ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

かくりよの宿飯 三 あやかしお宿に好敵手きました。 /友麻碧  



あやかしの棲まう“隠世”の老舗宿・天神屋の離れに、ついに食事処「夕がお」を開店させた葵。トラブルはあったものの、食事が縁で打ち解けたあやかしたちの力を借り、ようやくお店も軌道に乗り始めた。そんなある日、仕事で大旦那様不在の天神屋に“招かざる客”がやってきた!天神屋のライバル宿・折尾屋の番頭だという天狗の葉鳥は、なんと元は天神屋の番頭で、しかも暁の師匠にあたるそうで…。さらには、かつてその折尾屋に在籍していたという銀次の様子もおかしくなってしまい!?


オビを取ってみたら、ノブナガがどーん

今回は大旦那さまが不在(現世に出張)だったせいか、すごいバタバタしてましたね。そんな時に限って、商売敵である折尾屋の幹部たちがやってくるし、昔ながらの常連客である一つ目のご一家ところの子供が悪童すぎるしでもうてんてこまい
そんなバタバタしている天神屋の面々をご飯で元気づけてるのをみてると、もうすっかり天神屋の一員だなーと!(気付いたらリアル鬼の嫁になってそうw)あと葵の料理も相変わらず美味しそうで、読んでたらとてもお腹がすく・・・・すごい手作りパンが美味しそうだった・・・

で、今回大旦那さまが不在で(´・_・`)だったんですが文通式でのやり取りがとてもニヤニヤニヤ。文通式ちょっとアナログなLINEという感じでとても良いです(既読ってつかないしw)せっかくだからと大旦那に使いっぱしりをさえる葵と、めっちゃ張り切る大旦那に笑ったwお使いをしてきてドヤ顔気味な大旦那さま、最初ココアパウダーとチョコを間違ったそうでw

湯守の静奈ちゃんとお師匠さまの時彦さんのエピソードにほっこりしつつ、影から天神屋を支えてる葵が良いな~と思えた3巻でした。が、ラスト、まさかの銀次さんが折尾屋に戻ってしまう事になりすごいショックだ・・・・もちろん葵も必死に引き留めようとして(銀次さん大好きだからね)、うっかり(?)折尾屋に拉致られてしまったのでまた大変そうだ・・・・となったけど、きっと彼女ならピンチをチャンスに変えそうなのでそんな心配はしてない(笑)
スポンサーサイト

Posted on 13:17 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/476-0a4def75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター