ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年のお気に入りの作品たちと共に振り返る(読書まとめ)  

さて今年も残すと事後わずかなんですが、まったくもって年末という感じがしない!

まとめ記事もこの読書編でウチのブログは最後なのだけど、今年は年内にあげられそうでひと安心・・・まぁ完全に自己満足な感じではあるんだけど、ほんの少しでも興味を持って手に取るきっかけになれてたら嬉しいな(どのジャンルも)なんて思いながらポチポチ書いています(小声)

という事で、今年読んで面白かった作品などを紹介しつつ今年を振り返りたいと思います!よろしければお付き合いください~
タイトルに入れてませんが、少女小説レーベルとライト文芸(オレンジとL文庫)から選びました。もうちょっと読書の幅を広げたいところなんですが、最近は追いかけてるシリーズの新刊を読むだけでいっぱいいっぱいでとてももどかしい・・・もっと読みたいんじゃ!となってはいるんだけど色々手を出し過ぎると結局ラストまで追わないで切っちゃう事が多いからなぁ

(すべて敬称略)

・犬恋花伝 青銀の花犬は誓約を恋う(コバルト文庫)/瑚池 ことり

ロマンス大賞からの拾い上げの作家さん。
人と犬をの姿を持つという花犬セキと、花犬を相棒とする花操師コトナと絆の物語。初めはコトナが死んでしまった相棒ハルシに囚われてて、セキとすれ違ってしまっていたのだけど一回離ればなれになった事によってお互い本音を言えるようになったのがとても良かった。あと花犬の主を一途に慕う姿がもうたまらなかったです。
世界観がとても幻想的で気に入っているのでぜスピンオフお願いします・・・

・後宮華伝シリーズ(コバルト文庫)/はるおかりの
それぞれ毎回テーマがあるんだけど、それに沿ってタイトルの間に漢字がはさまってます

はるおかさんといえば糖度な作家さんとうイメージだったのですが、最近サブキャラまで掘り下げて書かれるのでそこが読み応えがあるし、甘さだけでないとうのがとても良い。

凱帝国の後宮が舞台なスピンオフ作品です。どこから読んでも大丈夫が売りだけど、時系列は出た順なので素直に流れにそって読むのがいいかも。このシリーズはメインカップルは愛し愛されてという感じで王道なんだけど、周りがゴタゴタしてたり愛憎渦巻いているのがむしろ読み応えがあって好きだったり。3巻以降は、2巻ヒーローの治世なのですが栄皇后(2巻ヒロイン)を寵愛し過ぎていて何か後宮の方たちが報われない・・・・あと歴代ヒロインたちそれぞれ得意分野があるんだけどもはやマエストロ級
コバルトでは人気のシリーズなようなのでしばらく続きそうなきがします。

こちらも一緒にどうですか
・緋色の聖女に接吻を 白き翼の悪魔(ルルル文庫)
葵木 あんねさん名義かつルルル文庫

神に復讐をするために、腐敗した聖都で女教皇までのし上がっていってやる!と悪魔バルキネスの力を使いながら司祭枢機卿として渡り歩いてる少女がヒロイン。、普段は凛としているけど、バルキネス前では子供っぽくなるアリーチェが可愛かった!
アリーチェをバルキネスが甘やかすという感じで糖度は高かったけど、アリーチェの過去が壮絶だったり実の父とのエピソードがやるせなかったりと結構内容は重めだったかな、本当に憎むべきなのは?という感じで甘いだけではなく考えさせられるような話でした。

・おこぼれ姫と円卓の騎士 王女の休日(ビーズログ文庫)/石田リンネ

安定の面白いシリーズ
個人的には、この忙しいレティの為に誕生日に「休日」をプレゼントしたという話が好き。メルディプロデュースで、騎士たちが「親切な青年」や「花屋の少年」に扮してレティを楽しませようとする姿にほっこりさせられました。レティも「お転婆なお嬢様」になりきって騎士たちからの誕生日プレゼントを満喫しようとする姿も良かった!まさかその後、デュークを華麗に振るとは思わなかったけど・・・・
ちょっと番外編的なノリからの、まさかのクーデター勃発で新刊読むのが恐くてまだ読めてません・・・・

・(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~結婚出来たら大団円!~(ビーズログ文庫)/夕鷺 かのう

祝!完結です!
前巻で妖精王やエルラントのゴタゴタは解決済みだったので、最終巻はどう旦那様がフェルの外堀を埋めるのか、あと孤児院出身でガウェイン先生の養い子である事にこだわっている彼女がどう気持ちに折り合いをつけるか的な話だったと思います。黒龍公夫人でなくても、遠くでクロウの助けになる仕事に携わっていたフェルがとても彼女らしいなぁと。求婚は孤児院でとても賑やかだったけどこのシリーズらしくてにっこり!短編集も楽しみにしてます!

・シンデレラ伯爵家の靴箱館 乙女は新たな靴を履く(ビーズログ文庫)/中村つばき

こちらも祝!完結でした。
アランさまのヘンテコな言動に草を生やしながら楽しんでたシリーズでした。個人的にお気に入りはフレーズは「幸せな豚になります」、「里帰りするお前も、残業ばかりのお前も・・・・かわいいぞ」わけわからん!w
身分差や障害を乗り越えてという感じも良かったけど、アランとエデルの仕事に向きあう真摯さが職人物としても良かったです。
お互い真面目過ぎるけど、これからは二人で足りないものを補って支えあっていくのだろうな。

(ルルル文庫はついにほぼ店じまい・・・・好きな作家さんが多かったゆえ辛い)

・幽霊伯爵の花嫁 恋する娘と真夏の夜の悪夢(ルルル文庫)/宮野美嘉

まさかの後日談発売で嬉しさしかなかった!ありがとう!
本当に何年たってもサアラさんははサアラさんだし、さらに母としての強さも備わってしまってたからもう最強か。娘のリオンちゃんは小悪魔だし、本編軸では反抗期だったエリオスは妹にデレデレだしアシェリーゼ様は安定の情緒不安定
ランカスタン伯爵家の真相はちょっとやるせなさが残ったけど、それもこのシリーズらしいのかなぁと。倦怠期もあったけど、安定のおしどりカップルなコルドン伯爵夫妻なのでした。

・レディー・マリアーヌの婚約(ルルル文庫)/宇津田晴

5年を経ての真の完結巻でした!!!本当に出してくれてありがとうございます!
ラストはちょっと都合よすぎかなーと感じた点もあったけど、前巻でちょっと流されてしまった伏線などが綺麗に回収されててとても満足です。あと個人的に姉のアリールとちゃんと話せたのも良かったなと!
大好きなのはロベルトだけど、信頼してるのはとっても頼りにしてる従僕(カイル)なの!ってのがたまらん

(ウィングスも新人賞停止してしまいましたね・・・・)
・異人街シネマの料理人2(ウィングス・ノヴェル)/嬉野君

2巻に入って、映画館経営パートは少なめだったけど桃の人たらしのスキルも上がってきててしかも意識しながら使いはじめて来たし、なんて恐ろしい子・・・!。真礼ちゃんもだけど、カイも桃に絆されて自分の出自を匂わせるワードをポロっとこぼしちゃうし。
冬基兄さん誘拐されてたけど、桃以外心配してなくて笑ったwしかも最終的に会社の利益につなげてるし、最終的には桃も乗っかってるし(笑)この三ツ野兄妹たち謎が多すぎて続きが気になる・・・・

・宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン(オレンジ文庫)/辻村 七子

ひとまず正義はリチャードを迎えに行け、話はそれからだ・・・・
正義に褒められて盛大にドヤるリチャード氏可愛さしかないし・・・
リチャードの過去が少し明かされたり、今回やっと谷本さんに気持ちをぶつけて関係は進んだかは微妙だけどアクアマリンを見たとき谷本さんみたいだと思ったんだ!はすごい正義らしくて好きなんだよね。あと宝石のマルチ商法に二人で絡みに行ったエピソードが気に入ってるw
正直、リチャードと正義の関係がどうなるのか読めない(レーベル的に)個人的に扱っている題材が(色々な価値観がある的な)とても今にあってるシリーズでもあると思ってます。

・浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今生こそ幸せになりたい。(富士見L文庫)/友麻碧

馨くんと真紀ちゃんがもはや夫婦。あやかしのゴタゴタに巻き込まれながらも、浅草で高校生活を大いに満喫しているのだけど前世がらみになると(人間に退治されてしまった)結構シリアスだったし、退治された人間に生まれ変わったってすごく複雑だろうなぁ。本人たちはただ普通に暮らして行きたいだけなのに、周りがほっといてくれないようでこれから大変そうだけど今生では幸せになって欲しい!あと茨城童子の時から続く、眷属スイとミカとの絆もとても良かった。
(あやかしお宿シリーズを読んでると作品の繋がりにニヤニヤ出来ますね・・・)

・糸森作品が好きすぎて

階段坂はまさかの3巻打ち切りでこの世を呪いたくなったけど、ヴィクター=ルイスと知ってお互いの呪いを解けるのを死ぬ瞬間まであきらめない魔法をかけられるのを待ってるわというのがとても良かったし、最後のルイスへの愛の鳥獣郵便攻撃は最高だった。あとジュディが「わたしはいい魔女なのよ!すごいでしょ!」と思えるようになってて素敵だなと思いました。
令嬢鑑定士はまだ1巻しか出てないけれど、悪魔のジョン・スミスやめんどくさがりな病弱令嬢リズが個性的でとても続きが楽しみ!恋と悪魔は毎回面白すぎて白目剥いてる。大切な卿やバレクがいなくなったり、大好きなお兄ちゃんは魔王だしこのシリーズは鬼畜展開が多いけどいつでもアガルは純情でそこが癒し・・・(今回新刊は間に合わなかった)


おまけで最近どのレーベル率が高いのかなと振り返ってみたのですが、自分はコバルト文庫なのかなぁと。最近もっぱら同じ世界観なシリーズが多いけど、確かに手を出しやすいんですよね(基本読みきりだし)ビーンズとかは最近現代物が増えてきてしまって(それが悪いとかはではなく、わたしの好みがファンタジーや王宮ロマンスだから)手に取る事が少なくなってきたし、自分自身開拓よりも完全に守りに入ってる感。あと単発ばかりではあったのだけど、自分の好みな路線が多かったルルル文庫がなくなってしまったのも痛手。

という事で今年はこんな感じでしょうか。何だか結局、思ったより長くなってしまってしまいました。
なかなか思うように読書が進まなくなってるのですが、来年も面白い作品に出会えるといいな!
それではここまで読んでくださってありがとうございました!


スポンサーサイト

Posted on 00:51 [edit]

category: ゆく年くる年

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/536-81b3d099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。