ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ただいま神サマ募集中っ!/香月せりか  

電子書籍ストアで見つけて思わずポチっとしてしまいました、懐かしい・・・・!当時たまたま表紙が目に入ってのを買って、読んだらいいお話だったなーと今でも自分に引っ掛かってる作品です。そしてそれかが香月さんとの出会いでもあります(今は葉月さん名義の方が多いけども)
この作品2009年ですって、学生でしたよね当時は(白目)
電子に弱い(と自分は思っている)コバルトさんも少しずつ昔の作品も電子化してるようなのでその調子で頑張って!


神様を見ることができる女子高生・七緒の家は、それなりに歴史のある水浪神社。しかし祭神のミズローが働かないせいで、参拝客も激減。うっかり増えた借金のために、立ち退きを迫られていた。そこへ突然現れたのは、ミズローとそっくりなのになぜか美形に見えるもう一人の神様。彼は「何でも望みを叶えてやる」と、たちどころに借金問題を解決、その上で、七緒と結婚したいと言いだして…。



一様ラブコメものらしいですが、個人的には家族愛な感じで恋愛色は弱いのかな?と
現代物だし

祭神が働いてくれないので神社が流行らない、うっかり増えた借金のせいで立ち退きを迫られたり毎日モヤシご飯という結構ギリギリヒロインな七緒ちゃん(お父さんコンビニのアルバイト行ってるし)とそしてあまりにも働かないので物語の早いうちにクビにされるニート神のミズローの掛け合いがコミカルでとても楽しかったです。デート行こうぜ!といってデパートの屋上のパンダの乗り物に乗せに行ってくてたり(お金がないので自販機の下から100円拾ってくる)ドヤ顔でチョコボールの銀のエンジェル的なのをプレゼントしてくるので高校生な七緒ははぁ?という感じになってたけど、きっとミズローにしたらいつまでも可愛い子供みたいなものかもしれない。

ミズローの本体(?)のクローが出てきてスパーンと500万円返済してくれて(ただしあまね様のへそくりだった)彼に口説かれたり高天原に攫われたり、あまねさまが大活躍してたりと盛りだくさんだったのだけどページ数がそんなにないのでサクサク進んでしまうのが少し物足りなかったかな。
実はミズローの力がないのはちゃんと理由があるのだけど、彼の行動理由は全部七緒を守るためというのにぐっとさせられました。
あのデートプランも小さいころの七緒が好きだったから(当時はお賽銭の100円)銀のエンジェルもおもちゃを七緒が欲しがったからなんだよね、、

ラストはミズローも力を取り戻し神社も盛り返してきて(ただしあまねさまに返済中)めでたし、めでたしなのだけどもう少しこのシリーズを読んでいたかったなぁと(この1冊で終わってしまったので)この後、七緒とミズローで花束を持ってお母さんのお墓参りに行ったのかな・・・?
スポンサーサイト

Posted on 21:07 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/530-911b4435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。