ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~/夕鷺 かのう   



(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~ (ビーズログ文庫)
夕鷺 かのう
KADOKAWA (2017-02-15)
売り上げランキング: 1,764

“仮花嫁”の人気キャラクターたちのその後を描いたスペシャル短編集!フェルとクロウの記念すべき出会い…あの殺伐初夜をやり直し!?だけど勘違いフェルがとんでもない騒動を巻き起こす!!さらに、クロウの兄ジルフォード帝“崩御”の裏に隠された真相が明らかに!?貧乏ド庶民はやがて皇妃となり、夫婦の絆は永遠に続く―涙と笑いのファン必読の1冊です。


とてもよい後日談な短編集でした!ここまで読めてとても幸せだーーーーい!!

フェルの初夜の作法ってなんぞや!?的な安定のドタバタ劇もありつつ、読んでていてじんわりするようなお話がぎゅっと詰まってました。親の愛情に恵まれなかったクロウが、フェルとの間に男女の双子が出来てすごくメロメロになっているのをみて、読者として読んでてとても嬉しくなりました。本当にフェルに幸せにしてもらって(もちろん彼女自身も愛されて幸せそうだけど)良かったねぇ。
ユアン殿下の人生を全うしたら、ずっと残されるパールと共にいると決意したのにもグットさせられてたし、ジルフォード帝の早すぎた死の真相もフォローされてて、彼もやっと国の為ではなく自分と愛する人の為に生きていく事が出来て良かったなぁと。そのために、自分たちは十分自由な恩恵はもらったからと、皇帝と后妃になろうと決意したクロウとフェルの覚悟も尊いし、エルラントをいちばんいい国にしたい、ジルフォードが築いたものを守って、自分たちの子供たちが安心して引き継げるようにしたいという決意もとても二人らしい。あとめっちゃ余談(?)なのだけど、ジル兄上のあの性格が后妃であったお母さま譲りとはw本編には出てこなかったけど(体が弱くて早くに亡くなってしまったらしい)もっとエピソードが読みたかったし、彼女がいたらもっと穏やかな幼少期を送れたのではないかな・・・と(リグレイン妃の花の庭での不思議な体験もあったけど・・・きっと彼女の愛した人だったのかな?)


カバー裏まで幸せいっぱいで大満足だったし、完結後から流れた時間も感じさせつつもみんなそれぞれ人生を謳歌してそうで何よりでした。ここまで読めてとても幸せです。夕鷺さんの新作も楽しみなんだけど、まずはシリーズ完結おめでとうございます!!
スポンサーサイト

Posted on 14:00 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/545-9193cd21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター