ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 /石田 リンネ  



砂漠の女神が告げた『沼地の魔物』とは―。意味が分からぬまま都に戻ろうとしたレティーツィアを、ウルク帝国第一皇子カリムの兵が阻止してきた!何かが起きたと察したレティは彼を問い詰め―兄が死亡率の高い流行病に侵されたことを知る。怒りが湧くものの、国を憂うカリムの言葉で協力を決めたレティだが、そこへあの軍師ゼノンが近付いてきて…!?


シリーズ13巻目。このシリーズ、ヒロインはややチートなんだけど完璧じゃない、自分の持っている力で物事を解決しようとするところが気に入っています。ファンタジー過ぎないというか。

まさかの流行り病に長兄、自分の騎士たちが感染。自分は騎士王の剣を持っていて罹患することはないが、治療薬も何も解決策が見つかっておらず最悪な状況に。そんな状況でいっぱいいっぱいなレティを落ち着かせて王女らしくさせるのはやっぱりデュークで、その2人の特別な信頼関係がとても良いなと思いました。レティもさすがにデュークへの気持ちを認めたけど、初めから諦めてるのがちょっと切ないな・・・・

ゼノンと途中まで手を組む事になったけど、諦めずに流行り病の特効薬見つけ出したのだしたレティたちに拍手。結構、流行り病の原因とか有効な薬は本文中にチラチラ登場してておっ!(やたら虫飛んでるなーと思ったら)となりました。
あとカリム皇子の国を愛する姿がとても良かったなぁ。彼は将来、国父と呼ばれる存在になるそうで全然カメムシじゃないよ!今回のレティとカリムの出会いは後世に「カリム皇子の初恋」として伝わっているそうでとてもロマンチック!

今回のお騒がせ長兄フリートヘルム殿下は調停ではイモの皮むきで大活躍(?)でしたが、ラストにまさかのゼノンを軽い気持ちで引き入れるとは・・・何という事だ・・・きっとフリートヘルムの性格を理解した上で誘いをかけてきたはずだし、自国に帰った時ゴタゴタしそうで不安しかないんですが・・・

本編はまじ不穏なんですけどーという感じなんですが、続きは番外編っぽいですね。王女殿下より足が早くなりたい・・・と発言したメルディになんか癒されましたw
スポンサーサイト

Posted on 20:25 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/470-21857991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター