ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

金星特急6/嬉野 君  

金星特急 (6) (ウィングス文庫)金星特急 (6) (ウィングス文庫)
(2012/06/08)
嬉野 君

商品詳細を見る


グラナダに辿り着いた錆丸一行は、無事砂鉄たちと合流を果たす。あとは金星特急の到着を待つばかり。根城にしたアルハンブラ宮殿で、錆丸たちはイェニツェリの追撃を避けつつ列車に乗り込む作戦を練る。一方その頃、兄の砂鉄に恋する彗星含む“許されない恋をしている少女たち”が、金星の庭に集められていた。時空を超えたその場所で、錆丸の蜥蜴ウェルの目を通して旅の一部始終を見せられていたのだ―。いよいよクライマックスへカウントダウン、人気シリーズ第6弾。


伊織にーちゃん表紙にも登場で胸熱・・・・・!
いよいよクライマックス直前!
金星特急は読んでいると、錆丸たちと一緒に世界中を旅している気分になれます。
6巻分まで本誌を読んでいたので再読になるんですが、やっぱり面白い!そういえば、今回ちょっと本誌とは違う部分もありましたよね?

自分的にやっぱり読んでて、錆丸は成長したなーと。これは色々な経験と出会い、夏草先生のお陰かな?
あとはユースタスと砂鉄の焦れったさにニヤニヤしましたねwおまえら早くくっ付いちゃえYO!というかまだくっ付か無いんデスカ(彗星の反応とかが恐いけど)

今回、金星サイドの方にもスッポットが当たりはじめ、金星の人となりや目的とかも明かされてきた感じかな・・・?と言っても、金星もただの恋する(かなり不思議な力を持っている)女の子だったのでまだ色々謎ですけど。ふむ。
純国普は異常なまで言語統一化を進めるのか、金星と純国普の関係やそもそも金星特急の存在が色々と謎ですよねぇ。これあと1冊で本当に終るの?とか一瞬思ったり。


あと書き下ろしの殿下の初恋が甘酸っぱかったー!殿下にもこんな時代があったのか・・・・
ユースタスは金星に会って不思議な力を貰った時の話で少し不思議なお話でした。

役者も出揃い、物語もクライマックス直前。錆丸たちの旅がどのような結末を迎えるのか楽しみです。
スポンサーサイト

Posted on 15:35 [edit]

category: ウィングス・ノヴェル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/5-43c0d70c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター