ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。/友麻碧   



かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。 (富士見L文庫)
友麻碧
KADOKAWA/富士見書房 (2016-06-11)
売り上げランキング: 5,525


あやかしの棲まう“隠世”の老舗宿「天神屋」で食事処を切り盛りする女子大生の葵。突然やって来て銀次を連れて行こうとするライバル宿「折尾屋」の旦那頭・乱丸に楯突いた結果、彼女は南の地に攫われてしまう。こそっとついてきたチビの力を借り、地下牢から脱走しようとする葵だったが、その前に乱丸はじめ「折尾屋」のあやかしたちが立ちはだかり―。銀次と一緒に「天神屋」に帰るため、四面楚歌の状況を打破すべく葵が考えた秘策とは…ゴーヤチャンプルー!?


ライバルお宿に攫われて周りは敵だらけで絶体絶命・・・!かと思いきや、いびられつつも何だかんだ自分の居場所を作って南の地を満喫してるんだからすごく逞しい主人公だなっ!となった。最初に閉じ込められた座敷牢(快適)を最終的に寝床にしてたのには笑ったw
折尾屋が舞台だから大旦那出てこないのかなーと寂しく思ってたら、ちゃんと嫁を陰ながらサポートしつつ辛い時は葵を傍で元気付けてくれたりとただのイケメンだった・・・むしろ2人の仲が近づいててニヤニヤ

今回、天狗の親子である松葉様と葉鳥さんはお互い意地を張り合ってたという感じだったのだけど葵の料理のお陰で和解出来て良かった!がめ煮とても美味しそう・・・
葉鳥さんのお母さんの家族を大事にしていた気持ちにじんわりさせられたけど、子供のころ母親に大事にされてなくてトラウマになってしまっている葵がとても痛々しかったです。

折尾屋というか南の地の事情に首を突っ込んでしまっていて、儀式に必要な料理を作る事になったのだけど葵ならきっと海坊主の胃袋をガッチリ掴んでくれるはず・・・・!むしろ全部綺麗に一件落着にしてくれるんじゃないか的な安心感
スポンサーサイト

Posted on 20:49 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/510-05e7bdab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。