ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3/さき  




国一番の才色兼備の大貴族の令嬢として知られる、実は変わり者のメアリ・アルバート。従者のアディと無事ゴールインし、物語はめでたしめでたし、で…終わらないんです!ついにメアリ・アルバート、念願の渡り鳥丼屋開業!!でもそれには何やら横やりが入ってきていて―?他にも元・野心家令嬢や泣き虫令嬢たちの賑やかなその後を描いた、大人気WEB小説、胸キュンも詰まった番外編短編集!


みんなメアリ様が大好き過ぎな件
ツンデレだけど、面倒見が良いもんねお嬢。
あと友人であるアリシアとパトリックの結婚式で泣くのを我慢しちゃうところとか素直じゃなくて可愛い!

結婚をしてもお嬢様と従者の関係はそのままであるんだけど、恋愛面ではアディがリードしてるようでメアリも仕掛けるので(そしてたまに節度が発動)その2人の甘いやり取りにニヤニヤしてしまいました。アディの部屋にお泊りが、アルバート家では七十七番と呼ばれてて笑ってしまったw個人的に大学時代に、無意識に隣をみあげちゃう(いつもアディが横に立っていたから)メアリが可愛いなって思った。あとメアリとアディの出会いのエピソードもお気に入りです!「はじめまして、お嬢様!」なちみっこアディとか可愛さしかない。

今回の短篇集では、エレンシア大学(ドリドリの登場人物たち)でのご学友たちのその後も読めたのが嬉しかったです。
一番綺麗にまとまったのはパルフェットとガイナスカップルなんだろうけど、野心家なマーガレットもとある三男坊を射止めたり、カリーナはまぁうん・・・・それぞれ楽しそうでなにより。

そして友人たちがメアリがアルバート家を継ぐと思って色々動いてたんだけど、実は念願の「渡り鳥丼屋」オープンが決まっただけだという見事なすれ違いっぷりに笑ってしまったw

という感じな本編後の賑やかな短篇集でとても満足。面白かった!
スポンサーサイト

Posted on 16:57 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/527-45893a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。