ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

シンデレラ伯爵家の靴箱館 乙女は新たな靴を履く/仲村 つばき   


シンデレラ伯爵家の靴箱館 乙女は新たな靴を履く (ビーズログ文庫)
仲村 つばき
KADOKAWA/エンターブレイン (2016-04-15)
売り上げランキング: 14,973

アランとの結婚を決意するも、彼の父に認めてもらえないエデル。そんなある日、アランの母の提案で、エデルがディセント家に本当にふさわしいか試されることに!一方アランも、父からある人物の日記を手渡され…!?靴職人と伯爵令息、そして魔術師の子とシンデレラの末裔でもあるふたりは、身分も宿命も乗り越えて、結婚することができるのか?


アラン様のおかしな(?)言動(本人は真面目だし本気)を楽しむシリーズ、ついに最終巻です。

前巻で魔術師関係のゴタゴタが解決しているので、今回はま1冊エピローグみたいな感じでしたね。
アランの両親に自分たちの結婚を認めてもらう事がメインではあったけど、アランとエデル、自分たちがこれからどう在りたいかを模索し彼らなりの答えを出して・・・・という感じだったと思います。アランが出した答え、魔術師をまるごとのみこんでディセント家を変えてやるの言葉はとても彼らしいなぁと。
今回は離れて行動してたんですが、お互いを信頼して自分がやらなければならない事を成し遂げようとするアランとエデルの姿が良かったです。この二人はこれからもお互い足りないところを補いつつ、色々な困難を乗り越えていくんだなぁーとそう思えるカップルでした。

今回はお互い別行動が多かったのでアラン様の迷言が少なめだったのですが、「喚毛期を迎えろ、エデル!」には思わず笑ってしまったw個人的にお気に入りは「里帰りするお前も、残業ばかりのお前も・・・・かわいいぞ」ですね。
最終巻だからか、例の恋愛指南書の作者が登場してエデルを正しく口説いてたけど、まったく心に響いてなくて笑ってしまいました(笑)きっと大好きなアラン様に言われるから嬉しいんだよね!

欲を言えば完結後の短編集とかも読みたかったけど、シリーズ完結はめでたいですね!
靴職人の少女が自分の力で色々な人たちの運命も変え、そしてラストは自分も幸せをつかんだというシンデレラストーリーでとても面白いシリーズでした。作者さんの新作も楽しみにしてます。
スポンサーサイト

Posted on 20:42 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/492-508865e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター