ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

幽霊伯爵の花嫁 -恋する娘と真夏の夜の悪夢- /宮野 美嘉   

(先週ブログのプラングインが思いっきりずれていてしかも原因がまったくわからず積んでいたのですが、どうやらFC2の不具合だった様子・・・その内しれっと改善してて安心した)

幽霊伯爵の花嫁 -恋する娘と真夏の夜の悪夢- (ルルル文庫)
宮野 美嘉
小学館 (2016-08-26)
売り上げランキング: 13,112

優秀な墓守であるジェイクの十七人目の妻として、騒がしい幽霊たちに囲まれたコルドン家で暮らすサアラ。ある朝、ジェイクのもとに匿名の手紙が届いた。それは同業のランカスタン伯爵家が悪霊を屋敷に閉じ込めているという告発文だった。夫婦はランカスタン領に向かうが、旅の途中、サアラは謎の感情に襲われて思わずジェイクの抱擁を拒絶!もしかして…これが夫婦の倦怠期?予測不能な事態に最強花嫁サアラがとった行動は!?


久しぶりにまたコルドン伯爵家のメンバーに会えて嬉しい!
サアラは相変わらずぶれないし(たとえ話のどちらか片方しか救えない前提で話をするとか頭が悪い的な)愛する子供たちの為なら、色仕掛けも辞さないという思い切りのいいところがもう好き。ジェイクも言葉足らずで子供たちにも色々誤解されまくりなのは相変わらずなのだけど、ジェイクなりに子供たちを愛していてなんかじんわりした。最強アシェリーゼ様は相変わらず面倒なお方だったけど、孫のリオンにはメロメロで和んだwコルドン家の子供たちであるエリオスは妹にデレデレで昔の反抗期は何処へ~という感じだったけど、彼なりに墓守として思う事があった様子・・・リオンちゃんはさすがサアラの娘というかあざと可愛かったです。

今回のランカスタン伯爵のドイルとルーナ夫妻の結末はもっとお互い歩み寄って話し合っていればまた違う結末だったのかなーと読んでて悲しくなりました(まさかドイルの方も死んでいるとは思わなかったけど)あと真実をひた隠しにしようとした伯爵と領民たちの行動も優しさや慈悲も行き過ぎればただの歪みになってしまうよね~という感じでした。そしてコルドン伯爵家の墓地はまた賑やかになりそうですね。

今回倦怠期もあった(?)コルドン伯爵夫妻でしたが、相変わらずのおしどり夫婦っぷりでなによりでした。
ジェイクの、エリオスがリオンから目を離さないのは安全を確認するためで、ジェイクがサアラから目を離さないのは何をしでかすかがわからないし、傍に置いておきたいのは妻を止めるためだというのに笑ってしまったwさすがサアラさんw
スポンサーサイト

Posted on 21:12 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/517-e0b0015a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター