ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

プレーした乙女ゲームもまとめよう(2016年)  

という事で、今度は乙女ゲームのターンです。よろしければお付き合いくださると嬉しいです。

最近はもっぱら酒片手に寝る合間に少しずつプレーする事が多いです、本(活字)は無理だけど乙女ゲームは音読してくれる(?)からベロベロでない限り大丈夫!まぁこんなプレースタイルだからかまったくもって崩せないし、コンプまで時間かかるせいで総評を書くころには前の内容が思いだせなくてすごい雑な感想しか書けないのが最近の悩みどころなのだけど、解決策がまったく思い浮かばないのでもう一生悩んでおこうと思います。1ルートを攻略毎に書くのがベストなんだろうけど、たぶんそう縛りを付けてしまうとストレスになるし(よけいに本編進まない)元々個別とか書いても2、3行で終わるのでちょっと無理だなって思う。

で、今年コンプした作品は何かなー↓
割とブログチェックするまで何プレーしたか思い出せない(大した本数じゃないのに)自分あるある

・吉原彼岸花(18禁)
・- 百花百狼 ~戦国忍法帖~
・7'scarlet
・灰鷹のサイケデリカ
・悠久のティアブレイド -Lost Chronicle


今年は5本で去年ですら少なかったのに、さらに減っててもう笑うしかないのだけども逆に5本もプレー出来てたんだ!感もある(ポジティブ)プレーして良かったなと作品が多かったので満足しているのだけど、そもそもハマらなかったらコンプまで至らないしな・・・個人的にこの中で選ぶとしたら、やっぱり「灰鷹のサイケデリカ」が一番かな。あとは吉原彼岸花も良かったです。

今年もほぼオトメイトでバリエーション的に面白みがなくて申し訳ないのだけど(本数も少なくてベスト作品すら出来ない 笑)、今年コンプした作品を振り返りたいと思います。
という事で、以下よりネタバレ注意。

■吉原彼岸花(MariaCrown)感想

吉原彼岸花
吉原彼岸花
posted with amazlet at 16.12.24
MariaCrown (2015-09-25)

ありそうでなかった吉原というか遊郭もの。ライターさんの葉月エリカさんが好きな作家さんなので、すごい気になりつつもちょっと様子見しつつ結局購入した作品。遊郭物なのだけど悲壮感とかはそんなになく、ヒロインの千早(本名は凛)もお職として誇りを持って仕事をしているという感じなのがとても好印象でした。割とコンパクトなボリュームだったけど、どのルートもそれぞぞれ個性があったのも良かったです。個人的には、メインキャラがガチで悪いやつだったり某なんちゃら様はずっと千早を監視してて全部彼女の行動が筒抜けだったのは普通にヒッ・・・となった恐い。あと年下枠の朔夜のどんどんお職で恋してはいけないはずの千早花魁にどうしても惹かれていく姿はもう萌えしかなかった。

■百花百狼 ~戦国忍法帖~(D3PUBLISHER)感想

百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita
D3PUBLISHER (2016-02-25)
売り上げランキング: 1,889

D3という事で若干不安だったけど、十三支演義(他社だけど)チームの新作だったので購入してみた。ヒロインである槐が主君である豊臣秀吉を暗殺した容疑で仲間からも命を狙われて自分が生き残る為には、里の仲間を討たなければならないという感じで結構プレーしていて普通に悲しかったのだけど周回してれば飽きるので割と印象に残らなかったかなぁと。どのルートも月下丸と黒雪兄弟は槐の味方に付いてくれるのだけど、そこまで何でヒロインに執着してるのかがわからなかったというかたぶん自分好みの展開じゃなんだなーと思った(笑)忍びゆえに権力者に利用されるのは仕方がないとはいえ、結構プレーしててやるせなく感じました。あと槐の父親は許さない・・・!

■7'scarlet(オトメイト)感想

7'scarlet
7'scarlet
posted with amazlet at 16.12.24
アイディアファクトリー (2016-07-21)
売り上げランキング: 4,200

まったくノーマークだったけど、割と発売後話題になってたので購入してみた作品。作中でめっちゃセミが鳴ってて夏にプレーするのがぴったりだったけど、地元ではセミ鳴いてるの聞いたことないや・・・ミステリーやサスペンスを期待すると物足りないのかもだけど(自分は全然犯人わからなかった!やったぜ!)徐々に物語のピースがそろっていくので真相が気になって結構夢中になってプレー出来たし、結構演出が凝ってるのも良かったです。個人的には気に入ってる作品なのだけど、もうちょっと恋愛部分を掘り下げてほしかったな。真相ルートでは、もう結末は変えれないけどとあるキャラの願いをみんなで叶えようとする姿にグッとさせれました。


■灰鷹のサイケデリカ(オトメイト)感想

灰鷹のサイケデリカ - PS Vita
アイディアファクトリー (2016-09-29)
売り上げランキング: 2,473

サイケデリカシリーズの新作という事でとても楽しみにしてた作品。ほぼ共通ルートで白目剥いたけど、もう決められた結末に向かうしかないという事だろうか。前作の黒蝶のリンクを期待するとちょっと肩すかしかもしれないけど、作品的には十二分に楽しめました。今作は真相的に救いがない感じだったけど、最後のさいごまで足掻くジェドの姿が良かった。同時攻略感がハンパなかったけど、今回は割と糖度は高かったと思うしルーガスとの恋は悲恋だったけど丁寧でとても良かった。あと思いの他親世代の話が掘り下げれてたのも面白かったです。
今回エピローグで結構みんな救われた感があったけど、続編は出るのかな?

■悠久のティアブレイド -Lost Chronicle(オトメイト)感想

悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- - PS Vita
アイディアファクトリー (2016-09-08)
売り上げランキング: 1,593

(^o^)←顔文字が割とクレイドルに見えてくる。
乙女ゲーではあんまりW原画というのは見ないのでとても新鮮だったけど、普通に違和感なさ過ぎてどちらがどのキャラを担当してるのかはわからなかった。世界観が割と壮大なので、やじ馬的なノリで購入したのだけどちゃんと綺麗にまとまってて面白かったです。ただ壮大な割にはサクサク進むので、もっと過去の話とかを掘り下げてくれればもっと面白かったのではと思った。あとロボが出てくるんだけどバトルシーンとかは割とあっさりしていたのも良かったです。
一様、Wヒロイン風?ではあったんだけどあくまで今のイヴの物語という感じだったのかなー


最近は新作情報は追えてなくて来年何出るのという感じなんですが、これでもコンシューマー乙女ゲームは全力で応援してますから・・・・!頑張って!ひとまず来年はうたプリ、BWS、遥か3(これは未プレーだけど)と移植ばっかなので何か過去作でプレーしてない作品でも買ってやってみようかな、なんて(積みゲーは置いといて 笑)
あとは毎年同じ事ばかり言ってるけど、同時に2つとかは攻略出来ないのだから1つの作品をコンプしてから次に行くようにしたいです。あとは感想は短くても個別ぐらいちゃんと書こう。

という事で、かなり雑になってしまったけど今年はこんな感じで!
読んで下さったかたありがとうございます。お疲れ様でした~
スポンサーサイト

Posted on 18:20 [edit]

category: ゆく年くる年

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/535-82772deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター