ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。/汐邑 雛  


夫ナディルの遠征中、アルティリエの侍女リリアが攫われた!一連の事件の鍵を握る人物からの呼び出しだと悟ったアルティリエは、自作の菓子と“夫の手紙”をお守りに「絶対出るな」と言われた王太子宮を抜け出すことに。そんな彼女の前に現れた驚きの人物とは…!?アルティリエ出生の秘密も明らかに!?元お菓子職人転生幼妻の餌付け計画第一章クライマックス!



転生幼妻要素部分を公式は押しているし、絵柄も可愛い感じだけど結構ガッツリ陰謀でめっちゃシリアスなシリーズ。そこが個人的に気に入ってます。
旦那の餌付けは一休み(だいぶ胃袋を掴みつつあるけど)で今回で王宮陰謀編が解決という事で真相がどんどん明かされて行ったので夢中になって読んでしまいました。
誰よりも守られているアルティリエを害することが出来るのは王しか出来ないし、王妃に見せかけて彼が黒幕というのも納得というかそれしかあり得ないか・・・その真実に気づいていた元のアルティリエが心を殺して人形みたいになってしまうのも当然な話でしたね。どうやら、公爵領に帰ってた際の陰謀でやはりアルティリエは一回死んでしまい、今の和泉摩耶が転生した状態とはイコールではないみたいでもう元の人格は戻ってこなさそうなのでオリジナルの方が不憫だなぁと。

エルゼヴェルト公爵家の姫(滅んだ帝国の皇女の血筋で鍵の姫)を守る為に王家があるなど、色々とダーディニア王家の事なども明かされてきたのだけど、家系図とか設定がちょっとややこしくて混乱する(笑)
あとなぜ不幸な結婚とされてたのに、エフィニア王女は皇太子であるナディルではなくエルゼヴェルト公爵家に王は嫁がせなかった理由を知ると(おそらく、エフィニアはエレアノールと王のグラディス四世の子でナディルとは異母兄妹。アルティリエは姪ではなく孫色々腑に落ちるなぁと。愛する人の忘れ形見だけど、憎きエルゼヴェルトでもあるんだから愛憎を抱いちゃうよな・・・。この時点で王は(エピローグでは薨去してしまってる)近々訪れる死期を悟っているのだけど、アルティリエに最後に「おじいさま」と呼ばれて、そしてこの国を滅させないから安心してねの言葉は嬉しかったのではないかな。

立場に縛られて自分の愛を貫けなかった親世代や、消えてしまったアルティリエまでこの二人には幸せになって欲しいものですね。今回、嫁は黒幕と対峙で旦那は遠征だった為ラブ度は薄いですが離れていてもお互いを信頼してるのがいいなぁと。唯一の鍵の姫であるアルティリエにはこれからいろんな事が待ち受けてそうだけど・・・

今回割と綺麗にまとまってはいたんですが、次からは第二章である王都迷宮編も書籍化されるという事で楽しみです。
スポンサーサイト

Posted on 13:00 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/552-9df769a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター