ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語/丸木 文華   


カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語 (集英社オレンジ文庫)
丸木 文華
集英社 (2016-06-23)
売り上げランキング: 5,543

時は大正。坂之上伯爵家の令嬢・香澄は、退屈な日常にうんざりしていた。そこへ現れたのは、代々祀ってきた悪路王。香澄は彼に朧という名を与えることで、主従関係を結んでしまった。少年の姿をした朧は、世の中にはびこる鬼を喰らって力を得るという。腹をすかせた朧のために、香澄は街へ出かけてみたのだが…?煌びやかな華族世界を舞台に描く、あやかし事件簿!


コバルト本誌のホラー特集に文華さんの短編(ちなみに挿絵はCielさんだった)が載ってたので、その話を含めた短編集でも出るのかな?と思ってたのですが、完全書き下ろしだった!ちなみに短編の「珠代」も大正時代が舞台で結構ドロっとした感じなのでおススメ・・・(割と百合っぽい)

何となくだけど、読んでて「一番恐いのは人間」という言葉を思い出した。
いつもよりドロドロ感が少ないので、そこを期待するとちょっと物足りないかもしれない(オレンジ文庫だしね!)ただヒトの負の部分、恨み・愛欲・嫉妬などにスポットが当たっているので作品自体は暗い雰囲気。。大正って近代化が進んで華やかな時代だけど、同じぐらい闇が深そう・・・・

主人公の香澄は人間の醜い部分をどこか冷めた目で見つめているという感じだったのですが、彼女自身もどこか歪んでいてどこか得体のしれないところが個人的に魅力的。あと香澄の父親である坂之上伯爵が女にだらしなくて一言でいえば最悪なのだけど、香澄(他に兄、姉がいる)の産みの親しか愛せないというのは嫌いではない。ただ妾に子が出来ても、金銭面の援助とかするけどあとは無関心(庶子として認知すらしない)というのもどうかと思うけどね・・・・
あと作中に引用されている虫めづる姫君の一節「鬼と女は、本当の姿をみせないからこそ価値がある」が内容にぴったり過ぎると思った、女は恐い生き物なのですよ、、、

鬼の朧は、契約者の香澄にビシビシされながら尻に敷かれてしまっていて最凶な悪路王(笑)という感じなのだけど、実はそんな風に無邪気な従順な鬼を演じてるだけなんだとあってですね・・・・朧も鈴鹿御前の生まれ変わりの香澄に執着してるっぽいので、これはシリーズ化しなければならないやつですね。
スポンサーサイト

Posted on 19:50 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/503-0df2a231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。