ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カーリー 1.黄金の尖塔の国とあひると小公女/高殿 円  

カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)
(2012/10/16)
高殿 円

商品詳細を見る

<第二次世界大戦前夜、故郷ロンドンを離れ、英国統治下のインドへと渡った14歳のシャーロット。駐在英国人の子女が通うオルガ女学院の寄宿舎で出会ったのは、神秘的な少女・カーリーガードと、個性豊かな仲間たちだった。激動の時代を懸命に生きる少女たちの姿を描き、熱狂的なファンを生んだシリーズ第一作。


お、面白い!自分にストライク。世界名作劇場風な雰囲気がとても良いです。
もともとファミ通文庫で出てたのを、講談社文庫で出直し+続きも出るよ!と言うことなのでマジ胸が熱い
ふわふわな女学校物かと思ったら、意外とハードで良い意味で裏切られました。
短編はとある女学園の日常という感じで面白かったです。


基本、シャーロットが過去を振り返る感じに進むんですね。こうゆうの好きなんですよねー
遠い異国の地で、楽しいだけではないけど、大切な人や新たな友人が出来たり、周りの影響で「知る」と言うことを知ったり、確かに充実した学園生活を送り始めたシャーロットだったけど、世の中は第二次世界大戦の足音が聞こえ始めていて・・・・。この戦争はシャーロットや、カーリーたちにどのような影響を与えていくんだろう・・・。戦争が始まってじまうと、それぞれただの仲良しじゃいられないよね、きっと。
それぞれ、シャーロット(英)、カーリー(印)、ミチル(日)、ヘンリエッタ(ユダヤ人)で国や人種で考えると敵同士だったりするしね。これからオルガ女学院もただの女の子の箱庭という訳にはいかないよね。
あとカーリーの正体は読み手にはあっさり判明してしまったけど、シャーロットが知った時彼女はどうするのかな。
自分的に今はただの女の子なシャーロットがこれからどう成長して行くのか期待。

最後はハッピーエンドじゃないかもしれないけど、シャーロットたちがどのようにこの激動の時代を自分らしく生きていくのか楽しみです。
早く続きが読みたいなー!
スポンサーサイト

Posted on 15:01 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/54-f4e6e078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。