ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ/辻村 七子   

(お久しぶりです・・・・もう最近忙し過ぎて、あばばばbbってなってます・・・ちょっと色々と疲弊気味(特にメンタルが)なんでゆとりが欲しいですね、、、)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)
辻村 七子
集英社 (2017-02-17)
売り上げランキング: 1,030

銀座の店「エトランジェ」を閉め、正義の前から姿を消してしまったリチャード。新たな店主として現れたリチャードの師匠、シャウルから情報を得た正義はイギリスへと向かう。リチャードの失踪の原因となった何かがある国へ。旅の途上、リチャードの親族と名乗る男ジェフリーが正義に近づいてきて?美しき宝石商を苦しめる過去の因縁と、「正義の味方」の決断は!?


前巻が11月に出てるので、結構すぐ発売されてとても嬉しいです。特に、リチャードの失踪なところで終わったので尚更・・・・

個人的に今回は、リチャードを追いかけようかグダグダ迷っていた正義の背中をそっと押してくれた谷本さんのセリフがとても素敵で彼女がとても好きになりました。好き=恋愛ではなくて、色んな好きがあっていいじゃん!恋しているかどうかは、自分で決めるし心は自分自身のものである、という言葉はどこか恋愛とかを人ごとのように感じでいる彼女ならではなのかもしれないけれど自分はとても納得してしまいました。

イギリスでは、リチャードの実家であるクレアモント伯爵家のゴタゴタに巻き込まれつつも最後は持ち前の自己犠牲(?)で色々とぶっこわしてしまったのはさすが正義の味方というか。正義って人が良ければ自分がどうなっても良いという感じだったのだけど、今回リチャードにあなたの愛してる人は、みんなあなたに幸せになってもらいたい。自分ももちろんその中の一人だし、「困っている時に使える便利」になっては欲しくない、はすごく愛情のこもったセリフだよなーって。

七代目伯爵の残した遺言やダイヤは、リチャードや二人の従兄たちを縛る「呪い」になって彼らを苦しめ続けてしまったけれどその裏にあるのが実は自分たちを縛りつけてきた伯爵家の面々に対しての復讐のためだったのに、結果自分の大事な家族を苦しめる事になったのは皮肉な話になってしまったけど、その裏には本当に家族を愛していたんだというエピソードがあったのにはとても救われた気持ちになりました。

色々とリチャードの方も決着がついて、銀座に戻りまたあの日常に戻ると言う感じで綺麗に終わってはいるのだけどまだこのシリーズ読んでいたいなぁ(オレンジ文庫的にも人気シリーズのようだし・・・)
今回、リチャードと正義お互い大事な指輪を交換して、返すのは「私とあなたが最後に合う時」だそうで、そんな関係っていいな。
スポンサーサイト

Posted on 15:37 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/544-11e1f051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。