ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

恋と悪魔と黙示録 身代わり王子とラプンツェルの花の塔 /糸森 環   

面白すぎて、カップヌードルのCM(あの犬神家をパロってるやつ)の池でヤカン持ってるやつみたいな状態になった(伝わっただろうか 笑)



「ぼくの運命は、あなたなんですから」神魔アガルと契約し“名もなき悪魔”の生態を解明する朔使となったレジナ。魔王マグラシスから彼女を救うために払われた代償は、ヴィネト卿の“命”だった。朔使総帥に保護されたレジナだったが、そこで待っていたのは、意外な人物との再会で―!?人と悪魔、その狭間で揺れるレジナは、恋人となったアガルへの想いを秘めたままある決心をして…


とにかく卿がいなくなってしまったのがつらい・・・・
その現実を受け止めきれないバレクがひたすらヴィネトを探してきゅいきゅい鳴き続けているというのが本当に可哀想で読んでいられなかった。レジナたちも卿が死んでしまった事を受け入れきれてなくて、彼女たちにとってすごく大きな存在だったんだな。
ヴィネトを殺してしまったのはバレクだけど、そのバレクを殺したのもヴィネトで・・・(幻魔の王としてだけど)狂ってしまうよりも、新たな主を迎えるよりも愛した主に殺してもらった方がバレクは幸せだったのかもしれない。残した言葉が「愛しのヴィネト様。大好き」そして「ビスケットも好き」とはにかんで逝ってしまったのがもう言葉にならない・・・・ビスケットも好き(それを作ってくれた、レジナも好き)という事だよね?
今回バレクのエピソードもあったし、神魔と契約主に結構スポットが当たっていたのだけど、神魔にとってどれだけ契約主が唯一無二で絶対な存在なのかを再確認させられました。自分の契約主が一番。

獣の千年王国が始まりそうな中で、相変わらず人間側はゴタゴタしていて完全に積んでいる状態なのだけど、絶望しかない中でも、仲間に「王女」という身分を利用されても人間側であろうとするレジナの姿が良いです。感情はころころ変わるし、人も平気で裏切るんだけど、相手を助けようとする、そんな人間の矛盾してる部分をすごくレジナは愛しているんだなと思いました。
やはり狡猾な兄ラウルには叶わなくて、彼の手のうちに落とされてしまうのだけどカラシャなど上手く利用して状況を好転させとうとするレジナだったのだけど、ラストまさかのリウ様が・・・・という感じでこれどうなるの続き・・・(まさか次巻は千年後?

もうね、、、糸森節というか鬼畜展開が多かったのですが、その中でもアガルの純情っぷりは通常運転でいきなり怪しい恋愛物語をはじめはじめて一人で悶えている姿に何か安心した。ずっとそのままでいて欲しい(笑)
スポンサーサイト

Posted on 20:07 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/481-ced5c22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター