ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

紅霞後宮物語 第五幕/雪村花菜   

紅霞後宮物語 第五幕 (富士見L文庫)
雪村花菜
KADOKAWA (2017-02-15)
売り上げランキング: 1,914

湖西の騒動は収まったものの、事後処理に追われる文林。隣国も怪しい動きを見せるなど、悩みは尽きない。そんな疲れを癒やしてくれるのは、帳簿と不本意ながら小玉…と思ったら、「娘子の貞節に問題あり」!?突如持ち上がった小玉の不義疑惑。紅霞宮を巻き込み蠢く陰謀―文林にないがしろにされた司馬淑妃の父親・司馬尚書の謀略か。それとも…。推移を冷静に見つめる小玉は、ある夜文林のもとを訪れる。そして二人の関係にも変化が―。それぞれが出した答えとは!?


明慧の死をなんとなく受け入れる事ができたり、梅花が衰えてきたり、皇子がどんどんおしゃべりになってきたり・・・と作品の時の流れを読んでて感じる作品だなぁと。

お互い確かに大事な存在なのに、色々かみ合わなくて本当にもどかしい夫婦だなぁと・・・まぁこの二人の関係は特殊なんだけど。
今回の小玉のお腹の子供が流れてしまった事でまた2人の距離が離れてしまったようだし、これからどうなるんだろう。
文林は割とサイテーだが、小玉との子は欲しそうだったので可愛いな~と思ったのですが、流れてしまったかもしれない後にかけた言葉が産まれてたらお前の地位を固めてくれたのに、でやっぱゲスだなと思いました(笑)やっぱ彼は皇后である小玉に執着してるだけなのかなぁ・・・・文林に恋をし始めていた小玉もその気持ちを手放してしまったようだし。

今回、後宮にまさかの王太妃の娘が馮貴妃として入内してきて(小玉に心酔してる)さらに賑やかになってきた(?)し、政敵の司馬淑妃はもはや浅さか過ぎて憎めない、皇后派である李昭儀と薄充儀も我が道行っちゃってるしなwでも皇后もはじめキャラが濃いからあまり気にならないけど、結構上級妃が死んでるしそれなりにドロドロだよな。

まさかの湖西の金母の子や孫が政治の中枢や後宮に入り込んでるとは思わなかったし(自分の流した子を利用して、孫修儀を揺さぶりにかける小玉は恐かった)ついに隣国と開戦との事なので話が大きく動き出しそうですね。
開戦の理由に、謝賢妃を殺された事を使うみたいだし(小玉は2人の間にあった事を知らなかったはずだし)さらに関係がこじれそうだなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 18:40 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/548-75bc82f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。