ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

身代わり伯爵と終幕の続き/清家 未森  

身代わり伯爵と終幕の続き (角川ビーンズ文庫)
清家 未森
KADOKAWA (2017-05-01)
売り上げランキング: 271

大公夫婦に第三子誕生!…そのとき何が起きたのか?(「身代わり伯爵と終幕の続き」)、変人揃いの女官見習いたちが、若手騎士との集団お見合いを実施!?(「令嬢たちのお見合い大作戦」)、華麗なる恋愛遍歴を持つ第五師団長・ジャック。ついに彼に恋の女神が振り向く―か?(「身代わり伯爵と忘れじの恋の約束」)他、リヒャルトとフレッドの出会いを描いた非売品小冊子掲載の中編も収録!幸せいっぱいの短編集!!


表紙が幸せいっぱい・・・・!ミレーユの表情がすごく大公妃だし、母って感じで感動・・・・!
(今回ちょっと扉絵のみで挿絵がないのが少し残念でした。)

前半は全員サービスとかの小冊子などからの再録で、リヒャルトとフレッドが親友になるまでの話で読んでてエドパパやラドフォード男爵という存在がいて良かったなぁとしみじみ・・・いづれシアランを取り戻すというリヒャルトの決意にグッとさせたれる短編でした。

メインはシアラン編の面々たちの話で、大公妃の愉快なお友達たちの令嬢のお見合い大作戦で(ルドヴィックとシーカ様がついに・・・!ただ契約結婚的なノリだったけっど 笑)それぞれ個性が爆発したり、ついに団長にも可愛いお嫁さんが・・!というかあんなロマンチックなエピソードあったんだ(失礼)
合間に挟まれるシアラン大公夫妻の幸せっぷりのエピソード、そして本編最終章の続きでは3人目は男女の双子ちゃんも生まれて、ミレーユやリヒトくんルクスくんたちと一緒に賑やかにそして幸福そうに暮らしていて本当に良かったね・・・・と。

欲を言えば、アルテマリスの面々のお話も見たかったけどここまで読めて良かったです。身代わりシリーズの面々と会えなくなるのは寂しいですが、とても楽しませてもらいました!完結〜後日談まで読めて幸せだ。
(清家さん体調を崩されていたとの事なので、是非ともご自愛してください・・・健康第一なので)
スポンサーサイト

Posted on 13:00 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/553-4b8d5c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター