ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

蜘蛛の見る夢/丸木文華   

TL読んだの久しぶりな気がする・・・・

蜘蛛の見る夢 (ソーニャ文庫)
丸木文華
イースト・プレス (2016-10-05)
売り上げランキング: 376

目覚めると見知らぬ洋館にいた尚子。そこへ、女物の着物を着た美しい青年・皓紀が現れる。彼は巨大企業の御曹司で、尚子の主人であるらしい。さらに、尚子はバルコニーからの転落事故により、1年間昏睡状態だったのだという。記憶と違う現実に混乱しつつも皓紀に仕える尚子。彼の尋常でない仕打ちと館の異様な空気に、尚子の精神は蝕まれ搦め捕られてゆく。彼の狂った愛に身体をも征服される日々の中、尚子はやがて1年前の真実を思い出し―。


久しぶりにソーニャ文庫の新刊に丸木さんが来たのでもちろん購入しました!
やっぱり丸木さんの文章って好きだなー、読んでて思わず世界観に引き込まれてしまう。語彙力が少なくて上手く説明が出来ないけれど、エロありでもとても品があると思うんだよなー

時代錯誤な家が舞台なので、あまり現代物という感じはしなかったかな。そもそもヒーローの皓紀の普段着は女物の着物だったりするので、ヒロインと一緒に戸惑うしかない。宝来家の奥様の暁子さまは壊れててヒステリー、弟は薬中だったり(途中退場)と結構異様な家で結構読んでて恐かった。奥様なんてラスト付近、刀振り回して殺そうとしてくるから・・・・ラストにヒーロー目線の過去話が載ってたのですが、お母さま生け花にされててそりゃ壊れるなと。あとヒーローヒロインの幼少期色々危ない

ヒロインの持っている記憶と周りの言う記憶が一致しない!もう何が真実が分からない!状態で結構ミステリーな部分があり、真相が気になって一気に読んでしまいました。もしかして自分の地雷(実は夢で体験してた記憶が、ただ似てるだけのまったくの別人で身代わりとして連れてこられた)なオチかと疑いながら読んでたのですがそんなことなくて良かったw
ヒーローもヒロインに辛くあたるので酷いし、ヒロインに対する執着が凄まじいのだけどその行動はヒロインを独占したい!という気持ち故なのでとても純粋なのだろうな・・・・ヒーローはヒロインを自分に縛りつけたと思ってるけど、実は捕まったのはあなたの方なのよ・・・的なオチにゾクっとしました。すべて思い出しても自分たちのために忘れたふりをし続けるという感じで、丸木ヒロインは結構したたかなのが良いですよね!邪魔者もいなくなった、ヒーローはヒロインを手に入れて満ち足りてるので(きっとヒロインの髪の毛にくるまって寝てるんだろうな)その内家、ヒロインに乗っ取られてるんだろうな(そもそも本当の宝来家の生き残りだから取り戻した事になるのか

本編を読んで、表紙とプロローグを読み返してみるとすごくしっくりした
今回も良い感じにドロッとしてて面白かったです!
スポンサーサイト

Posted on 21:38 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/522-fb427737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター