ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

華アワセ 總-アヲイロノキヌ-  

蛟編が久しぶり過ぎて、内容全然覚えてなかった(みことの望月を蛟に半分あげてたとか。そりゃいろは嫉妬で狂うわw)

タイトルの「總-アヲイロノキヌ-」の由来(?)がちゃんと本編に出てきたのが良かった。


『蛟編』で結ばれた蛟とみことの「ひとつ先」の物語―二人が愛を深めていく過程を、それぞれの視点で描いていく月花書き下ろしのストーリー集。各キャラルートエンド後のエピソードや、これまで手がけた全てのSSも再編して収録。


いろは編までなんか繋げる物ないの・・・と調べてみたら、ストーリー集というか後日談が出てたのね!今までノーチェックだったけれど、ポチってみました。ちょっと厚いムックな感じなのかな?と思ったら、ちゃんと書籍(文庫よりちょっと大きいぐらい)だったのね^^
蛟編で結ばれた2人の物語がメインで、みことと蛟視点でそれぞれ語られていきます。気持ちが通じ合ってからの方がむしろ大変で、二人とも自分の立場故に悩んで暴走しつつも、二人で障害を乗り越えて未来へ向かっていくという感じでした。最初は帝に蛟との関係を理解してもらうんだと、自分たちの事しか考えてたかったり、駆け落ち上等的な感じだったのがエピローグでは今だけではなくその先ことを考えられるようになってたのが良かったなーと。
本編中、色々お預け状態だったからか蛟さんが限界突破しかかってて笑ったw
あとはいろは。蛟編では一番感情的というか、みことが欲しいと手に入らないとわかっていても求めてしまう感が強くていろは編まだですか。
結構読んでて気になったのは、蛟編ではまだ出てきてないワードとかがちょっとだけどあった気がします。宮廷とか入内、帝とかのワードは出てくるけど帝本人はさすがに出てこないか(紅うつつ編でもわからなかったし)あと泉さん(この時点ではまだ母親かもね?って感じだけど)と蛟とのやり取りにじんわりしました。

他にも前日譚(白シーツを被るいろはw)蛟と結ばれない結末を選んだあとの後日談やビズログ掲載SSの再録など個人的にはとても満足。

タイミング良く姫編のストーリー集も11月末に発売されるみたいなのでポチろうと思います。
スポンサーサイト

Posted on 14:22 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/444-fa1613a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。