き下ろしとかも多いしすごく楽しめて満足な2巻目でした!冥花さんは独特な世界観なので個人的にお気に入りな作家さんです。

平子の本棚(裏) - 2017年05月 (8作品)
赤のテアトル (Feelコミックス オンブルー)

にいちゃん (Canna Comics)

蜜華の檻 ~堕ちた麗人~ (角川ルビー文庫)

三角オペラ (EDGE COMIX)

ただいま、おかえり (オメガバース プロジェクト コミックス)

ペンデュラム -獣人オメガバース- (Dariaコミックス)

こっちむいて、愛 (BABYコミックス)

ヤリチン☆ビッチ部 (2) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)

powered by Booklog
スポンサーサイト

Posted on 20:38 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/555-cc311171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター